NFL week4 バイキングス対ラムズ

今回は最近めっきり強いバイキングスと今シーズンに入り3連勝と好調のラムズの試合。

キャプテン・カーク(別にキャプテンとかじゃないけど)(ちなみにクォーターバックのカーク・カズンズのことです)率いるバイキングス。
去年はプレイオフにも進出。
NFLジンクスのスーパーボウル開催地のチームはスーパーボウルに出場できないを破るかと思われたけれど、惜しくも出場ならず。
一方のラムズも前シーズン地区首位で、プレイオフ出場。
なかなかの強さです。

そんな実力のあるチーム同士の試合だから、ハイレベル。
守備も強いのに、攻撃も強い。
そんな2チームの戦いは面白くないわけがない。
ディフェンスがめっちゃ強いのに、オフェンスがもっと強いから進んじゃいます。
3rd and 10とかで、一瞬、『無理なんじゃね?』ってなるのにファーストダウンとっちゃう。
ゴフもカズンズもとっちゃう。
まあ、すごい!
点取り合戦。
結果、ホーンズ・マッチ(角々[つのつの]対決)はラムズが勝利!
殴り合いに打ち勝つ。
いい試合だった。
ランニングバックのトッド・ガーリーがかっこよかったぁ!
これで4連勝のラムズ。
今年はスーパーボウルか?
ところで、ホーンズ・マッチとはラムズのヘルメットには羊の巻き角が描かれていて、バイキングスにはバイキングのヘルメットの角がデザインされている。
だからホーンズ・マッチ!
ただ、これは自分が勝手に思いついただけなので、ほかで使っても通じませんよ。気をつけて。

ただ、ラムズのキッカーがちょっと不安定。
今回もフィールドゴール外してたし、ポイントアフタータッチダウンでも危ないのがあった。
大丈夫かなぁ?
スポンサーサイト

肉そば

20181020nikusoba-1.jpg
新そばの時期ということで、肉そばを食べに山形に来たという話の続きです。
最近、いつも行っていた『一寸亭』に行かなくなってしまった。
自分にとっては始めて肉そばを食べた店だったこともあって、一寸亭さんが肉そばに関しては一番おいしいと思っていたから。
ただ、自分の休みとお店との休みとの兼ね合いで行きにくくなってしまっている。
ちょっとさびしい。

20181020nikusoba-4.jpg
ただ、別れがあれば(行きにくいというだけで、別にもう行かないわけじゃないけど)出会いがある。
以前に時間が遅くなりそうな時に、肉そばを食べられる店を検索したときに出てきたお店に行った。
山形の蕎麦屋さんは意外と早仕舞いのお店が多いので午後7時ともなると厳しくなる。
そういう理由で立ち寄ったお店は居酒屋風で肉そばの食べられるお店。
営業時間も山形にしては遅くまでやっている。
一回行って気に入ったのだけれど、食べる前には「この際、肉そばが食べられればそれほどおいしくなくても」というノリで入ったので、店名などの印象が薄かった。
後からでも店名を確認していればよかったんだけど、それもしていなかった。

20181020nikusoba-3.jpg
そのせいで、もう一回行こうとしてもどこだったかわからない。
それで今回、車のナビの履歴(住所だけ)でそれらしいものの候補を3つに絞った。
もっとも可能性の高いものに最初に向かった。
だけど、道すがら『こんな道、通ったけ?』『ここどこよ』『えっ、曲がるの?』と記憶とマッチングするところがない。
こりゃ、完全にはずれだなと思ったが、とりあえず駐車場へ。
肉そばは出しているお店みたいだけど、違うんだろうなと店の入り口に歩いていく。
違った場合に、どう言い訳をして、注文せずにお店を出ようかと思案していると小さな信楽タヌキの置物が。
「ここだ」
どんだけ印象が薄かったのだろう。
タヌキを覚えていてよかった。^^

20181020nikusoba-2.jpg
ところでこのお店、もちろん肉そばもおいしいんだけど、店員さんの愛想がとてもいい。
前に来たときには山菜のてんぷらをサービスしてくれるほど。

20181020nikusoba-5.jpg
なにより、一寸亭さんを上回ったのはこのカツどん。
肉そばの有名な谷地地区では同じくこのカレー風味のカツどんが名物。
一寸亭さんでも出しているんだけど、あまり好きではなかった。
ところが、ここのカツどんはカレー風味が絶妙でとってもおいしい!
だから、また来たかった。
これてよかった。
でも、そばがメインなのでそれにつけるサイドメニュー扱いで、ミニカツどんしかない。
デカいの食いたい!!

ということで、肉そばもおいしい扇屋さんでした!

新そばでいつも通り山形へ

10月に入り、新そばが出始めると、冷たい肉そばを食べたくなるので、山形へ。
最近は仙台にもなかなかおいしい肉そばを出すお店は増えてきたものの、気分的に本場に行きたい。
やっぱり、コンビニのゴーヤーチャンプルーより、沖縄で食べるゴーヤーチャンプルーでしょう!
形から入るタイプなのがバレバレですが、とりあえず山形へ。
さっそく、肉そばと行きたいところですが、代わり映えしないので他のところからご紹介。
最初は『こんにゃく番所』から。

20181018konnyaku-1.jpg
山形市の南、上山市にあります。
まわりにはあまり目立った建物などもない場所にありますが、観光バスも止まる名所です。

20181018konnyaku-2.jpg

20181018konnyaku-3.jpg
ここにさまざまなこんにゃくや、漬物などが売られています。

20181018konnyaku-7.jpg
落ち着いたいい雰囲気です。
年配の方たちが多いですね。

20181018konnyaku-4.jpg
刺身こんにゃくの試食。
つやつやとしておいしそう。
試食させてもらいましたが、こんにゃく独特の臭みもあまり感じられず、普通のこんにゃくよりもやわらかく、本当にお刺身に近い食感でおいしかった。
う~ん、こんにゃく番所、なかなかやります!

20181018konnyaku-5.jpg
ショーケースは全部こんにゃく。
オーソドックスな田楽のほかにもたくさんありましたよ。

20181018konnyaku-6.jpg
購入したのがこの四本。
一番上の玉こんにゃくは山形名物。
山形蔵王スキー場などでもよく売られています。
安くて熱々でおいしいヘルシー!!

その下が焼き鳥風のこん肉焼き。
こんにゃくも水分を減らしているのか、そのほかにも工夫しているのか、本当に肉のような歯ごたえがあり、焼き鳥のたれも違和感なし。
予想以上にこん肉!!

その下は磯辺もち風こんにゃく焼き。
みそもち風こんにゃく。
これらは純粋なこんにゃくではなく、モチにこんにゃくを混ぜ込んであります。
少しこんにゃくの食感がありますが、すっきりと食べられて普通より好きな人もいそう。

このほかにもまだまだこんなものがという商品がありました。
ネット通販などもしているそうなので、気になる方はぜひ。

一口にこんにゃくといってもいろいろあるもんですね。

冷や水危険!

なんだかんだ言ったって、もうおっさんでも通らなくなってきたんじゃないかというアラフィフだから、冷や水は危険。
とはいえ、このまま悪しき生活習慣と同棲生活を続けても、長生きできないだけならまだしも動けなくなったりとか煩わしいことが多そうだ。
ということで、恒例の一念発起(すぐくる挫折はおいといて)。
運動しようじゃないかと思ったんだけど、すでに言ったみたいに若いつもりで冷や水は危険!
もーデインジャラス!!

なので、安全に運動。
どういうことかというと、心臓には適度に負担をかけましょうということで、心拍計機能のあるお安い時計を購入。
3000円ちょいぐらい?
探せば2000円台もありまっせ!
もひとつ探せば1万円を超えるものもございます。
私めの視界には一切入りませんので、検索しても肉眼で認識したことないですが。

こういうやつは今やスマホと連動。
スマホに入れたアプリで細かな設定をしたり、日々のデータを記録したりできるんですけど、いかんせんスマホがない。
けど、時計本体だけでも時刻、歩数計、心拍計の数値は切り替えて見ることができるから特に問題ないだろうと購入。

使用感も悪くないし、心拍計も多少数値がブレてもおおよそは分かる。
問題ない。
買ってよかったと思った。

その瞬間に思ったんだけど、時計が合ってない。
本体にあるボタンはひとつ。

しまった!
時刻あわせもアプリ使用か!
というかスマホの時計と自動で同期するからイチイチ合わせる必要がないということか!
うん、しまった!

どうしよう?
とりあえず、1時間46分進んでるから、引いちゃえばいいんだ。
そうやって使おう。
むしろ脳トレ(死語)的な捉え方でいいじゃないか!
うんうん、体力と脳力と両方一気に鍛えられるね。
いいんだよ、それで。
結果的にはよかったんだよ。
そうだよね、神様?

ずんだまつりで買ってきたもの

20181011zundafes-1.jpg
ずんだ餅
ずんだの緑色が濃いなぁ。

20181011zundafes-7.jpg
こちらは、お餅二個入り。

20181011zundafes-8.jpg
味が濃いのにクセが少なくておいしかった。
お餅も柔らかくてずんだと馴染んでいて一体感あり。
ちゅるんと飲み込みそうになる。

20181011zundafes-2.jpg
これはずんだ大福。

20181011zundafes-5.jpg

20181011zundafes-6.jpg
ぎっしりずんだ!
甘さ控えめ、風味たっぷりでおいしい。
こっちはずんだ餅よりもずんだの粒々がおさえられて滑らかな餡。
うまいねぇ~。

20181011zundafes-9.jpg
ずんだコロネはクリームがほんのり緑色。
これまた生地のサクサクとなめらかなずんだクリームがあいまっておいしいな。
贅沢を言えば、最近のパン屋さんのパイ生地コロネは売る直前にクリーム入れてくれたりとサクサク感を大切にしているのにくらべれば、こっちは最初からクリームが入っている分、分が悪い。

20181011zundafes-3.jpg
ずんだケーキ。
外観に緑なし。

20181011zundafes-4.jpg
入ってました!
和のイメージの強いずんだだけど、ケーキに入っていてもおいしい。
ずんだ万能!

まさにずんだまつりでした。^^