映画『ミックス。』をテレビで見た(ネタバレ)

新垣結衣さん・瑛太さんW主演の映画『ミックス。』が地上波で放送されていたので見ました。
ごめんなさい、酷評です。

あらすじ
小さなころから母親に天才卓球少女と見込まれて鍛えられてきた多満子(新垣結衣)。
しかし、自分の才能に疑問を感じ、また、卓球をがんばることの意味もわからなくなっていた。
そんな時、母でありコーチであった華子(真木ようこ)が急逝。
それを機に、多満子は卓球を離れる。
普通のOLをしていた多満子だったが、同世代で本当の天才と多満子が思っていた、現役有名卓球選手 江島晃彦(瀬戸康史)と再会。
付き合うことになるが、フラれ、会社を辞めて実家に帰る。
無気力な日々を送っていたが、あることをきっかけに実家の寂れた卓球クラブの立て直しを決意。
ひょんなことから出会った、萩原(瑛太)とミックスダブルスを組んで大会に出ることになる。
というようなお話。

話はよくあるもので、この手のものでは王道というストーリーなんだけど、個人的な好みで言うと架空のお話ぐらい原因があって結論があってほしい。
そういう意味で、この『ミックス。』はあきらかにぼんやりしすぎている。

まず、この軽いタッチのコメディなら思い切って必要ないんじゃないかという全体を貫く、人生観的なテーマ。
ラストでは「自分ががんばるのはほかの人を輝かせるため。でも、自分も一人じゃがんばれない」みたいなことを言っているんだけど、そこらへんがプロバンス風みたいによくわからないけど、ふんわりさらっとあっさり仕上げで織り込まれているので、ラストで、突然に主人公はそこに悩みを持っていたのかぁと思っちゃう。
描きたいのであれば、ゆるやかなコメディ部分を削ってでも描けばいいし、それははずせない描ききれないテーマはいらなくないだろうか?

あと、人間関係もふんわりとはわかっていても、舎弟的な吉岡弥生(広末涼子)もひとつぐらいエピソード入れないと、イマイチ結びつきが友達程度にしか感じない。
だから、多満子の活躍でみんなの生活が変わっても、絆みたいなものが見えてこないから感情移入できにくい。
なぜ、畑を縮小したいのか?
なぜ、畑を拡大するが、ハッピー展開なのかそこも抽象的過ぎてわからん!

萩原と元奥さんとの話も、非常に作り話的な感じがした。
ヒロインとの恋愛トラブルを発生させるがために設定しただけという現実味のない話。
コメディなんだから作り話だと開き直るならもっとぶっ飛んでもらったほうがよっぽど受け入れやすかったんじゃないかな?
中途半場に理屈にこだわってしまったから、余計に仕掛けに無理が出て自分としては楽しめなかった。

最後は展開。
王道展開だから、大筋で文句はないんだけど、
ラストの江島ペアとの決勝は、善戦するも負けるという展開はわかっていた。
それでも自分としては楽しめるからいいんだけど、クライマックス感を出すためなのか、なぜ『一歩前へ』を入れたのかな?
勝つ試合ならそれでもいいんだけど、母の教えの意味を理解し、実践して、盛り上がって、負ける。
現実ならそういうのも現実だから仕方ないし、それもドラマと思えるけど、これだけ軽い王道スポーツコメディフィクションでやると、混乱するよね。
盛り上げた意味もわからないし、負けた意味も曖昧になってくる。
勝てそうだったけど、運で負けた?
自分はしっくりこなかったなぁ。
スポンサーサイト

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

20180622asa-1.jpg
雨上がりの朝
なんでもない普通の道で、きれいな自然もきれいな人工物があるわけでもないけど、なんとなく好きな風景

久しぶりに映画を見てきた。
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
なんとなく、予告を見た感じライトな楽しそうな映画だったので。
でも、見てみたらライトな中にもテーマがあって、楽しく見ながらも感じる部分がありました。
とはいっても、夫婦間の問題なので、お前は関係ないだろうと自分で思ったりもするんですけどね。
将来、必要になるかもしれないってことでね。

難をいうなら、自分としては謎々を出しておいてある程度、ヒントを出しながらも答えを明示しないというオチは好みではなかったかな?
たぶん、それぞれ似たような状況の心当たりはあっても、厳密には人それぞれ違うし、思うところ、価値観は違うから断定したくない。
それぞれで、自分にあった結論を当てはめてほしいということなんだろうと思います。
でも、自分としては違ったとしてもひとつの結論として明示してほしいかなと思った。
その違いが新たな視点を与えてくれることもあるかと思ったので。

でも、作品全体として必要なものだけをうまく構築するような強いテーマ性の映画ではないので、この終わりも全体の統一感としてはあっているのかなあと。
どちらかというと、女性の方が共感できるのかもしれない描かれ方のような気がしました。

映画『明烏』見た

菅田将暉主演映画『明烏』みました。
場末のホストクラブを舞台にした映画。
1千万の借金を背負ったホストが、返済期限の迫る中、さまざま騒動が巻き起こる。
無事に借金を返済できるのか、それとも東京湾に沈むのかというコメディー。

自分的には好きな内容だったし、それぞれのキャラ付けもしっかりされていたので楽しく見れた。
ただ、落語の『明烏』にかけたような話なのかなと思ったら、タイトルは夜明けまで働いていて、ゴミをあさっているカラスのような存在と思われる部分もあるホストから取っただけだった。
基本は落語『○○』がモチーフ。(ネタバレするので伏字にしますよ)
正直、勘がいい人だと序盤でそれに気づきそう。
確かに、これで『○○』ってタイトルだったら最後のどんでん返しがばれちゃって面白さ半減だから仕方ないか。
最後のセリフはそのまま『○○』のオチのセリフだったし、面白かった。

続きを読む

相棒-劇場版Ⅳ-

最近、珍しい相棒らしい相棒だった気がした。
映画ということでアクションシーンをたくさん盛り込むということもなく、それでいていい感じでもあったし。
ストーリー重視で自分としては面白かったです。
伊丹さんはやっぱりああでなくてはという見せ場もあったし。
神戸尊は神戸尊らしいスマートな見せ場もあったし。
意外と4作の劇場版の中では一番好きかも。

ご覧いただきましてありがとうございます!

『欲動』を見た

『欲動』を見ました。
うーん、自分としては理解したつもりだけど理解できているのか不安になる映画だったなぁ。
それと男のエゴなのかもしれないけど、見終わったあとモヤモヤする。
愛しながらただ静かに佇むヒロインのラストシーンが綺麗だった。

ストーリーとは関係ないけど、ゲイのカメラマンがヒロインに本能を理性で抑えコントロールしているのは人間だけで、他の動物はそんなことはしない。だから、人間ってひどくゆがんでいるように見えるというようなことをいうシーンがある。
ストーリー上欠かせないセリフなんだけど、ゲイの人がそれを言うと気持ちに正直という意味ではいいんだけど、生物が生命として種を保存していく形が当たり前であり、そうするためにあるのが本能であるということから考えると、ちょっとおかしな感じがしてしまい、すっと飲み込めなかった。
いわば、人間のさまざまなゆがみという多様性から生まれた存在ではある気がするからなのだと思う。

ご覧いただきましてありがとうございます。