牛タン『八』でランチという名のディナー!

20160630hachi-1.jpg
ある日、洗濯しまして、取りこむと、妙にお腹がすいております。
ブログで見たものが食べたい!ということで、牛タン『八』さんにランチを食べに行くことにしました。
ま、自分にとってはごりごりのディナーですがっ!

20160630hachi-8.jpg
こちらが『八』さんです。

20160630hachi-9.jpg
こうなって、

20160630hachi-10.jpg
こうなっております。

20160630hachi-4.jpg
味噌汁!

20160630hachi-3.jpg
麦飯!

20160630hachi-5.jpg
ドーン! 唐揚げっ!!
はい、唐揚げです。

20160630hachi-6.jpg
付け添えはレタス!
そこじゃない?
実は、こちらのお店はもちろん牛タンのランチもあるんですが、牛タン以外のランチが安くておいしいと評判なんです。
牛タンランチも牛タンとしては良心的な価格ですのでご安心を。

この唐揚げが基本に忠実で、おいしい~!
噛みごたえのあるジューシーなもも肉に程よくついた下味。
これだけで十分おいしい。
濃い味好きの人は、テーブルに用意されているオーロラかサウザンアイランドっぽいドレッシングみたいなのがあるのでそちらをかけるのもおいしそう。

20160630hachi-7.jpg
これで600円!
ほかに、焼肉、豚味噌漬けランチなんかもあります。
さらに量を調節した唐揚げ、焼肉の相盛りみたいなものもあります。
ただ、ブログで見たのはチキン南蛮だったのです。
前に見たときにはチキン南蛮があったのですが、今回はなくなってました。
ちょっと残念。
でも、唐揚げおいしかった~。
今度は牛タンを食べましょうかねぇ~。

ご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーサイト



大倉ダム

定義如来へは仙台から一般的なルートを通るとダムの上を通ることになります。
それが大倉ダム。
ダムがアーチを描いているのはよくありますが、複数のアーチによって構成されているダムは日本には二箇所しかないみたいです。
大倉ダムは日本で唯一二つのアーチダムがくっついたダブルアーチダムのようです。
もうひとつのアーチダムは5連だそうです。^^

せっかくなので、今日は大倉ダム周辺の写真をざっと見ていただこうかと思います。

20160629ookura-1.jpg

20160629ookura-2.jpg
定義如来があるので観光バスも頻繁に通ります

20160629ookura-4.jpg
これはアーチとアーチの連結部分にあります。

20160629ookura-3.jpg

20160629ookura-5.jpg
貯水側

20160629ookura-6.jpg
放水側

20160629ookura-7.jpg
遠くから

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

定義如来西方寺 名物

今回は定義山名物などです。

20160628syoku-5.jpg
あいにくの雨ですが

20160628syoku-1.jpg
油揚げはおいしそうです。

20160628syoku-2.jpg
でこぼこの油揚げに

20160628syoku-3.jpg
味付けをして

20160628syoku-4.jpg
がぶり。

20160628syoku-8.jpg
味付けは七味にんにくと醤油。
アルミの容器はにんにく抜きの七味。

20160628syoku-7.jpg
中でも食べられますが、混んでいたので外で食べました!

20160628syoku-9.jpg

20160628syoku-6.jpg
場所的な問題か、客層か、お茶祭りじゃ~~~~~!

20160628syoku-11.jpg
もうひとつの名物が揚げまんじゅう。

20160628syoku-10.jpg
本日二回目!

20160628syoku-12.jpg
でも、こっちはまさにシンプル、オーソドックスな揚げまんじゅう!

20160628syoku-13.jpg
残りもの4個だったのでおまけしてもらっちゃいました。
サクサクでおいしかったですよ。

ご覧いただきましてありがとうございます。

定義如来西方寺 装飾

今日は定義如来の建物などに施された装飾などをご紹介。
20160626jougi-2.jpg

20160626jougi-4.jpg

20160626jougi-5.jpg

20160626jougi-6.jpg

20160626jougi-9.jpg

20160626jougi-10.jpg

20160626jougi-11.jpg

20160626jougi-13.jpg

20160626jougi-14.jpg

ご覧いただきましてありがとうございます!
明日は定義山名物『三角あぶらげ』です。

定義如来西方寺 風景

山形からの帰り、油揚げが食べたくなって定義如来に立ち寄りました。
今日は、概観など。

20160626jougi-1.jpg

20160626jougi-3.jpg

20160626jougi-16.jpg

20160626jougi-7.jpg

20160626jougi-8.jpg

20160626jougi-12.jpg

20160626jougi-15.jpg

ご覧いただきましてありがとうございます。

トンビとスズメ

20160625suzume-2.jpg
霧雨の中の雀

20160625suzume-1.jpg
雨宿り?

20160625tonbi-3.jpg
トンビ。

20160625tonbi-4.jpg
もちろん、トリミングしてます。

20160625tonbi-5.jpg
飛んでいるときのキュッっと畳んだ足がかわいい。

ご覧いただきましてありがとうございます!

山形といえば...

この時期に山形に行くと、やはり道の両脇にはたわわに実っています。
ほぼ、そればかりなのでざっとご覧ください。

20160624fruit-13.jpg

20160624fruit-7.jpg

20160624fruit-8.jpg

20160624fruit-11.jpg

20160624fruit-10.jpg

20160624fruit-9.jpg

20160624fruit-6.jpg

20160624fruit-3.jpg

20160624fruit-12.jpg

20160624fruit-4.jpg

20160624fruit-14.jpg

20160624fruit-5.jpg

20160624fruit-1.jpg

20160624fruit-2.jpg
仙台方面を見ると雲が覆ってますね。
帰り道、宮城の定義山へと寄り道します。

ご覧いただきましてありがとうございます!

山形『一本杉菓子店』で『あげまんじゅう』

仙台では小雨の降る日に山形の天童市にある『一本杉菓子店』さんに行ってきました。
ここは『あげまんじゅう』が有名。
特に、開店直後に売られている揚げたての『あげまんじゅう』は熱々で人気らしく、あっというまに売切れてしまうらしい。
今回は情報収集が甘くて、開店にあわせていくことはできませんでした。ちょっと残念。

20160623ippon-2.jpg
店の周りにはたくさんの花が咲いていて

20160623ippon-3.jpg
どれもきれいでしたよ。
(追記)これはニチニチソウだそうです。

20160623ippon-1.jpg
これはなんという花でしょう? 派手だけれどきれいですね。
(追記)これはクジャクサボテンの花だそうです。
(ニチニチソウとクジャクサボテンを教えていただいたらこささん、いつもありがとうございます^^)
20160623ippon-5.jpg
こちらは駐車場。第二もある。

20160623ippon-4.jpg
店構えはしっかりとしていて歴史を感じさせますよね。
創業80年だそうです。

20160623ippon-6.jpg
こちらが『あげまんじゅう』。

20160623ippon-13.jpg
見た目は普通の『黒糖まんじゅう』っぽく見えます。

20160623ippon-8.jpg
大きさはピンポン玉かそれより一回り大きいぐらい。

20160623ippon-7.jpg
裏はおこげが。

20160623ippon-9.jpg
食べるとほぼあんこ。揚げたてだと熱々のあんこが湯気を立てそうです。
そして食感は、いわゆるかりんとまんじゅうのようにカリカリの皮です。
香ばしいおまんじゅうは食べだしたら、一口サイズということもあり2個3個ととまらなくなりそうにおいしい。
でも、熱々が食べたかったなあ。

20160623ippon-10.jpg
こちらはお店のおすすめ商品『バターどら焼き』。

20160623ippon-11.jpg
小さいどら焼きだけれど、餡がたっぷり入っていて、ギュッとしたらはみ出てきそうです。
餡は小豆のこしあん。

20160623ippon-12.jpg
食べると、皮、バター、餡、バター、皮とサンドされていて、バターが、餡に滑らかさとコクを出していて生どらよりもどっしりとおいしい。

全体的に、和菓子は甘さが強く感じられるのであきやすい傾向にあるけれど、程よく小ぶりに作られているので、食べやすく、飽きのこないおいしさ。
さすが人気店というおいしさでした。
9時半開店ですから、興味のある方はぜひ開店に合わせて行ってみてください。

ご覧いただきましてありがとうございます!

映画『しあわせのパン』見ました!

原田知世さん、大泉洋さん出演の『しあわせのパン』見ました。

あらすじ
『月とマーニ』という絵本のマーニに恋をしたりえ(原田知世)と夫のなおが営むオーベルジュタイプのパンカフェ『マーニ』。
そこに訪れる生きることにどこか息苦しさを感じているお客さん。
そんなお客さんをパンとコーヒーでもてなす二人、そしてそれをとりまくあたたかい仲間たちの四季物語。

感想
冒頭で紹介される絵本『月とマーニ』(映画上の作品)と同じように作品自体も絵本のような印象。
あたたかなおひさまがふりそそぐイメージの映像に、優しく、美しく、いろんなことに胸を痛めるヒロインがいて、それを救うふんわりを大きな心でヒロインを見つめる王子様役がいる。
生きていくために必要なことを、あたりまえに、ゆっくりと誠実にしている二人。
決してリアリティがあるわけではないけれど、生きるうえでの苦しみやつらさ、そして生きていくためのエッセンスが凝縮されている感じがしました。
お客さんもそれぞれに問題を抱えていて、『マーニ』の二人はそれを積極的に世話を焼くわけではなく、心配し、気配りをして、見守っていく。
押し付けがましくないやさしさが描かれています。
りえの「わたしもね、無理して笑うことあるんです」と都会暮らしに疲れたお客さんを気遣って告白します。
なおはその話を聞いてりえを気遣わしげに見ます。
わかりやすく、けれど繊細に描かれていてそこが本当に絵本のようです。
そして、もうひとつの主役はパンと料理です。
柔らかな生地をしっかりと捏ね、時に筋を入れ、時にフルーツや豆などを練りこみ、オーブンで焼く。
いい香りが伝わってきそうな湯気を立てる焼き立てパン。
それをいつもなおはりえに、そしてお客さんたちもパンを割って分け合います。
その光景がさらにパンをおいしそうに見せてくれますし、物語の底辺を支える精神にもつながります。
原田知世さんは文字通り、上品で物静かで、やさしげでりえそのものという印象でした。
なおは人に羨ましがられて、普通なら謙遜して「いや、そんなことないですよ」と応じるような場面でも、「はい」と強くもなく弱くもなく、かみ締めるようにいいます。
「こんなおいしいコーヒーが毎日飲めていいね」など、それらの多くはりえの手によるものです。
はじめに多少戸惑う人たちも、その言葉になおがそのことを本当に感謝し、大切にしているからこそ「はい」と応じるのだと感じていきます。
なおを演じる大泉洋さんは、その「はい」のためにキャスティングされたかのようにとてもいい感じの「はい」を言います。
そうした二人の演じる夫婦がしあわせを分け与えてくれる焼き立てのパンのように自然に心に入ってきます。
見終わったとき、きれいに整理された部屋にいるかのように、気持ちよく何かをしたくなるようなそんな映画でした。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

バラ2

20160621rosexe-1.jpg
ちょっといいかも。

20160621rosexe-2.jpg

20160621rosexe-3.jpg

20160621rosexe-4.jpg
ケ、ケバい。

ご覧いただきまして、ありがとうございました!

バラ

20160620rose-1.jpg
バラに詳しくないので、棘があるからバラだと思います。
一輪の花だけで、いろいろ撮ってみました。
ざっとご覧ください。

20160620rose-3.jpg

20160620rose-4.jpg

20160620rose-5.jpg

20160620rose-6.jpg

20160620rose-7.jpg

20160620rose-8.jpg

20160620rose-10.jpg

20160620rose-9.jpg

20160620rose-11.jpg

20160620rose-2.jpg
同じような写真ばかりですみません。

ご覧いただきましてありがとうございます!

一週間後のピラカンサス

20160619pira-1.jpg
一週間前はピラカンサスの花がきれいに咲いていた。その記事はこちら

20160619pira-4.jpg
もう、実をつけようと

20160619pira-3.jpg
花は名残だけ

20160619pira-6.jpg

20160619pira-5.jpg

20160619pira-7.jpg

20160619pira-2.jpg
アスファルトの隙間から生える草も生命の強さを感じますね。^^

明日は、ピラカンサスの空き家に咲いていたバラ(?)の写真を見ていただけたらと思います。
ちなみに、今日の一枚目、ピラカンサスの奥に咲いているのがそうです。

ご覧いただきましてありがとうございます!

言えること

201600618alart-1.jpg
古びた彼が言えることは、『逃げろ!』だけ
普段は常に物静か
ただ、見守ってくれるだけ

ご覧いただきましてありがとうございます!

20160617akatuki-2.jpg
まだ暗い

20160617akatuki-4.jpg
闇が透け

20160617akatuki-1.jpg
薄れ

20160617akatuki-3.jpg
染まりだす

20160617akatuki-5.jpg
高きを照らし

20160617akatuki-6.jpg
低きを照らし

20160617akatuki-7.jpg
街が起きだす

20160617akatuki-8.jpg


ご覧いただきまして、ありがとうございます!

田畑

20160616ta-3.jpg
カモメを撮った日は

20160616ta-2.jpg
風が強く

20160616ta-1.jpg
稲も弄られていた

20160616ta-7.jpg
日の長くなった6月は4時ともなれば日が昇る

20160616ta-8.jpg
それでも風は弱まらずに吹き付けている

20160616ta-6.jpg
草ボウボウの道

20160616ta-5.jpg
きれいに整えられた畑の畝

20160616ta-4.jpg
平野部のここはさえぎる建物も少なく響きそう

20160616ta-9.jpg
そこかしこに重機が

ご覧いただきまして、ありがとうございます!



かもめ

20160615kamome-1.jpg
かもめはかもめ

20160615kamome-2.jpg
こんなところで羽を休め

20160615kamome-3.jpg
近づく前に一羽が飛び立つ

20160615kamome-4.jpg
もう一羽が見ている先は

20160615kamome-5.jpg
空なのか

20160615kamome-6.jpg
街なのか

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

モノ?

20160614sirokuro-1.jpg
とんび

20160614sirokuro-2.jpg
降りてくる

20160614sirokuro-3.jpg


20160614sirokuro-4.jpg
かもめ

20160614sirokuro-5.jpg
サイレン

20160614sirokuro-6.jpg
戯れる

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

続きを読む

イジりました

20160613sunae-2.jpg
今日はちょっと写真をイジってみました。
ちょっと歪んだまっすぐな道

20160613sunae-1.jpg
海を臨む明け方の空

いかがでしょう?
ちなみにイジッたといっても、アドビのライトルームの範囲だけです。フォトショップまでは使ってませんよ。
意外とイジれますね。^^

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

朝の鷺

20160612asasagi-1.jpg
朝日に照らされて...

20160612asasagi-2.jpg
ヒューと飛来!

20160612asasagi-3.jpg
今日も田んぼをパトロール!
害虫から稲を守る、鷺レンジャー!! (一羽だけど...)

今日の感想。
最近見た映画『しあわせのパン』(感想は後日)の外の風景は主に今日の写真のようなこんな露出。
よくないように見えて、その映像が雰囲気を作り出しているんですよね。
まあ、好き嫌いの個人差はあるでしょうけど。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

空と雲と緑と...

20160611sokkou-2.jpg
空と雲と緑と電柱と水と側溝の写真!
クッキリ写るとちょっとわかんないですよね。
少し、汚い手を使いましたけど。^^;

本当の写真は追記です。

続きを読む

写真を撮る

20160610tikabe-1.jpg
地を這う!

20160610tikabe-2.jpg
壁に張り付く!

そんな写真を撮ってみました。^^
意外と壁って、まっ平らってわけじゃないんですね。

今日の感想。
最近、外食づいているのか食べに行きたいお店がいっぱいある。
ブログのネタにはなるし、財布はますます軽くなるし、いいこと尽くめだ。orz
だが、ここにきて出不精症再発。
仕事以外で家を出られなくなっている。
困った、困った! ♪(/・ω・)/ ♪

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

世迷言

カーブミラーに惹かれる自分ですが、マンホールの蓋も意外と惹かれる。
そこで、一枚写して、このままではつまらないと加工してみた。
ところが、完成してみて思ったことはこれをどのタイミングで見ていただくのか?
いや、お蔵入りでしょう。
いや、せっかく撮ったのだし。
というせめぎあいの末、妄想話で見ていただくことにしました。
言い訳終了!!
では、ご覧ください。


通りすがりに、道で子供たちにマンホールの蓋がいじめられているのに行き会う。
さすがに蓋が外れたままでは逆に子供たちが危ないと、子供たちを諭し、マンホールの蓋を元に返してやる。

その夜。
ピンポ~ン!
(覗く)

20160609manhole-1.jpg
「夜分遅くにすみません、旅の者ですが、道に迷って難儀しています。どうか、一晩とめていただけないでしょうか?」

恐っ!
な~んてことあるわけないか!

今日の感想。
朝にコンビニによったら仲のいい店員さんがいました!
宝くじの話からよくあるバカ話。
「宝くじで1等当てたら、電脳高架橋さんにいい車、一台プレゼントしますよ。何がいいですか?」
あまり、車に興味のないので盛り上がりにかける「なんでも」と答えてしまう。
しかし、店員さんは不機嫌になることもなく「じゃあ、レクサスなんかどうですか?」と応じてくれる。
こういうところがこの人のいいところ。
「いいですねぇ。でも、維持費も高そうじゃないですか?」
「いろいろですけど、でもプレゼントするんだから10年分の維持費も責任もって払いますよぉ~」
「え~、いいんですかぁ~」
ちょっと、自分もノッてくる。
店員さん、雑誌コーナーの車情報誌で物色。
「これなんかどうですか?」
「ああ、いいですねぇ~」
「あっ、でも税金高いですねぇ。大丈夫ですか?」
『ああ、税金は維持費に入らないんだ...。』
「そりゃ、タダでもらってるわけですからねぇ、大丈夫ですよぉ~」

ご覧いただきましてありがとうございます。

孤独な旅人

20160608ahiru-1.jpg
アヒルの旅は、どこまでも続く。

20160608ahiru-2.jpg
んっ、ちょっと進んだ!?

今日の感想。
ここ数日、気温の低い、過ごしやすい日々だったのに、今日は朝すでに蒸し暑い。
まだ、エアコンに頼るのは早すぎるしぃ。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

放置プレイ?

20160607houti-1.jpg
放置プレイを放置せずに...

20160607houti-2.jpg
結局は...

20160607houti-3.jpg
ここに放置プレイ。

20160607houti-4.jpg
ヘンリー・ウォルター・ベイツに捧ぐ...。(意味不明?)

駐輪場に長期間放置されている自転車を、敷地内の別の草ボウボウの場所に移したという話でした。

ご覧いただきまして、ありがとうございました!

この花?

この花なんだと思います?

20160606ajisai-1.jpg
あじさいでした。^^
簡単でした?

ひっそりと咲いてました。

今日の感想。
植物の名前をゼロにちかいところからちょっとは覚えましたが、道端でよく見かけていて、皆さんのブログなんかで『ハルジオン』と紹介されていて、なんとなく洋名なんだろうなと思っていたが、『春紫苑』だったとは。そして、アメリカ原産...。

ご覧いただきましてありがとうございます。

速いねぇ~、スズメ!

20160605suzume-1.jpg
居るの。
ってか居たの。
ココ!

きっとね、写真外のすぐ右あたりで羽ばたいてるの。

えっ、はい...。
し、失敗写真です。^^;

コンビニの駐車場でした。
ここで今日の感想。
「コンビニで『さらにおいしくなりました』みたいなのがパッケージに印刷されていることがあるが、どこがさらにおいしくなったかわかった試しがないバカ舌な自分だが、ちょっと惹かれて買っちゃう。」

ご覧いただいたのに、すみません。<(_ _)>

ピラカンサス

20160604pira-2.jpg
ピラカンサスも咲いていました。

20160604pira-7.jpg
ここは空き家の庭。
失礼ながら、あまりに見事に咲いていたので撮らせていただきました。

20160604pira-1.jpg

20160604pira-4.jpg

20160604pira-6.jpg

20160604pira-5.jpg

20160604pira-3.jpg
写真を撮るようになってから、いままでよく通っていて目に入っていたのに気づかなかった花々に気づくようになりました。
見ているようで、ぜんぜん見ていなかったことに驚かされます。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。


やまぼうし

20160603yamabousi-2.jpg
街路樹のやまぼうしが咲いていました。

20160603yamabousi-1.jpg

20160603yamabousi-3.jpg

20160603yamabousi-5.jpg

20160603yamabousi-4.jpg

20160603yamabousi-7.jpg

20160603yamabousi-8.jpg

20160603yamabousi-9.jpg

20160603yamabousi-6.jpg
ご覧いただきまして、ありがとうございます!

追記は最新(6/2)の麦とリクエストにお答えして...です。


続きを読む

成長

20160602mugi-8.jpg
五月の頭に撮影した青い大麦。
同じところを通りかかると別の光景が。
そんな写真です。

20160602mugi-7.jpg
稲はこんな感じ。

20160602mugi-6.jpg
ちょっと成長?

20160602mugi-1.jpg
見えてきた!

20160602mugi-4.jpg

20160602mugi-3.jpg

20160602mugi-2.jpg
もうこんなです!
当たり前ですけど、成長が早いですね。

20160602mugi-5.jpg
いずれここも黄金色に...。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

あおいそら

20160525ayers-5.jpg

すべてが青く染まる時、雲だって青く染まるんだ
なんだって青く染まるんだ
澄んだ空気も青く染まり
気持ちも青い
黒い空も青く染まり
やがて赤く燃え
まぶしく輝く

ご覧いただきましてありがとうございます!