日本一?『亀鶴庵』で『日本一ヒレカツ定食』

20160729kikaku-13.jpg
今回はカツ丼が食べたいということで、『日本一』の看板を掲げるお蕎麦屋さんの『亀鶴庵』さんに行ってきました。
お蕎麦屋さんと丼物は切っても切れない仲ではあるのですが、こちらのお店は自分の中ではどちらかというとお蕎麦屋さんではなく、カツ丼屋さんという印象。
大学時代に先輩に連れて行かれたのが最初で、大学のころには何回か行ってました。
就職してからも1・2回は行っていたのですが、家が遠くなったこともありいつの間にか足が遠のきました。
けれど、インパクトはあるので今回ブログの記事にするにはいいのではないかと思い、久しぶりに行ってみました。

20160729kikaku-1.jpg
こちらが『DX(デラックス)カツ丼』。
一緒に行った友人が注文したものです。
味噌汁、お新香がついています。

20160729kikaku-2.jpg
カツ丼アップ。
なかなか大きいのが分かってもらえるでしょうか?

20160729kikaku-3.jpg
お肉も厚いですよ。
でも、たたいて繊維を切ってあるのでやわらか~です!
味付けはいわゆるカツ丼で目立ったところはありませんが、スタンダードでありながら基本どおりのしっかりした味付けなので、安心して食べられるおいしさ。
これがふとしたときに食べたくなったりするんですよね。
ご飯もがっつり盛られているので、これだけでお腹いっぱいの大満足です。
友人がお腹いっぱいになったというので一切れもらっちゃいましたからね。^^

20160729kikaku-4.jpg
そして、こちらが自分の注文した『日本一ヒレカツ定食』。
揚げるのに時間が15分かかるのでということで、それでもいいか聞かれます。
それはそうですよね、二列になってますがこれ一枚で揚げているんでしょうから。
厚みもあるので、低温でしっかり火を通さないといけないでしょうしね。

20160729kikaku-6.jpg
ご飯。

20160729kikaku-7.jpg
お新香。

20160729kikaku-8.jpg
冷奴。

20160729kikaku-5.jpg
お蕎麦。
正直、お蕎麦は自分の好みからするとやや不満です。
お蕎麦単体で食べたいと思うお蕎麦ではないです。
やはり、メインはカツあるいは海老天なのです!

20160729kikaku-12.jpg
からしはたっぷりで申し分ないのですが、キャベツ、レタスはもうちょっとほしいかなという感じ。
最近のカツのお店のキャベツお変わり自由が恋しくなりました。^^

20160729kikaku-9.jpg

20160729kikaku-10.jpg

20160729kikaku-11.jpg
ヒレカツ。
どうですか?厚いですよね。
これで8切れですから、結構なボリュームです。
こちらもしっかりたたいてあるのでやわらかいです。
でも、ヒレカツなのでさっぱりしていてぜんぜんもたれないのがいいです。

ただ、残念なのは皆さんにお見せしたかったのはこれではないのです。
そうです、最初に言ったようにカツ丼を食べに来たのです。
友人の頼んだ『DX』は大きさでいえば実はお店で2番手なのです。
もうひとつ、普通のカツ丼もあるのですが、デラックスより上の『日本一』があります。
こちらを皆さんに見ていただきたかったのですが、大分、足が遠のいていたうちに予約制になってしまったようでした。
それで、『日本一ヒレカツ定食』を頼んでみたのですが、自分としてはまだインパクトが足りないです。
まあ、そういってハードルを上げてしまうのも問題なのですが、もうちょっとインパクトがあるので次回は予約してカツ丼をごらんいただこうと思っています。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

スポンサーサイト



不思議と

20160700stock-3.jpg
長くなった日も徐々に短くなり始めました。
それでも、まだ十分に遅い日暮れに車で信号待ちをしていた。
人気は少なかったが、車窓からふと目に付いた人影があった。
車から離れるほうへと歩いている二人は、一人は老婆で、一人はその娘さんのようだった。
腰が曲がり、ゆっくりと一歩ずつあるいていく老婆に合わせるように娘さんもゆっくりと歩いていた。
なぜかはわからないけれど、満たされたような幸福感を感じた。

気温と湿度の上昇もまだまだこれからが本番、みなさま、お体を大切に。

続きを読む

理由が早口で、早口の理由

20160700stock-6.jpg
先日の意味わからんことを自分がのたまっているかのような記事に、いろいろとコメントをいただきましてありがとうございました。
なるほどと思うような意見で、近視眼な自分を再認識させていただきました。^^

そこで改めて考えると、自分は早口の傾向があります。
滑舌がいい方ではないから余計にタチが悪い。
もしかしたら、そこも理由のひとつなのかなと思ったりもしました。
原因がそこになかったとしても、自分で思う欠点は少しでも直したほうがいいと思ったりもするので、まずは早口になってしまう理由から考えよう。
理由として考えられるのはテンパリやすい性格なのが原因かも。
早く伝えなくてはという焦り。
言うべきことを整理できていないまま、話し始めるというのもあるかも。
整理できていないから伝えるために多くの言葉を必要として冗長になる。
あと、テレビの見方ね。
突然、飛んだ感じがしますが、これが一番大きいような気がします。
実は自分はHDDレコーダを買う際に画質がどうとか容量がどうとか言う前にまず大前提として要求する項目があります。
『早見機能』
最重要です。
できるなら、2倍近いものがあってほしい。
1.5倍ぐらいは欲しい。
でも、あまり重視されない機能らしく、今使っているのは1.3倍。
DVD、ブルーレイでもできるというのが購入ポイントでした。
CSは外付けHDDにチューナーの録画機能を使っているので早見機能なし。
これがもどかしい。
もっと、早く見たい。
まあ、昨今のアニメの場合、早口具合がかなりのレベルのアニメも多いので、早見でみたら追いつけないかもしれないけれど、慣れると早見機能に脳が追いつくので、普通に見ているのと感覚は変わらない。
ただ、その速度を通常と考えてしまうので、自分自身が話すのですら遅く感じて、より早く話そうとするのだが、アナウンサーでもなく話す訓練をしているわけでもない自分では、自分の思う速度ではカミカミになってしまう。
これまた非常にもどかしくて仕方がない。
そんなわけで、早口になってしまっているような気がする。
なんにせよ、もっと余裕を持って生活していかなければいけないなぁと思った今日この頃。
あっ、個人的過ぎる話ですみません。^^;

ご覧いただきましてありがとうございます。

散発散髪

20160728kong-1.jpg
髪が伸びてくると、前髪が目にかかる。
これが鬱陶しくてたまらない。
しかし、散髪に行くのも億劫だ。
このせめぎあいがしばらく続いて鬱陶しさが億劫さにようやくで勝ると散髪に行く。
それが昨日。
おかげでスッキリ~。

比較的、話しかけられない散髪屋を贔屓にするわけなんですが、それでも終始無言で切ってくれる人は少ない。
やっぱり、気を遣ってくれるのだ。
昨日得た散髪屋情報によると、その散髪屋の前の道路で、早速、ポケモンGO事故が起こったらしい。
車列が信号で停止中に、ポケモンGO!!
上体を動かしているうちに、ブレーキペダルの踏みが甘くなり、車もGO!!
前の車にGOOOOON!!らしい。
そこまで詳しい状況を散髪屋は見ているだけでは入ってこないだろうから、常連さんやご近所さんネットワークなのかな?

いや、やってるほうは好きにすればいいけどね、巻き込まれたほうがかわいそうなんだよね。
ポケモンGOやっていて飛び出してきた人を轢いても無罪放免ならいいんだけどね。
そういうわけにもいかんでしょうし。
困るよね。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

エアーズロック-1(ワン)

20160727one-1.jpg
この日は、ちょっと前に気づいてから行こう行こうと思っていた弁当屋さん『ONE』に行ってきました!

20160727one-3.jpg
この住宅地にあるお弁当屋さん。
駐車場もないし、チェーン店でもない。
ただ、『お肉専門の弁当屋さん』だそうです。
それも気になりますが、自分が気になったのはそこではありません。

20160727one-2.jpg
気になったのはここ!
この看板の絵です。
以前に見たことのある絵なのです。
以前にブログにも書いたのですが、『エアーズロック』というステーキハウスの看板に使われている絵柄なのです。
そのときの記事はこちらです。
いろいろなお弁当が並んでいましたが、お肉専門というだけあって、ポークステーキ弁当や、から揚げ弁当、チーズささみフライ弁当、酢豚弁当などお肉メインの弁当がたくさんありました。ほとんどが500円(税別)か600円弱とお肉たっぷりの割にはお安い価格設定。
特にボークステーキ弁当は豚ロースの分厚いお肉がでーんと入って500円だったと思います。
酢豚弁当もほかの具材が申し訳なさげなほどお肉メインの酢豚でしたよ。
でも、やはりせっかくきたのでオススメのステーキ弁当1000円(税別)を買いました。
しゅ、出費が...。^^;

20160727one-4.jpg
こちらがステーキ弁当。
ちょっと、さびしい感じもしますね。

20160727one-7.jpg
ご飯は無料で大盛にできるそうなので、当然してもらいました。^^
おいしいご飯でしたよ。

20160727one-6.jpg

20160727one-8.jpg
ポテサラもついています。
手作り感のあるポテサラでした。

20160727one-5.jpg
そして、メインのステーキ。
お弁当ということもあって箸でも食べやすくたたいてやわらかくしたお肉のようでした。
いいお肉なのだと思います。
肉自体はおいしいのですが、たたいて繊維を崩してあるので肉汁は抜け切ってジューシーとはちょっと言い難いです。
ステーキ弁当というのであれば切ってあるわけですから、ブロックのまま食べたかったですね。
肉が上等なのでお店としては1000円でもリーズナブルでしょ?っと言う感じでしたが、バカ舌にはたたいて肉汁の出切ったお肉が上質かどうか判断つかないので、正直、高い印象でした。
ブロック感のあるポークステーキ弁当の方にすればよかったと、ちょっと後悔しました。

そして、やはり思ったとおり、店内にはエアーズロックのライターやお店の名刺みたいなもの、さらに現在行っているらしい、800gのステーキ3枚を60分以内に食べたら無料のチャレンジ広告などもあったので、同系列のお弁当屋さんみたいですね。
チャレンジは失敗すると罰金2万円らしいので、挑戦しようと思っている方はご注意ください。

お弁当屋さんとしては店内がアメリカンな雰囲気作りに気を使うあまり、お弁当のアピール度が低く、選びにくかったです。
作り置きのお弁当もあり、待たずに買えるというメリットがある反面、あったかいお弁当をというスタイルからはちょっとずれてしまうのかもしれません。
でも、ご飯大盛の件から察すると、時間は少しかかるけれど、作り置きがあるお弁当でも待てば別にあったかいものを作ってくれるのかもしれません。
値段も高くはないけれど、驚くほど安くもないので顧客吸引力が高いとも思えませんでした。
でも、気にかかっていたことがすっきりしたのでよかったです。

ご覧いただきましてありがとうございます。

ショック!

20160400yuuhiboke-1.jpg
職場で最近言われたショックな一言。

「いやぁ、電脳高架橋さんの言っていることがわかるのは俺ぐらいですからね!」

そ、そんな、訳わからないことを、普段からのたまっているのだろうか...自分。

皆さん、ご迷惑をおかけしております...。

不足しているのかぁ?

20160700stock-8.jpg
この間、スーパーで見かけて飲みたくなったので、かなり久しぶりに野菜ジュースを買って帰った。
そのことを思い出して、冷蔵庫から取り出す。
一杯だけ飲もうと思ったのに...。
気づけば約一リットルがどこかに消えていた。
あっという間に。
飲んだ感はあるのだが、記憶にないぐらいの認識。
恐ろしい。
野菜が不足しているんだろうか?
不足しているとして、この状況はよっぼどだろう。
ということで、二本追加で買ってきたった!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

『味噌三礎』再訪、『味噌冷やし麺』

味噌にこだわったラーメン屋さん『味噌三礎』さんを再訪しました。
今回は前回気になった中でも夏季限定、一日15食限定のメニュー『味噌冷やし麺』にトライしました。
前回の記事はこちら

20160721misoagain.jpg
この日は残念ながら、パラパラと雨が落ちてくるお天気。

20160721misoagain-2.jpg
いきなりですがこちらが、『味噌冷やし麺』。

20160721misoagain-3.jpg

20160721misoagain-4.jpg
ねぎ、小ねぎ、紅しょうが

20160721misoagain-5.jpg
チャーシュー、水菜

20160721misoagain-6.jpg
もやし、キャベツ

20160721misoagain-7.jpg
メンマなどがトッピングされています。

20160721misoagain-9.jpg
お店の方曰く、よく混ぜて食べてくださいとのことだったので、混ぜてみました。

20160721misoagain-8.jpg
感想としては、冷やし中華ベースで味噌をうまくアクセントに使った味という印象でした。
ちょっと酸味もあるし、からしを入れてもあうと思います。
また、ゆでた麺を冷水でしめているので歯ごたえが強力で個人的には好きでした。
ただ、人によっては固いと感じる人もいると思うのでここは好みになるかと思います。
でも、なかなかおいしかったです。
ただ、全体としては練り上げ方が足りないかなと思いました。
ちょっと考えて作ってみたという仕上がりかなあという印象。
麺が固いのもそうですが、チャーシューが最悪です。
しっかりとした脂身があるチャーシューであり、ゼラチン質のみになるほどとろとろにしているわけでもないので、冷やすとゴリゴリとした固くぬるっとした食感の脂身を食べることになります。
これであれば、冷やし中華の発展系なのですから薄切りのハムで十分です。
そして、錦糸玉子も入っていたほうがおいしいかも。
針唐辛子では弱いので、もうちょっと辛味をつけるのもいいかもしれません。
ラー油で自分で味付けしてもよかったのかもしれませんが。
おもしろくおいしい味付けだったので、だからこそそこがちょっと残念な感じがしました。

ご覧いただきましてありがとうございます。

遅そまきながらアジサイとモントブレチア

ラージャン麺で汗をかいたので、どうせシャワーを浴びるならと近所をぶらぶら。
アジサイとモントブレチアが咲いていました。

20160718ajimont-1.jpg
花が脇役、葉っぱメインのアジサイ。
意外とアジサイの葉っぱの感じが好きなんです。^^

20160718add-1.jpg
でも、花も。

20160718ajimont-2.jpg
モントブレチアさん。

20160718ajimont-3.jpg
こちらもまっすぐな葉っぱがわさ~っとのびてるのがイイッ!

ファインダーを覗きすぎて、液晶画面におっさん脂がついておりました。
シャワーを浴びて、身を清めてからきれいにお掃除させていただきました。
そんな報告いらないってね。^^;

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

続きを読む

『ジャンヌダルク フィスエペール』でパンを買った!

20160722pan-14.jpg
パンが急に食べたくなって、薬師堂の近くにある評判のパン屋さん『ジャンヌダルク フィスエペール』に行ってきました。
名前からすると、親子二代でやっているってことなんですかね?

20160722pan.jpg
緑の建物がパン屋さん。
で、信号の奥に見えるのが薬師堂です。

20160722pan-3.jpg

20160722pan-2.jpg
花に囲まれていて、入りやすい店構えです。

20160722pan-4.jpg
買ってきたのがこの5点ともう1点。
プラス1点はあとでのご紹介です。
手前のがキャラメルナッツレザン、その後ろがクリームホーン、左がクロワッサン、右がクロックムッシュ、奥が檸檬パンだったと思います。

20160722pan-5.jpg
ナッツ、ドライフルーツがどっさり入って食べるそばからこぼれ落ちそうになります。
キャラメル味としっかりとした生地があいまっておいしい。
かといってべたっとした甘さではないので飽きない味です。

20160722pan-6.jpg
クリームホーンは、もちろんお買い上げで持っていったときに初めて中にクリームを入れてくれます。
なので、生地のサクサクさは抜群です!

20160722pan-7.jpg
クロワッサンは外側はパリパリ。
でも、中までパリパリのクロワッサンではなく、もっちりとした食べ応えのあるタイプのクロワッサンです。
しょっぱさ感じさせない程度でありながら生地の甘みを最大限に引き出してくれるような塩加減がおいしかったです。

20160722pan-8.jpg
檸檬パンは外側はしっとりとしたメロンパンのような生地に、中に檸檬クリームが入っています。
クリーム感たっぷりながらも香料ではない本物の檸檬の味と酸味が広がるクリームは暑い季節にぴったりでした。

20160722pan-13.jpg
クロックムッシュはパンも厚みがあって食べ応え抜群。
ただ、もうちょっと薄いほうがパン・チーズ・ベシャメルのバランスがよかったかなと思います。

20160722pan-9.jpg
で、最後の1品は桃のコンポートデニッシュ。

20160722pan-11.jpg
つややかな桃のコンポート。

20160722pan-12.jpg
さくさくのデニッシュにのった桃のコンポートは甘さが抑えられていて、生の桃の味を損なわない程度に作られていて、桃の味を楽しめるおいしさ。

全体的に生地自体はしっかりとしていて、食べ応えもあるのに甘さや塩加減を抑えてあるので食べやすく、そのおいしさもあってついつい食べ過ぎてしまうかも。
6個は買いすぎかなと思いましたが、あっという間に食べられましたが、やっぱり食べ過ぎたと後悔しました。^^
でも、さすが評判どおりのおいしいパン屋さんでした。

ご覧いただきましてありがとうございます。

今日の空

20160720yks-7.jpg
梅雨が明けようと明けまいと、晴れてくれればそれでいいんですよね。
雨が降らなくても困るのだけれど。

20160720yks-9.jpg
あるのは雲の写真だけだけど、よかったら見てやってください。

20160720yks-8.jpg

20160720yks-4.jpg

20160720yks-3.jpg

20160720yks-6.jpg

20160720yks-5.jpg

20160720yks-2.jpg
ホワイトバランス間違えた~。^^

20160720yks.jpg
夕焼け風でお別れです。

ご覧いただきましてありがとうございます。


つられUFO

この前、『日清焼きそば UFO』を食べたという話を聞いたとたんに食べたくなって、コンビニへ走る。
で、あったUFOを二つとも購入。

20160419ufo-1.jpg
これとこれ。
オーソドックスなやつと、カレー焼きそば。

20160419ufo-3.jpg
開ける。
湯を入れる。
湯を捨てる。

20160419ufo-5.jpg
オーソドックス、完成。

20160419ufo-6.jpg
アップ。

20160419ufo-7.jpg
カレー焼きそば、完成。

20160419ufo-8.jpg
アップ。

20160419ufo-9.jpg
オーソドックス、食す。

20160419ufo-10.jpg
カレー焼きそば、食す。
カレーのスパイシーさはそのままに、辛さは感じられる程度で抑えてあるのが逆においしい。
カレーマヨもなかなか。

20160419ufo-11.jpg
残す。
うーん?

20160419ufo-12.jpg
投入!

20160419ufo-13.jpg
混ぜる。(ぺヤングで同じようなのあったし、大丈夫でしょう)

20160419ufo-14.jpg
完食!
うーん、べつべつの方がおいしいかも。
なんだかよくわからないどっちつかずの味になってしまった。
辛さがある分、ペヤングの方が混ぜて食べたときによかったような記憶。
でも、おいしかったです!

ご覧いただきましてありがとうございます。

ふたたび『東京屋』さんで今度は『みそラージャン麺』

今回は、再び『東京屋』さんで『みそラージャン麺』をいただきます。
前回の『東京屋』さんの記事はこちら

今回、みそラージャン麺を食べるにあたり、『ラージャン麺』とは何ぞやということでネットで検索してみましたが、ラージャン麺の定義はさらっと見た感じでは見つかりませんでした。
寄せ集めた情報から推察した(自分が勝手に考えた)ところでは、ラージャン麺は『辣醤麺』と書くようです。
『醤(ジャン)』と日本で言うところの『味噌』みたいなもので、中華料理ではさまざまな醤が使われますよね。
メジャーなところでは豆板醤、甜麺醤、XO醤、豆鼓醤などさまざまです。
『辣醤(ラージャン)』も同様と思われます。(決してどこかのゲームの暴れ猿ではありません)
で、『辣』は字自体にも『辛』の文字も入っていますし、『辣油(ラー油)』などにも使われているので、辛いこと自体か唐辛子が入っていることを示すのではないかと思います。
実際、普通の『ラージャン麺』のビジュアルは澄んだスープの表面を真っ赤なラー油が覆っているようです。
ちなみに、この普通のラージャン麺は日本では函館でポピュラーらしいです。
お店でもメニューに入れているところが多いらしく、認知度も高いようです。
商品としてあるラージャン麺の中には原料に『四川風唐辛子みそ』と表記されているものがあったので、四川料理が発祥なのかもしれませんが、実際のところはわかりませんでした。すみません。

それでは本題、『みそラージャン麺』です。

20160717tokyoagain-7349.jpg
...の前にテーブルメニュー。

20160717tokyoagain-7353.jpg
こちらがラージャン麺!

20160717tokyoagain-7358.jpg
てっぺんには極太メンマさんが鎮座されております。

20160717tokyoagain-7356.jpg
その下にはもやし、たまねぎ、キャベツを炒めたものが盛ってあります。

20160717tokyoagain-7356.jpg
かかっているのは小ねぎ、つぶごま、すりごま、唐辛子を粉状につぶしたものだと思います。

20160717tokyoagain-7361.jpg
もやしも、キャベツもシャキシャキさを失わない程度にいためられていて、しっかりとしたコクのある味噌の味とよくあっているんです。

20160717tokyoagain-7363.jpg
麺も前回の『東京(えど)ブラック』のものとは違い、ちょっと太く、縮れています。
食感ももっちりとしていて弾力があり、前の麺とは違ったコシがあって味噌ラーメンによくあう麺です。
辛味はかなり感じられますが、よほど弱い人でなければ心地よい辛さだとおもいます。
熱々ですが、一気に食べてしまうほど止まらなくなります。
みそラージャン麺はかなりおいしかったです!

ご覧いただきましてありがとうございます!

『水芭蕉』さんで『辛味大根ざる』

20160714mizubasho-7314.jpg
今回は、『水芭蕉』さんで『辛味大根ざる』をいただきます。
こちらのお蕎麦屋さんは見かけて飛び込みです。^^
夏場にそばを食べることは少ないのですが、気になったので入ってみることに。

20160714mizubasho-7302.jpg
真新しく、開店してそれほど経っていないのかもしれません。
なかはカウンター、小上がり、テーブル席とそろっていて、昼食などは複数人数の来店はテーブルから、希望の方は小上がり、夜の一人飲みなんかはカウンターと受け入れる幅が広そうでした。

20160714mizubasho-7297.jpg
楽天の募金箱、そして写真のベガッタ君(ベガルタ仙台のマスコット(好きな食べ物『ホヤ』))がいたりと、地元チームを応援するお店でした。

20160714mizubasho-7298.jpg

20160714mizubasho-7296.jpg
もちろん、そば茶。
おいしいですよね。
夏場も香ばしくてすっと飲めます。
しかも、冷たいそば茶。

20160714mizubasho-7300.jpg
メニュー1

20160714mizubasho-7299.jpg
メニュー2
メニューが豊富で、堅苦しくない感じもいいですよね。
野菜天丼とか、ミニ天丼なんかがあるのがうれしいです。

20160714mizubasho-7305.jpg
こちらが注文した『辛味大根ざる』(大盛です)。

20160714mizubasho-7306.jpg
ネギ

20160714mizubasho-7308.jpg
辛味大根のおろし
しっかりとした辛味がつゆに溶かしてもしっかりと口に広がって、蕎麦をきりりと締めてくれるようでおいしかったです。

20160714mizubasho-7312.jpg
つゆ
少し薄いかと思える色ですが、しっかりとしただしの味と絶妙な塩梅で見事な脇役ぶりでした。

20160714mizubasho-7309.jpg
香の物

20160714mizubasho-7307.jpg
お蕎麦
細やかなすっきりとしたそばで、喉越しがよく、蕎麦の香りが口の中にゆっくりと広がるお蕎麦。
正午前に入店しましたが、正午を過ぎると続々とお客さんが入ってきて、すぐ満席になりそうでした。
さもありなんなお蕎麦でした。

ご覧いただきましてありがとうございます。


暑いの嫌い、でも、青空は見たい

20160715wipe-1.jpg
あっつそうだなぁ~。
そう思いながら、晴れを待ち望んでいる。
うん、『外が快晴で、自分は涼しい日陰で』が理想。

ご覧いただきましてありがとうございます。

 『東京屋』さんで『東京ブラック』

20160713edoya-7295.jpg
今回は、『中華そば 東京屋』さんで『東京(えど)ブラック』をいただきます。
富山ブラックみたいな感じをイメージして食べに行って見ましたよ。^^
こちらがお店。

20160713edoya-7294.jpg
店内。

20160713edoya-7292.jpg
ボケてしまったメニュー1。
すみません。

20160713edoya-7293.jpg
じゃっかん怪しいメニュー2。
鮭バターめしが見えます。
明らかにおいしそうです。^^

20160713edoya-7291.jpg
カウンター上。
酢、ラー油、こしょうは白と黒の両方があります。

20160713edoya-7276.jpg
東京ブラック!!
想像していたよりも黒くなかったです。

20160713edoya-7280.jpg
中央には三つ葉。

20160713edoya-7281.jpg
ちょっと隠れ気味の煮玉子。
濃厚な黄身でおいしかったです。

20160713edoya-7283.jpg
豚のチャーシュー。
味としてはあっさり系のチャーシューですね。

20160713edoya-7282.jpg
鶏ももチャーシュー。
二種類がのっています。
こちらもあっさり。

20160713edoya-7285.jpg
こちらも太いメンマ。
でも、やわらかめなのでいい感じ!

20160713edoya-7289.jpg
海苔と魚粉。

20160713edoya-7290.jpg
麺は中太のストレート麺。
ちなみに、メンマのあたりにかかっているブラックペッパーは自分がかけたものではありません。
デフォルトでかかっています。

食べた印象としては、真面目でおいしいつくりのラーメンだと思うのですが、自分としてはひとつ気になってしまいました。
ひとつは、このときたまたまなのか、自分の体調でそのクセを強く感じてしまったのか、浮いている脂が酸化した油のようないやなクセを感じてしまったこと。
他がおいしかっただけに、どうにも気になってしようがなかったです。

富山ブラックなんかから考えるともうちょっとスパイシーな味かなと思っていましたが、甘みもあり、控えめな濃厚醤油味も味わえておいしかったです。
スパイシー感は、コショウ追加で自分好みにできますしね。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。


暑くてイライラ?

20160712akyu-1.jpg
ここんところ暑いですね。
暑いというより湿度が高い!
こうなるとなんとなく人間、理由もなくイライラしてくるもので、緩衝材でもつぶしてイライラでも発散しましょうか?
少しでも涼しくなってもらおうと、涼しげな写真と思ったのに、明らかに失敗してますね。^^
今年の2月に雪深い秋保大滝に行ったときの一枚です。

昨日は友人とほっともっとでガパオランチとシャレこんだのですが、二人ともガパオライスを注文だから早い早い。
でも、注文が終わって出来上がるのを待つ間ガパオと同じく大きくポスターが貼られているビビンバ丼にひかれる。
皆さんも注文して終わってから、隣のお客さんの食べてるものとか食べたくなったりします?

それはさておき、待ち時間に50代前半ぐらいのお客さん来店。
ファックスかネット予約だったらしく、カウンター後ろの隅においてある物を指している。
その後のやりとりはよく聞こえなかったが、最初から温和な感じではなかったお客さんの語気がさらに荒くなって、最後に『...名前言うんじゃねぇ! バカヤロウが!!』と怒って帰っていった。
店員さんは「申し訳ありません。かしこまりました」と丁寧に応対していた。

やっぱり、暑くてイライラしてたんでしょうかね?
お弁当買うぐらいでそこまでキレなくてもと思いましたが、何があったのかはわからないですからね。

その後、ガパオライス登場。
持ち帰り、友人の家で昼飯...違ったランチ、ランチ!
ナンプラーをかけ、レモンを絞って食べ始める。
いつもより、味が濃く、スパイシーな気がしていた。

すると、友人が「あれ? ガパオって玉子入ってなかったっけ?」とつぶやく。
「あっ、そうだ! (これには)玉子入ってねえ!」
「どおりでスパイシーだなと思っていたんだよな」
どうやら、友人も同じように思って気づいたらしい。

「どうする? クレーム入れる?」
まだ、ほとんど手がついていないようなガパオライスを見ながら、友人が聞いてきた。
「うーん」
2/3以上食べてしまったガパオライスを見ながら、悩む自分。

結論
「いい(いらない)ね!」(自分)
「だよね」(友人)
「玉子ない方がスパイシーでうまいよね」(友人)
「俺も思った!」(自分)
「今度から『玉子なし』で頼んだらちょっと安くなんねえかなぁ」(友人)
「俺も思った!」(自分)

「うまいよねぇ!」(アホ二人)

アホの言うことに騙されてみたい方は、『玉子なし』を注文してみてくださいね。
ちなみに、普通に注文して玉子を崩さずに食べてみる方が明らかに賢いやり方です。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

購入する

写真を撮りためていくと整理してもやはり増えてくるもので、そんなに高いものでもないし外付けのハードディスク購入。
注文して次の日には到着。
早いね!
でも、こうしてサービスが向上するのはいいことだけど、欲望には際限がないからより早くを求めすぎて労働環境が悪くなるのはどうかなとも思う。
自分としては人間適度なところで妥協しているぐらいが丁度いい。
1週間ぐらい待ったってこっちはかまわないけどね。
まあ、『林の中の象のように』とはいかないだろうけどね。

20160406syasou-1.jpg
で、購入先はノジマオンライン。
150ポイントの期間限定サービスポイントをもらっていたので、使わせてもらった。
思う壺とも言えるが、欲しかったものだしね。

20160406syasou-2.jpg
通販あるある。
箱の占有率は商品よりも緩衝材のほうがぜんぜん多い。
そして、外からの衝撃という意味では中央でないというのは緩衝材の意味半減。
でも、プラス料金でしっかり梱包してくれるサービスがあることを考えれば、ケチにはこれぐらいで丁度いい。^^

20160406syasou-3.jpg
商品、お写真!

20160406syasou-4.jpg
実もの、お写真!

無事、動いてくれております。
ケチにはありがたい限りですね。

いやあ、自民支持は相変わらず多いのですね。
ほかに支持にたる政党がないということなのかもしれませんが。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

昨日から今日

20160710sleep-1.jpg
今日は参議院選挙。
人事を尽くして投票に臨むため(別に立候補しているわけではありませんが)に、昨日は帰るなりパソコンの電源を入れ、テレビをつけ、寝落ち。
7時から20時までの13時間爆睡して体調を万全にして投票に臨みました!
まあ、『寝落ち』といってる時点で、意図的にしているわけではないのがバレバレですが。
そして、つけっぱなしのテレビとログイン画面で13時間のパソコンの電気代がもったいない限りです。

しかし、ちょっとずつ溜まっていた睡眠不足が解消されたので、スッキリした頭で行ってまいりましたよ。
思うところはあっても、投票は人それぞれ、しないのも権利。
義務っぽい感じで訴える人もいますが、投票せずに政治に文句いったってそれはその人の権利なのではないかなと思います。
そういう人の意見を相手にしないのも人の権利というわけで、こうあるべきみたいな事は言わないですし、聞きたい人もいない。

まあ、記入用のえんぴつをパクろうとして注意はされましたが。
これは恣意ではないですよ。
選挙結果はどういうことになるんでしょうね。
事前の調査や予想のいろいろですからね。

自公が参院でも3分の2を占めるのか、過半数程度で済むのか。
ひっくり返るとかはないだろうな。
有権者の対象年齢引き下げられたことで、投票率は上がるのか下がるのか。
でも、今回は注目度が高いのでそれに関係なく上がるんだろうな。

自分ひとりの意見で結果が変わるわけではないから、ある意味では投票したら他人事なところがありますね。
さあ、一仕事終えたところで寝るかな!

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

こっちこっち!

20160708seven-1.jpg
今日は某コンビニエンスストアでの出来事を書きたいと思います。
とりあえず、そのコンビニでは事前にお金をチャージ(入金)して支払いに使えるnanaco(ナナコ)カードなるものがあります。
会計時にはお金を出さずにカードをかざすだけで支払いが済んでしまい、そのカードで支払うとポイントも貯まるというお得なカード。
どのコンビニでもこの手のカードがあるし、使うお客さんも多くなっている。
そして、今回の話に登場するコンビニは会計用のレジスターが3台ある。
店員さんは二人。
時間は早朝、とはいえ、お客さんがチラホラと増えてくる時間帯。
自分を含む二・三人のお客さんが店内で買うものを物色している。
そこに、工事関係と思われるバンに同乗した四~五名の団体さんは入ってきて、急に店内が混みだした時のこと。

店員さんは一人がレジにいて、会計をしている。
もう一人は店外の掃除などをしていたりして、カウンター内にいなかった。
ほどなくレジに三~四人が列を作り出した。
すると、それに気づいたもう一人の店員さんもすばやくカウンターに入ってレジ業務をする。

カウンター内への入り口はカウンター中央にある。
ちなみにレジスター三台の配置は、そこを境にお客さんから見て左に二台が隣りあってならんでいて、右には一台だけ離れてある。
通常は、離れているほうのレジを開けるのだが、レジ内のお金を数えているのかなんなのかそちらが使えないらしく、後から入ってきた店員さんは隣り合ったレジをあけた。

細かな配置としては左にレジの機械があってそのすぐ右のカウンターに会計する商品を置くスペースがある形。
だから二つの隣り合ったレジは左から一台目のレジの機械、スペース、二台目のレジの機械、スペースとなっている。
つまり、一番左のレジのスペースは二台のレジに挟まれるようにスペースがある。

混みだしたレジに自分も並ぶと、自分のすぐ前に作業着らしきものを着た、工事関係者らしい60代以上の年齢の気のよさそうな男性が列に並んでいた。
スムーズな会計で、一人終わり、二人終わりして、男性の番が来た。
男性が会計をするレジは二つのレジの機械にはさまれた形になる左側のレジ。
男性の買い物はシンプルでお茶と雁月ひとつだけだった。
すぐにスキャンが終わって、店員さんが合計金額を読み上げた。
そのとき、男性の後ろで待っていた自分に隣のレジから声がかかったので、隣のレジに移動してカウンターに3点ぐらいの商品を置いた。
耳には横の男性の「ナナコカードで」という声が聞こえてきた。
ついで、店員さんの「では、カードのほうをお願いします」という店員さんの声が聞こえてくる。
「はいよっ!」と男性の声。
次の瞬間、自分の前に男性がやや割り込んでくる形になった。
一瞬、なにがおこったのかわからなかったが、男性の会計をしていた店員さんの「す、すみません、こちらの方にかざしていただけますか」という声で理解した。
男性は利き手側で近かった自分が会計をしてもらっているレジのカードをかざす場所に、男性のナナコカードをかざしていたのだった。
男性は店員に言われて、「おおっ、そっちかぁ。間違っちゃったなぁ」と素直に応じていたので、雰囲気が悪くなることもなく、むしろ和やかムードに。
ただ、その男性以外のその場にいた三人(自分も含む)は、瞬間、度肝を抜かれたので、あの時、『爆笑しそうなるのをこらえる同盟』になっていたと思う。

何事もなかったかのように、颯爽と帰っていく男性を見送りながら、クジを引いた自分はまたもコーヒーを引き当てた。
まったく、コーヒーは飲まないといっているのに...と言いながら、当たったらしっかり飲むんだけど。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

蝶と今年初

20160707ageha-1.jpg
青空を撮った日、そして、ミラーを撮った日に何かないかと歩いているとアゲハチョウが飛んでいました。
終始、花から花へと飛び回っているので、きっちりお姿を収めるにはシャッタースピードが大事。(遅いと羽がボケちゃいますからね)

20160707ageha-2.jpg
しかし、夏も近づき日差しが強くなってきたので陰が濃くなっています。
実際はこの写真の明るさ。
仕方なく感度を上げてシャッタースピードを稼ぎました。
だから、ノイズ出まくりで、トリミングしてもきれいに見えません。
ちょっと小さいですが、ご覧いただければうれしいです。

20160707ageha-4.jpg
珍しくはないですけど、アゲハチョウはきれいだなと思います。

20160707ageha-3.jpg
近くで見ると顔とか口とか恐かったりもしますけどね。^^

20160707ageha-5.jpg
これが十何枚撮影した中で一番大きく写っている写真でした。

20160707ageha-6.jpg
アゲハチョウに逃げられ、さらに進んだ先にはひまわりが咲いていました。
今年初めてのひまわり。
この日の強い日差しで見るひまわりは『夏だなぁ』と感じさせてくれました。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

思うに任せぬ

20160705mirror-6.jpg
とある場所のとあるカーブミラー。
正式なものではなく、私道用に設置されている簡易的なちっさい(小さい)ミラーなのですが、風にそよいでいました。

20160705mirror1-4.jpg
気持ちよさそうですね。

20160705mirror-5.jpg
いろんなところを見れるが、肝心のところが見れるかは風とミラーのご機嫌次第。
思うに任せぬ、歯がゆいミラーでしょうか。
まあ、直さないということは誰も使ってないのかもしれませんけどね。^^

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

『拉麺 勇気』さんで『海老酸辣湯麺』!

20160704yuuki-6.jpg
個人的に夏バテにききそうなラーメンを食べようと思い、今回は『酸辣湯麺』を食べに行きました!
その『酸辣湯麺』が評判のお店、『拉麺 勇気』さんです。
店内はワンピースグッズがところ狭しと並んでいました。
前もそんな店ありましたね。
ラーメンとワンピースは意外に相性がいいのでしょうか?
写真を撮りたかったのですが、店長さんらしき方がイッショウさんのような風格の持ち主だったので、気後れしてしまいました。
でも、実はとてもいい人そうでした。

20160704yuuki-5.jpg
こちらも券売機で先に食券を購入するシステム。
今回注文した『海老(えび)』以外にも『咖喱(カレー)』、『激辛』、『山葵(わさび)』、『大蒜(にんにく)』、『芥子(からし)』と多彩な『酸辣湯麺』があります。
どれもおいしそう。
普通のラーメンもあります。

20160704yuuki-1.jpg
こちらが『海老酸辣湯麺』です。
海老が飾られているわけではないですが、食べるとぐわっと海老の風味が襲ってきます。^^
『酸辣湯麺』としてはマイルドでそんなに酸っぱさは感じませんが、酢の味はしてしっかりと『酸辣湯麺』です。
苦手な人のために酢は控えめらしいです。

20160704yuuki-2.jpg
でも、辛味もあって熱々でおいしいです。
具はねぎ、ひき肉、溶き卵、きくらげ、しいたけ、もやし、ニラなどが入っているようです。

20160704yuuki-4.jpg
麺はストレートの細麺で、あんかけがよく絡まっておいしいんです!
でも、もっと酢の味や酸味がお好みの方には...

20160704yuuki-3.jpg
卓上に『穀物酢、米黒酢、香酢』が用意されているのでお好みで自由に調整ができます。
ブレンドしてみるのもいいかもしれませんね。
自分は香酢をたっぷりかけて食べました。
汗をかき、ふうふういいながら食べましたがおいしい。
食後、外に出たときに風が涼しかったです。^^

これまた元気が出る酸辣湯麺でした!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

仙台といえば辛みそ! 『味噌三礎』

20160703misomiso-22.jpg
今回は辛みそラーメンが食べたいということで、その名も『味噌三礎(みそみそ)』さんで辛みそラーメンをいただきたいと思います。

20160703misomiso-21.jpg
こちらがお店。
今回は写真が多くなってしまったのでちっちゃい写真でお届けしようと思います。

20160703misomiso-20.jpg
店に入る前に食券を買うシステムです。左に見えるのが店内への扉で、右の焼き鳥の持ち帰りでもできそうなところに券売機があります。

20160703misomiso-18.jpg
おメニュー&券売機!
今回は写真が小さいので見えないと思いますが、基本的には下の写真のように基準となる3種の味噌があります。(だから味噌三礎ね)

20160703misomiso-19.jpg
白味噌、辛味噌、黒味噌の3種類。
白味噌がスタンダードで食べやすく、味噌の甘み、コクなんかもバランスいい感じでしょうか。
辛味噌は仙台といえば辛味噌と言われる、味噌に辛味を加えた味。
夏場でも食がすすみます!
黒味噌は『超熟成』された黒味噌らしく、濃厚なコクと味を味わえるようです。写真では見えないと思いますが、下に沈んだ挽肉を掬い上げ絡めて食べるとそのまま食べたときとは違った味が楽しめるそうです。
あとは、トッピングで味玉を入れるか、もしくはそれ以外の具も増量する『得々』があるようです。

20160703misomiso-4.jpg
店内にも三礎ありましたよ。

20160703misomiso-9.jpg
入り口付近

20160703misomiso-10.jpg

20160703misomiso-1.jpg

20160703misomiso-5.jpg

20160703misomiso-6.jpg

20160703misomiso-2.jpg

20160703misomiso-3.jpg
注文後、キョロキョロしながら待ってぇ

20160703misomiso-11.jpg
きましたっ!
今回注文したのは辛みその『得々』です。だから、味玉も入っています。^^

20160703misomiso-13.jpg
ねぎは2種類のネギの輪切りと細切り、そこに揚げ玉、針唐辛子が飾ってあります。
下にはモヤシやキャベツなどがあります。

20160703misomiso-14.jpg
周りにはチャーシュー、極太のメンマ、

20160703misomiso-15.jpg
味玉、海苔がトッピングされています。
もやしとネギはシャキシャキで、切り方を買えたネギは細切りは辛味を輪切りは甘みを感じられて絶妙です!
味玉はジュクジュクでコクがあって濃厚味噌にも負けない味。
たっぷり野菜は濃厚な味噌を飽きさせずにおいしく食べさせてくれます。
メンマもちょっとやわらかめなメンマなので、極太でちょうどよかった。
チャーシューは若干、ものによってかたい筋を感じたりしましたが、しっかりとした肉というような食感でした。

20160703misomiso-16.jpg
つづいて麺!
もちろん太麺ですが、つるつるとした滑らかで固めの腰のあるちぢれ麺で、味噌に負けない存在感でとってもおいしかったです。

20160703misomiso-17.jpg
スープにも馴染んで一体感がいいです! おいし~い!!
程よい辛味が濃厚な味噌のコクや旨み、甘みを引き立てていてどんどん食べられますが、具もたっぷりなので大盛にしなくても大満足の一杯でした!
夏バテしそうになったらまた食べたくなるような元気の出るラーメンでした!

ご覧いただきましてありがとうございます!

こんな時間に思うこと

20160700stock-2.jpg
『好き』な時、訳を求められることが多い
けれど、結局『好き』に訳なんてないから困ってしまう

20160700stock-1.jpg
『嫌い』な訳は時に挙げきれないほどあるというのに
結局みんな、『嫌い』の訳なんか一個だって聞きたくなんかないから、やっぱり困ってしまう

ご覧いただきましてありがとうございます。

飛べFLY HIGH!!

20160701fly-4.jpg
みたいな写真だなぁと思ったものでね。
後は、カラスなしで空だけです。^^
(『ハイキュー!!』、および『燃え尽き症候群(検索ひっかかり回避表記ね)』目当ての方、もしひっかかったらすみません。)

20160701fly-3.jpg
梅雨の合間のいい天気。

20160701fly-1.jpg
フレア、ゴースト出まくりですみません。^^;

20160701fly-2.jpg
これだけだと、個人的になんかナオト・インティライミっぽいので、

20160701fly-10.jpg
水溜りを追加しました。^^
水溜りがたくさんあったけれど、気持ちのいい天気でした!

ご覧いただきましてありがとうございます!