羽黒山 その2 国宝

20180623-1.jpg
いよいよ、ここからは上り。
最初はなだらかな坂です。
少し歩くと、大きな杉の木が見えてきます。

20180623-2.jpg
爺杉(じじすぎ)と呼ばれる大木。
幹の周囲は10mにもなるそうです。

20180623-3.jpg
樹齢は千年を超えるとか。
婆杉(ばばすぎ)もあったそうですが、暴風雨で倒れてしまったそうです。
今はつれあいに先立たれて独り身。
ちょっとさびしそうですね。

20180623-4.jpg
そんな爺杉のすぐとなりに見える五重塔。

20180623-5.jpg
これが平将門が創建したといわれる五重塔にして国宝。
ただ、今のこの五重塔は15世紀に再建されたもの。
それでも、500年以上の歴史があるんですね。
ちょうど折りよく、中の様子を見せてもらえる貴重な時期にあたり、せっかくなので見せてもらいました。
見られるのは一番下。
それと塔の右手に足場が組んであるのがわかると思いますが、そこから3階部分まで上がり、壁がはずされた部分から頭を入れて覗き込む形で塔の内部を見られます。
しっかりと組まれた木組みが印象的でした。

20180623-6.jpg
釘一本も使われていない五重塔。
山形は日本海側で雪も多く、雪下ろしも大変なのだそうです。
その作業にあたる方々は、普段は足場がないので、塔の内部からはしごをかけ、外に出て雪下ろしをするんだそうですが、決して広い空間でもないし、相当大変だろうなという印象でした。

20180623-7.jpg
これから進む道。

20180623-8.jpg
ここからいよいよ急な階段の連続です。

20180623-9.jpg
振り返って。

20180623-10.jpg
急な階段だったので、ちょっと緩やかになるここまで、写真はもちろんのこと、一切無駄なことなく黙々と上りました。
ちょっと石段が右に曲がっていて見えなくなっていましたが、これで、少なくともちょっとは緩やかな石段が続くのだろうなと思っていました。
スポンサーサイト

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

20180622asa-1.jpg
雨上がりの朝
なんでもない普通の道で、きれいな自然もきれいな人工物があるわけでもないけど、なんとなく好きな風景

久しぶりに映画を見てきた。
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
なんとなく、予告を見た感じライトな楽しそうな映画だったので。
でも、見てみたらライトな中にもテーマがあって、楽しく見ながらも感じる部分がありました。
とはいっても、夫婦間の問題なので、お前は関係ないだろうと自分で思ったりもするんですけどね。
将来、必要になるかもしれないってことでね。

難をいうなら、自分としては謎々を出しておいてある程度、ヒントを出しながらも答えを明示しないというオチは好みではなかったかな?
たぶん、それぞれ似たような状況の心当たりはあっても、厳密には人それぞれ違うし、思うところ、価値観は違うから断定したくない。
それぞれで、自分にあった結論を当てはめてほしいということなんだろうと思います。
でも、自分としては違ったとしてもひとつの結論として明示してほしいかなと思った。
その違いが新たな視点を与えてくれることもあるかと思ったので。

でも、作品全体として必要なものだけをうまく構築するような強いテーマ性の映画ではないので、この終わりも全体の統一感としてはあっているのかなあと。
どちらかというと、女性の方が共感できるのかもしれない描かれ方のような気がしました。

出羽三山 羽黒山 その1

山形には古くからの山岳信仰があり、修験道を中心として修験者・参拝者を集めた出羽三山と呼ばれる山があります。
月山、湯殿山、羽黒山。
羽黒山は主峰月山の北西に位置する丘陵地帯。
その羽黒山に行ってきました。

20180621haguro-1.jpg

20180621haguro-2.jpg
山形には山寺の通称と長い石段で知られる立石寺もあり、そっちは経験済み。
羽黒山も大きな杉たちと石段の風景で知られていて、まあ、石段もあるだろうが山寺ほどではないだろうとタカをくくっていた。
この時は...

20180621haguro-3.jpg
最初は継子坂(ままこざか)を下ります。
近くで蛙が鳴いていたけど、どんなに探しても見つからないんだよな~。

20180621haguro-4.jpg
杉の大木がたくさん。

20180621haguro-5.jpg
赤い欄干の橋は祓川新橋(はらいがわしんばし)。
この橋が御神域の入り口だとか。

20180621haguro-6.jpg
隔てる川。

20180621haguro-7.jpg

20180621haguro-8.jpg
渡るのちょっと怖い。^^

20180621haguro-9.jpg

20180621haguro-10.jpg
うーん、まだまだ観光気分いっぱいで、余裕ありですがね。
まだね。
続きます。

鯛ラーメン

20180619taira-1.jpg
羽黒山に行く前に腹ごしらえで、鯛ラーメンを食べました。
写真は鯛ラーメン塩と鯛めし。

20180619taira-2.jpg
鯛はあくまで出汁。
身はいっこも入ってません!
ちょっと期待したんだけど。^^
でも、鯛の出汁のラーメン、あっさりとしていながらコクがあっておいしかった!

20180619taira-3.jpg
鯛めしも身は入っていません。
そして、普通に食べてもおいしいですが、ラーメンスープをかけてお茶漬け風にすると、W鯛出汁でうまさ倍増!
いいですね、鯛ラーメン。