散歩途中に

20190623ajisai-1.jpg
散歩途中に他人さまのお宅の庭先に咲いているきれいな紫陽花を発見。
ちょっと心が和みます。

梅雨のじめじめとした暗めの色に染まった景色に彩りを添えてくれる紫陽花。

そんな紫陽花についての問題。(^-^)/

写真は紫陽花といっても『額咲き』と呼ばれる咲き方をするガクアジサイ。
一般的に真っ先にイメージされる球形をした装飾花をつける『○○○咲き』と呼ばれる紫陽花とはちょっと違った形。
ただ、こちらの方が紫陽花としてはもともとの形。
では、今一般的にイメージされる、丸い装飾花をつける紫陽花は『額咲き』に対して『何咲き』と呼ばれるでしょう?

1.丸咲き
2.マリモ咲き
3.まんじゅう咲き
4.手まり咲き

続きを読む

スポンサーサイト

あんバター。 ②

20190618hayasaka-8.jpg
トランクルームって、やはり利用者が多いんでしょうね。
結構、見ますよね?

20190618hayasaka-7.jpg
とても、きれいなバラが咲いていたお家。

20190618hayasaka-10.jpg

20190618hayasaka-9.jpg
などと、引っ張るだけ引っ張りましたが、いよいよあんバターが登場します。
心の準備はよろしいでしょうか?
そんなたいそうなもんじゃないですね。

20190618hayasaka-13.jpg
名前を忘れたパン。

20190618hayasaka-16.jpg
具もたっぷりで、すごくおいしかった。(*´~`*)/

20190618hayasaka-14.jpg
サックサクのクロワッサン。

20190618hayasaka-11.jpg
そして、これがコッペパンタイプのあんバター。

20190618hayasaka-12.jpg
開いてみる。
バターの延べ棒がっ!!
これぞ、あんバター。

20190618hayasaka-15.jpg
めちゃくちゃおいしい! (ノ´▽`*)b☆
はやさか製パンのあんバターはバターがすごくコクがあるのに、脂っこくない。
さらっとした印象。
だから、苦手という人でも気に入りそうなあんバター。
食べた後もスッキリです。

こちらのパンはどれも体に優しいお味のような気がします。
ごちそうさまでした! (ノ)’∀`(ヾ)

ただ、あんバターを売っているお店は、世の中、まだまだございます! (☆∀☆)ニヤリ

あんバター。 ①

20190618hayasaka-1.jpg
天気の良い日に、念願だったあんバターを食べようと、かねてより情報を得ていたパン屋さんに向かう。
パン屋さんの場所がおおよそしかわからなかったので、国道4号線沿いのコンビニに車を止め(ちゃんとコンビニで買い物もしましたよ)、歩いてパン屋さんを探しました。(。Д゚; 三 ;゚Д゚) w(゚o゚)w

20190618hayasaka-2.jpg
ここじゃない。
それにしても、店と思しき建物が、ちょっとした庭付きだったらおけそうなプレハブ物置みたいな感じだったけど、別にあるのかな?

20190618hayasaka-3.jpg
これもいいけど、これじゃない。(*゚Q゚*)

20190618hayasaka-4.jpg
急に、異国情緒漂う家が。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

などと迷いながら歩くこと3分。(大して歩いてないです)

20190618hayasaka-5.jpg
目的のお店。
目的のお店、はやさか製パンさんもちょっと変わったお店。
大きな家に、小さなパン屋の小屋が埋め込まれてしまったような面白い建物です。(´ω`人)

20190618hayasaka-6.jpg
機能的に並べられていて、わかりやすい。
どれもおいしそうだけど、あんバター、クロワッサンとなんだか(忘れんなよ!)を買って帰りました。
こちらはあんバターは保冷庫に入っていました。
こじんまりしているお店だと、熱がこもりやすいので、保冷庫に入っていることが多い気がします。

では、パンの方の紹介を...
それはまた次回ということで。

おっさんが『若』へGO!

20190617waka-1.jpg
最近、仙台で人気が出ている牛タン屋さんがあると聞いて行ってみました。
『牛たん 若』さんです。(^-^)/

駅前のお店では店外に行列ができるほど。
特に若い人たちが多い気がします。
なぜなのか?

20190617waka-2.jpg
さっそく、その理由を探して訪問。

20190617waka-3.jpg
これかっ!
これが理由のすべてではないんでしょうが、大きな要因を発見!
回転ずしなどや居酒屋なんかでは、最近、当たり前になっているタブレット注文方式。
店員さんを探したり、つたない接客に惑わされることもなく、オーダーが通っていないなどの間違いも激減する方式。
さらに、会話というコミュニケーションを使わなくてもオーダーできるというSNS・スマホ時代の文明の利器。
これは若い人が特に食いつきそう。

20190617waka-4.jpg
注文してきたのがこちら。
おいしそう!♪(/・ω・)/ ♪
注文もタンを3枚から5枚までで枚数を選ぶ方式。
よくある、1人前とか1.5人前という初めてだと量が予想しづらい表記よりわかりやすい。
しかも1枚を2つに切り分けているから、3枚(6つ)みたいな感じでわかりやすい。
明快なのはいいですね。

20190617waka-7.jpg
麦飯

20190617waka-6.jpg
テールスープ

20190617waka-5.jpg
たんっ!!!

どれもおいしく、しかもリーズナブル。
人気が出るのもわかるわぁ~。

『牛たん 若』さんでした! m(*_ _)m

ホヤの唐揚げ

20190614kiji-7.jpg
気になるものを、『今度機会があったら』なんて大人な精神を持ち合わせていない人間。
すぐさま『かわまちてらす閖上』を再訪!
こちらが、くだんのホヤの唐揚げ。
こんがりと揚げてあって、これならホヤの嫌いな人でも大丈夫? Σ(゚□゚(゚□゚*)

20190614kiji-8.jpg
からしをつけてぇ~、パクッ!!
う~ん♡ ジューシー!!(*´~`*)

これは、イカン!
中はジューシーで、カリカリじゃないから、ほんのりだけどしっかりとホヤ感が口の中に広がる。
もっとも、好きな人にとってはこれがなくてはって感じだし、食感もホヤのあの感じ。
おいしいぃぃぃんだけど、嫌いな人にとってはぁ...ちょっと無理かも。( ̄- ̄)ムネン

さぁ、気を取り直して『たこすけ』さんのタコ焼き!

20190614kiji-4.jpg
ジャーン!!\(^o^)/
一見、大粒だけど普通のタコ焼きです。
でも、中にはタコとともに、

20190614kiji-5.jpg
破れた窓から覗く白いまる。
ウズラの卵が入っております!
おいしそう! と頬張ったら、お店の方が注意された通りに激熱。
卵が本当に熱い。

20190614kiji-6.jpg
こちらはウズラの卵がよく見えるように開いたもの。
というのは嘘で、一個目で怖くなったので、切り開いて中にこもった熱を取り除いているところです。
こうなってしまうと、タコ焼きでも、お好み焼きでも同じこと。
醍醐味がなくなっちゃった。
でも、本当に熱かったので仕方がなかった。
苦渋の選択。(つД`)ノ

ちなみに、芸能人には大変興味があるものの、直接会いたいという欲求はそれほどない。
混雑>私>芸能人に会う
この日、一緒に行った友人もそれほど大きくは変わらない。
そんな私たちの前にこの日現れたのは、『さとう宗幸』。
「誰?」そんな声も聞こえてきそうですが、仙台に住む人には有名な宮城で育った芸能人。
こちらではウィークディの夕方ワイドショー番組の司会をされています。
キー局でも、金八先生が全盛だった時代に、金八シリーズの変化球として『○八先生』が何番組か作られた中にあった『仙八先生』として仙八先生役を務めた方。
『おもいっきりテレビ』ではコメンテーターとして呼ばれることも。
そんな方です。
そんなさとう宗幸さんが、TV番組の取材でこのブログでも紹介した『ももや』さんのカツ丼を食べていました。
そして、熱々のタコ焼きで苦しんでいる私の目の前(対面で座っていた友人のすぐ後ろ)を通って外へ。
すると、友人がわざとはしゃいだような素振りで、「ほらほらほらっ! 『さとう宗幸』がすぐ後ろを通ったよ!!」だと。
笑わせるから、思わず友人に口の中のタコ焼きをお見舞いしてやりましたよ! ( ´∀`)bグッ

さらにちなみに、この日は以前行った、仙台中央卸売市場内にある猫写真にあふれるお店『kijitora』さんも再訪しました。
前回訪れた時に、唐揚げがおいしそうだったので、また来たいと思っていたからです。

20190614kiji-1.jpg
唐揚げ定食
右上の小鉢は鶏肉の煮凝りのようなものでした。
ホヤに続いて、唐揚げ二連チャ~ン!! V(^∇^)V

20190614kiji-3.jpg
うまみが深く、でもあっさりな煮凝り。

20190614kiji-2.jpg
唐揚げは適度なカリカリさと柔らかさが絶妙です。
皮がパリパリで香ばしい。
4つのうち2つは骨付き。
だから旨い!!
期待した通りのうまさでした!!