フローズン

20190214snow-3.jpg

20190214snow-2.jpg

20190214snow-1.jpg
ままっ、仙台の寒さなんてこんな程度ですよ。

ところで、この間、交差点の真ん中で車が故障のときに世話になった友人が、インフルエンザA型だった。
ほぼ、一日一緒に行動してたけど、今のところ異常なし。
知ってて黙ってたらしいが、大変世話になったから、文句は言えねぇ。(#^ω^)ビキビキ
flu,flu,flu この怒りどうしてくれようか?
スポンサーサイト

思ったよりも忙しかった

昨日はバレンタインデー。
思いを寄せてくれる女性が引きも切らず、大変忙しい一日となりました。
いやぁ、大変だった。
もうね、その長蛇の列で仙台市の外気温を2度上げたとか上げなかったとか。
チョコレートはタンカーでガーナに送り返してやりましたよ。

さて、そんな世迷言はさておき、昨日は昨年末に行ったけれど通常営業じゃなかった「こもれ美」さんに塩ラーメンを食べに行きました。
そのほか、必要なものを買い物したり、ガソリンも半分を切ったので入れようとしたりと、細々したことが多かったので、早く用事を済ませられれば、お詫びにもかかわらず、待望のブログ訪問をしようと目論んでいたんですが、忙しかった、計画より。
当初の計画は予定通りに済んだのです。

だけど、帰り道にガソリンを入れようとしたら、行きつけのエネオスカードが読み取り不良で、カード使用での給油がその日は無理ということに。
その上、カードの問題なのでスダンドでは解決できないので、電話で問い合わせをしなくてはいけない。
まだ、メーター半分ぐらいはガソリンが入っているので節約すれば、カードが間に合うかもしれない。
ということで、この日は給油を断念。

そして、借りたいDVDがあったので、TSUTAYAへ。
まあ、これはあるあるだけど借りたいDVDは貸し出し中だった。
あと、亡くなったからなのか『家政婦は見たシリーズ』がいろいろと借りられていた。
ここは第二候補を借りて帰ることにした。
すると、駐車場を出るゲート付近で車に異変。

すでにパーキングチケットを入れてゲートも開いている状態。
以前も書いたことがあると思いますが、私の車のミッションはマニュアルです。
その車のクラッチペダルを踏み込んだら「ガキッ」と音が。
発進しようとローに入れようとしたら、入らない。
どこにも入らない。
クラッチペダルもちょっとゆるくなっている。
でも、そのときは何度かやっていたら、また、クラッチの踏み込みも戻って事なきを得た。

とりあえず、帰る。
というか友人を送り届けなければならない。
友人宅には片側三車線、右折レーンも三車線の大き目の交差点を右折して、数百メートル進まなければならない。
右折レーンで、一度信号待ち。
いよいよ、右折しようとして、ちょっと交差点内に侵入したところで、またも「ガキッ」と音がして、同じ状態に。
さっきと違ってモタモタしている暇がなかったが、ちょっとやってみて無理と判断。
とりあえず、ハザート点滅させる。
すると助手席に座っていた友人が左側の赤信号待ちをしているパトカー発見!
手を振って警察を呼ぶ。
すぐにパトカーから一人のお巡りさんが降りてくる。
状況を説明すると、「ニュートラルに入りますか?」と的確な判断。
「今、ニュートラルの状態です」
「じゃあ、押すんで右折して、なるべくすぐの退避できそうな所に車入れてください」
と指示をもらい。
次の右折の矢印の時に実行。
助手席の友人も一緒に押す。
すると、途中から後ろの迷惑をかけてしまっている車から(助手席の)人が降りてきて、一緒に押してくれた。
交差点内は速やかに移動できるようにと心配してきてくれたんだと思う。
迷惑をかけたのに優しい人だった。
お礼を言いたかったけど、その人は交差点から出るとすぐに自分の車に戻っていったのでお礼をいえなかった。
考えれば、その車も交差点内だからさっさと戻る必要があったのだと思う。
そして、その後すぐのホテルの駐車場位置口付近が少し広くなっていたのでそこに止めさせてもらう。
まだ、原因はわかっていないけど、クラッチペダルとクラッチ盤との繋がりが絶たれて、クラッチ盤を離せなくなってしまったのだと思う。
その後、お巡りさんからの指示もあり、事情を話してホテルに置かせてもらう許可をもらい、レッカーと修理工場の手配をする。
助かったのは、携帯を持っていなかったが、友人がいたのでそのスマホを借りれたこと。
友人の家が近く、手配の間に友人に車を取りに行ってもらい、工場からの移動手段が確保できたことだった。
修理工場の対応も親身で、忙しそうだったが穏やかでやさしかった。
ロードサービスのためにかけた保険会社のオペレーターさんはもちろんのこと、かかわってくれた皆さんが優しい対応で助かった。
何より助かったのはすべてが終わって送ってもらって家についたのが6時をまわったぐらい。
カード会社にも電話しなくてはいけないし。
普通なら、8時には仕事の準備で起きなくてはいけなかったのだが、昨日は仕事が休みだったことだった。
いろいろ大変だったが、大変なことがあった割には、パトカーがいてくれたりとか、友人にスマホを借りられたりとか、いろいろタイミングなどがよくて助かった。

運が悪いともいえるけど、ここは運がよかったんじゃないかなぁ。
世の中、優しい人はたくさんいますね。

たくさんの人に迷惑をかけたけど、あおられたりすることもなく、それがなによりでした。(ノ)’∀`(ヾ)

あっ、また長くなった。

続きを読む

お詫び

えー、毎日更新できないですが、訪問いただいたブログへは毎日行くようにしています。
いろいろ楽しい話題があったり、きれいな、あるいは可愛らしいお写真を拝見したりと楽しませていただいています。

しかし、ちょっと今日は多忙みたいです。
明日、また寄せていただきますので、お詫び申し上げます。

遥か光回線

20190212nothing-1.jpg
未だADSLのウチの回線。
サービス終了もやや迫ってきたので、光回線にしてみようかと思ったり思わなかったり。(思ったんですけどね)
それに、NTTからというかその受託業者から、サービス終了が決まったことを建前に雨あられと光回線への変更を勧誘する電話がかかってくる。
タチが悪いのは、何かサービスキャンペーンが始まるたびに電話がかかってくるのだ。
とは言っても、NTTとしては一刻も早くADSLなどから移行してもらいたいから、大体いつもキャンペーンをやっている。
つまり、前月断っても、次の月にはまた電話がかかってくる。
居留守を使ったら何度でもかけてくるしつこさ。
相手の住所を聞いて、内容証明郵便でそういう電話は一切かけないように送ってやろうかと思う。(これが電話勧誘の悪質業者への基本的な対応。でも、実際は住所を聞こうとすると電話を切られる場合が多い)
必要な人がいるから仕方ないけど、必要のない私にとっては小うるさくて仕方ない。
特に夜働いているから、昼に寝る。
寝てる時間に電話でたたき起こされるというのがもっともつらい。

それに、人間というのは面白いもので、特に不精な人間(この場合は私)は、一度でも使わないことには不便を感じない。
いや、一度ぐらいじゃ、やっぱり感じない。
昨年末のソフトバンクの通信障害でも露呈したように、スマホを常に携帯し、何をするでもスマホから行動がスタートするような人たちにとっては通信障害になったら何もできないと言っても過言ではないだろう。
しかし、もともとスマホどころか携帯電話すら持ち合わせていない私のような人間にとっては、なんら通常と変わらない。(当たり前か^^)
だから、光回線にする積極的な理由がない。
もちろん、今のADSLは光回線に比べればムチャ遅いけど、それが日常。
だから、逆に遅くて当たり前。

そういうわけで、障壁となるのは電話攻勢とサービスの終了、ただそれだけ。
でも、これは言ったように迷惑だし、時期に使えなくなるのは絶対!

それで重い腰を上げました。
いや、上げかけました。
ネットで調べてみると、案の定、ドコモ光がキャンペーン中。
初期費用だったり、工事費無料だったり、ルーターのレンタル永久無料だったりとなかなかな内容。
それに、ウチのプロバイダーはNTT系だから、ドコモ光にするのがメアドを変更しないという前提の前では楽な方法。
プロバイダーを変えちゃうとどうしてもメアドは変わっちゃう。
メアドを登録したサービスすべてのメアド変更は骨が折れる。
ということで、ドコモ光のサイトの申し込みフォームへ。
一応、その前にキャンペーン期間や条件などをざっと確認しました。

住所・氏名など必要な情報を入力すると、下の方に電話をもらう日時の指定があった。
何日という指定ではなく、『土日祝日かあるいは平日かどちらでもよい』と時間は『9時から12時』のいわゆる午前中と『13時から17時』だったかの午後、『18時から20時』だったかの夜間。
午後と夜間は明らかに都合が悪いのと、曜日をなるべく限定したかったので『土日祝日の午前中』の一択!
だから、午前中の時間帯表記は正確です。
他(午後と夜間)はよく見てないからうろ覚え。

ところで電話というのは、インターネットから申し込みをしても、細かい点についていろいろ確認しなければならないし、工事日の調整などがあるからオペレーターと話しながら決める必要があるわけです。
だから、電話がくる。

そして、ネット申し込みをした夕方に、なんと電話が鳴る。
ずいぶん早いし、時間帯も違うと思いながらも、何か確認事項でもあったのかと電話に出る。
ナンバーディスプレイで「0120」のフリーダイヤルでくるからNTTなのは一目瞭然。
すると、ネット申し込みの件ではなく通常のドコモ光への勧誘だった。
そこで、ネットで申し込みした件を話すと、「あー、そうですか」と理解したらしい。
その際、一応「やっぱり、そういう情報(ネット申し込み完了済みの電話番号とか)は行き来しないですよね?」と聞くと、「そうですねぇ」と言われる。
まあ、これは仕方ない。
部署とか場所が違うだろうし、下手したら受託会社自体も別なのかもしれないから当然だ。
だから、「そういうことなので、(電話を切っても)いいですか?」と受話器を置く。

すると数十分後、再度、電話が鳴る。
寝入りばなに電話が鳴った。
前述のとおり、この日は平日で時間は17時ぐらい。
皆さんの生活サイクルの時間帯に換算すると、午前3時といったところだろうか?
案の定「0120」フリーダイヤル。
出るとやはりNTT。
「お申し込みされましたドコモ光の件でお電話させていただきましたが...」(二重敬語じゃねえか)
きっとちょっとムッとしてたと思う。
「あの、申し込みのフォームで土日祝日の午前中でお願いしてたはずなんですけど?」
「あっ、そうですか。今じゃない方がよろしいですか?」
「はい」
(だから、そういう意味で日時指定したのだけどねぇ)
「はい、わかりました。(いるんだからさっさと申し込みすればいいだろうというような不満げな声音を感じる) では、失礼します」
うるさいから、さっさと切りましょう感が満載の応対。

「『すみません』の一言もないのかい!」と思いつつも、考えをめぐらす。
ネットで申し込んで初日に電話が来るってことは、まずないはず。
だけど、さっき勧誘の電話が来た。
そして、その際にネットですでに申し込んだという旨を伝えてある。
おそらくはそのオペレーターが気を利かして、申し込んだこっちの電話番号を担当に渡したんだと思う。
今ならおそらく在宅中だから、電話しろと。
なんだったら、対応が早いと感謝されるかもしれないと考えたかどうかは知らないけど。

でも、確かに普通の生活サイクルの人だったら喜んだかもしれない。
特に眠い時間じゃないし、対応が早いのは確かだし、こっちもそういう情報の行き来はないんですかと聞いているから、それを望んでいると思っても仕方ない。
自分の状況がイレギュラーだったために、良かれと思ってしたのが迷惑だっただけの話。
怒ることではなかった。
ちょっと反省。
とはいえ、今は一分でも多く寝たいから、『じゃあ、今週末に電話が来るかな?』と考えながら床につく。

そして、次の土曜日、電話はなかった。
じゃあ、日曜日かと仕事帰りに所用を急いで済ます。
時間は9時~12時だけど、少しや早くなる場合もあるだろうからと8時半には帰宅。
すると、留守電のランプが点滅。
再生してみると、留守電の応答メッセージを聴いて、すぐ切った場合に録音されるツーという音が録音されていて、相手のメッセージはない。
これは勧誘の時もやるNTTの常套手段なのだけど、メッセージはないからNTTとは限らない。
時間を聞いたら午前8時。
もし、NTTなら1時間も前にかけられたらいないわ!
だけど、これも特殊な生活サイクルのせいとも言えなくもない。
怒ってはいけないと言い聞かせて電話を待つ。

通常なら時間をおいてかけ直して来るはず。
また、留守電がNTTでなければ、今日、かかってくる可能性が高い。
だが、電話がないまま時間が過ぎ、12時が近づいてくる。
でも、12時までであれば指定どおりだから待つ。
12時を過ぎる。
12時5分。
一応、これなら12時までにはかかってこなかったと言っていいはず。
こちらから問い合わせ番号にかけてみる。
オペレーターが出たので、今までのいきさつを話す。
一応、NTTからかわからないけれど、午前8時に電話があった件も話す。
そして、申し込んでから電話が来るまで時間が結構かかるものなのか確認をすると、「そうですね、申し込み日から2・3日でお電話するようになってますが、いつ申し込まれましたか?」と訊かれたので確認すると、5日ぐらい経過しているのでそれを説明。
もちろん、土日祝日を指定しているから5日が遅いとは言わない。
けれど、「かかってきてもいいはずですよね?」と伝えると、「そうですねぇ」と一応、困ったような声。
「この電話で申し込みってできますか?」と訊くと「大丈夫です」ということだったので、申し込む。
「お名前、フルネームでお願いします」
「でんのう こうかきょうです」
「では、次にお持ちのドコモのスマホ、携帯の番号をお願いします」
「ありません」
「えっと、ご家族のでも構いませんけども?」
「ありません」
「お持ちではないですか?」
「はい」
「そうなりますと、お申し込みを受付はできないんですけどもぅ」
「えっ、じゃあ、ドコモのスマホを持ってないとドコモ光には入れないんですか?」
「そうですねぇ。ドコモ光単体ですとお近くのドコモショップに行って申し込みされれば、可能ですけども。ただ、その場合にはキャンペーンの対象とはならないので、ドコモショップでやっているキャンペーンがあれば、そちらの特典を受けられる可能性はありますけど」
「ああ、そうなんですか。わかりました」
もう、脱力して電話を切る。
もちろん、キャンペーンの隅から隅まで確認したわけじゃないけど、大体は確認している。
もし、見逃したのだとしてもテレビショッピングの「個人の感想です」とか「返品の際の送料はお客様の負担になります」とかの表示よりも端、それより細かい字で書いてあるはず。
大前提の条件がそれってどうなのよ!?
わかるよ、スマホとネット回線を紐付けして割り引くサービスにすることによって、キャリアの回線を使うように仕向けるのが今の主流だってのはわかるけど、せめて特典のひとつにでも携帯あるいはスマホに関するものを入れておけよ!
そうすりゃ、こっちだってもうちょっとちゃんと調べるよ!
そんなこと言っても、無理なものは無理。
こりゃ、立ち直りに時間がかかるなぁと思いつつも、『あきらめて、寝よ』とふて寝。

およそ10分後、まどろんだ頃に電話が鳴る。
出ると「インターネットでドコモ光へ申し込みをされましたでしょうか?」
ため息をつきつつ、「はい」
「ありがとうございます、では申し込みの方に進んでよろしいでしょうか?」
「いいですが、ドコモのスマホも携帯も持ってないですよ」
「あー、そうなりますと」
「無理なんですよね」
「はい、そうなってしまいますねぇ」
「だから、いいです」
「ご自身でお近くのドコモショップに...」
「知ってますから、いいです」
「では、失礼します」
時計を見ると12時半。
出るのはため息ばかり。
それにしても...

「あいつら一回も言った時間にかけてこねぇな」

20190212nothing-2.jpg