よいお年を

20161230sunrise-1.jpg
今年の更新はこれにて終了させていただきます。
今年一年、お付き合いいただきましてありがとうございました。
よければ、来年もよろしくお願いします。

2017年も皆様にとってよい年でありますように。

スポンサーサイト



無事

無事じゃないですけど、無事に年賀状をポストに投函しました。
25日過ぎているし、絵柄は結果手抜きになってしまいました。^^
一番遠いところで山口県。
絶対に元日には届かないな。
ただ、これもいつものこと。
25日のゆるいボーダーは越えてしまうけど、年を越えることはない。
小市民を絵に描いたような年賀状の騒動が今年も終わりました。

あとは、そばの心配と、もちの心配と、もはや失敗なのをどう取り繕うかという2020年の心配はあまりしていません。
口は出すし、見栄は張りたがるのに、責任となると自分は知らないというクソうるさいじじい黙ってくれればもうちょっと何とかなるのではないかと思いますが。

ご覧いただきましてありがとうございます。

『欲動』を見た

『欲動』を見ました。
うーん、自分としては理解したつもりだけど理解できているのか不安になる映画だったなぁ。
それと男のエゴなのかもしれないけど、見終わったあとモヤモヤする。
愛しながらただ静かに佇むヒロインのラストシーンが綺麗だった。

ストーリーとは関係ないけど、ゲイのカメラマンがヒロインに本能を理性で抑えコントロールしているのは人間だけで、他の動物はそんなことはしない。だから、人間ってひどくゆがんでいるように見えるというようなことをいうシーンがある。
ストーリー上欠かせないセリフなんだけど、ゲイの人がそれを言うと気持ちに正直という意味ではいいんだけど、生物が生命として種を保存していく形が当たり前であり、そうするためにあるのが本能であるということから考えると、ちょっとおかしな感じがしてしまい、すっと飲み込めなかった。
いわば、人間のさまざまなゆがみという多様性から生まれた存在ではある気がするからなのだと思う。

ご覧いただきましてありがとうございます。

思い出したらNFL

にゃろ~、シーミアン!
なかなかのスキル持ってるくせに勝負弱いんじゃ~!!
ディフェンスもイマイチ、ランディフェンスがうまく行ってないけど、お前の勝負弱さで得点できないから相手にプレッシャーがかからないんじゃあ~。
チーフスが好調なのはわかるけど、第一クォーターで21点ってどれだけ点取られてるんじゃ~。
あっ、ディフェンスの責任か。
まあ、今年はあきらめるけど、来年はもちょっと成長して、勝負勘を養ってくれ。
コーチ陣の責任かも知れないが。

愚痴ですみません。

髪を切ったところから...

森山みくりほどのクリエイティブな妄想ではないけれど、突拍子の無さなら負けない自分は、長く伸びたまま年を越すのもはばかられ、散髪に行きました。
結果、思っていたよりも短くなってどんぐりみたいになった。
ちょっと滑稽なフォルムがお気に入り。^^

散髪しながら、思ったことは天気予報を見ると旅行や引越しなんかで知らない土地に行った実感がわくなあということ。
仙台に来たときにも表示される天気予報の地図が若干違う。
それに天気予報で『三八上北』のワードが出ないこと。
ちなみに、『さんぱちかみきた』と読みます。
青森の地方を表す言葉です。
青森の斧みたいな形の半島は下北半島。
下北があるなら上北も青森にあるわけです。
三八は三戸郡や八戸市で三八。
全部あわせて『三八上北地方』となり、昔は天気予報でかならず耳にしてました。

散髪しながらなぜそう思ったのかというと、昔から『さんぱちかみきた』って『散髪髪切った』みたいだなぁと思っていたわけです。
散髪で髪を切るのは当たり前。
髪を切るから散髪。
いわゆる、頭痛が痛いみたいなことですね。^^
みなさんが青森方面に行ったときに『さんぱちかみきた』のワードを耳にしたら、『散髪髪切った』の重複ワードを思い出してもらえたらしてやったり~。\( ¯﹀¯ )/

ご覧いただきましてありがとうございます!

心惹かれる人

最近、すごく心惹かれる人がいる。
前から好感は持っていたものの、今はもう完全に惹かれているといっても過言ではない。
相手は男性。
動物なんて逃げはしませんよ。
人間の男性。
まあ、抱きたい、抱かれたいというわけではないけれど、気になって気になってしようがない。
真似もしたくなってしまう。
そういう人が皆さんもいますか?

自分は佐藤二朗さんに夢中です。
「パシフィコ~、パシフィコ~!!」
(勇者ヨシヒコと導かれし7人 第11話より)

オープニングの仏ビームがかっこいい!
誰も共感してくれないけど。
確かに、ガッキーも世間で騒がれているほどかわいいかと言われれば、そうでもない。
女性としてかわいいとは思うけど、ドラマの中の数々がかわいくはあるけれどそれほどではない。
むしろ、ガッキーと抱き合う星野源さんの身長差から生まれるうずもれ感のほうがかわいく見えてしまった。^^;
やっぱり、ちょっとずれているのかもしれないッスね。

そういえば、身近なのにそれほど深く知らないのでwifiについての本を買ってきた途端に、いくつかのブログでwifiの文字を目にする。
うーん、この偶然を考えすぎると神様や幽霊が生まれそう!

ご覧いただきましてありがとうございます!

引き続き

20161221swan-1.jpg
「ダウン着用の割合は昨日と同様100羽中100羽でした。これから出かけられる方は服装の参考になさってください」

年の瀬なのに

年の瀬なのにいつもの日常。
書くことないねぇ。
で、写真で一言。

20161220swan-1.jpg
どんなんかなぁ~???

ご覧いただきましてありがとうございます!

今日の出来事

道に迷った先で地図を見によったお店で購入した山崎のこっぺぱんがおいしかった。
セブンなんかでもこちら限定なんだろうけど「ずんだ&ホイップ」はあったし、セブンのほうが本格的なずんだ味だったが、こういう少し軽い感じのずんだのほうがおいしいね。

20161218zunda-1.jpg
一個しか買わなかったので、袋の断片でもうしわけありません。
また買いたいけどいったいどこで?

きょうも、昨日の雪ぞらから一転、きれいに晴れ渡ってました。
朝やけがきれいでした。
なんか、来年は初日の出を拝みたい気分。
ハッ?(振り返る)
いや、鬼が笑ってないかと思って...^^
どこの鬼なのかはよくわかりませんけど。

アドビさんのフォトプランを利用している自分。
なにやら2日まえから注意ドキュメントが表示されるようになった。
ようは、一年一括払いなので、有効期限が間近に迫っているって事に関するもの。
クレジットカード情報も入力しているし、有効期限が切れると同時に継続になるはずなんだけれど、注意にはクレジット情報がサブスクリプションと関連付けられていないからヤバイよ的な表現が。
そのあとの説明文ではサブスクリプションマネージャーから関連付けをしてくれという。
サブスクリプションマネージャーの文字がリンクになっているのでクリックするんだけれど、ログイン求められてログインしてもサブスクリプションマネージャーなんて文字どこにもないんですよ。
なにこれ?
仕方ないから、別に購入してコード打ち込んで延長しようかと試みたら、ダブって購入しているからキャンセルになった。
そこらへんはさすがアドビさん。
ちゃんとしてらっしゃる。
だけど、もう数日で有効期限が切れるんだが、自動延長されるのかどうか?
まあ、自動延長されなかったら再度購入するからいいけどね。
料金が安く済むわけでもあるまいし。
さあ、切れたら空白期間ができます。
年賀状作成に新たな問題発生です。
っていうか、その前に仕上げろって話ですね。^^

アドビさんでひと悶着あったので、アップデートしてなかったので、この機会にアップデートをした。
ただねぇ、もはや固定インターネット回線は光オンリー的な時代に突入した感が強いでしょ?
ブロードバンドって言葉が古臭く感じちゃうよね。
そんな、古い時代のブロードバンド回線の我がインターネット状況では速度がね厳しい。
発売日に人気の最新PSソフトダウンロードしているような気分なんだろうな。
光だったら、まあ、1時間もあれば終わるんだろうけど、フォトショップ、ライトルーム両方をアップデートしているけど、開始から3時間。
いまだ、フォトショップすら終わっておりません。
PCつけっぱなしで寝ますわ。

というわけで、今日も特に書くことなしの日でございました。
ご覧いただきましてありがとうございます!

昨日今日と

20161216sky-1.jpg
昨日、今日と夜空がきれいに晴れていた。
月がきれいだった。
いつもより遠くまで見渡せるような澄んだ空に、澄んだ空気。
冬ですなぁ。

さ~むいですけどね!
カメラなし、三脚なしで、写真もなし。^^

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

作業手順 操作編

今日は前回説明したフォトショップでの加工をどのような操作でやったか、画像をふんだんに使って説明したいと思います。
画像のせいで長くなってしまいますが、よろしくお付き合いのほどお願いします。
ちなみに、自分はOSはWindows7を使用しているので、画像のウィンドウなどはそのつもりで見てくださいね。

20161211sample-1.jpg
まずはフォトショップの起動ですが、今回のように3枚の写真がひとつのフォルダーにまとまっている場合で、フォトショップのショートカットアイコンがデスクトップにある場合であれば、3枚の写真を選択して、アイコンにドラックアンドドロップ(クリックしたままボタンを離さずに動かして、アイコンの上でボタンを離す)で起動できます。
こうすると、いちいち起動してから『ファイルを開く』で、3枚を読み込まなくても起動と同時に3枚が開いた状態になります。

20161211sample-2.jpg
これが起動直後の状態。
複数の写真を開いている場合、フォトショップではたくさんの表示方式がありますが、自分の場合は初期設定のタブ表示になっています。
これはブラウザなどでよく使われている方式で、上に表示されているタブとよばれるラベルを選択することにより、表示されるファイルあるいはページなどを選択して使用する方法です。
写真の周りのグレーの部分のすぐ上に、タブが3つあるのがわかるかと思います。

20161211sample-3.jpg
今回は、このタブ表示方式で説明していきますので、表示がタブ方式になっていない状態のフォトショップで表示方式を合わせたい方はメニューバー(メニューバーの位置については画像参照)の『ウィンドウ』から『アレンジ』、その横にあらわれるものから『すべてをタブに統合』を選んでクリックすると同じ表示になります。

20161211sample-4.jpg
ちなみに、『すべてをタブに統合』ではなく『3アップ-横』を選択するとこんな表示になります。^^

20161211sample-5.jpg
脱線はこれぐらいにして、作業に入ります。
まずは背景となる朝焼けの海の写真にほかの二つの画像をレイヤーとしてコピーしてのせます。
とりあえずは、背景のすぐ上にのせたい桜の写真をタブをクリックしてアクティブ(表示状態)にします。
そうしたら、同じくメニューバーの『選択範囲』から『すべてを選択』を選びます。
するとこの画像の写真のようにチカチカとした点線で写真全体が囲まれます。
ここでコピーするわけですが、コピーはフォトショップに限らずWindowsではあらゆる場面でよく使われるので、ショートカットキーを覚えておいた方が何かと便利なので使ってみます。
コピーのショートカットキーは『Ctrl+c』(『Ctrl』と書かれたキーを押しながら『c』のキーを押す意味です)です。
キーを押しても何も起こりませんが、気にせずにタブを使って背景写真を選択します。
選択したらペーストなので、こちらもコピーのショートカットとセットで覚えてください。
ペーストのショートカットキーは『Ctrl+v』です。cの隣のvということでセットにすると覚えやすいです。

20161211sample-6.jpg
すると、朝日の写真が見えていたのが桜の写真に変わります。
つまり、朝日の上に桜の写真が置かれて下が見えなくなったわけです。
右下にあるレイヤーの状態をあらわすレイヤーウィンドウを見ると上の写真のようになっていると思います。
ペーストした時点で新しいレイヤーとして桜の写真がコピーされます。
レイヤー名は元の写真のファイル名に関係なく、自動的にレイヤー1から順番にナンバリングされていきます。
レイヤー名はレイヤー名の上でクリックするとフォルダー名やファイル名と同じように入力できる状態になり、任意で変更することができます。

20161211sample-7.jpg
桜の写真は必要なくなったので、邪魔であれば閉じてしまうことも可能です。
その場合には閉じたい画像のタブにある、上の画像の赤丸で囲った×印の部分をクリックすれば閉じることができます。
その場合、やったつもりがなくても閉じようとした写真に何かしらの変更をしてしまった場合には保存するか確認のダイアログウィンドウが出ますが、『いいえ』を選択すれば変更しないので、とりあえず『いいえ』を選択しておけば間違いないです。

20161211sample-8.jpg
もうひとつの紅葉の画像も桜と同様の手順でコピーすると、大きな画面には紅葉の写真だけが表示されて、右下のレイヤーウィンドウにはこのように表示されているはずです。
ちなみに、桜のあるレイヤーがほかの二つよりも白っぽくなっていますが、これがアクティブ状態です。
ほとんどのフォトショップの機能はこのアクティブ状態になっているレイヤーに影響を及ぼすことになります。
ここで、勘違いしてはいけないのがタブとは違って、アクティブ状態のレイヤーが大きな画面で見えるわけではありません。
桜がアクティブになっていても、一番上には紅葉の写真があるので、紅葉が表示されているのが上の写真でも確認できると思います。
あくまで、操作するのがアクティブ状態のレイヤーに対してだということを間違わないでください。
逆に言うと、別のレイヤーに対して操作をしたくなった場合には必ずそのレイヤーをアクティブ状態にしてからでないと、違うレイヤーが変化してしまい、思ったような結果にならないので注意が必要です。
レイヤーのアクティブ状態にする方法は、レイヤーウィンドウでアクティブ状態になったときに白っぽくなる部分のどこかをクリックすることでアクティブ状態にできます。
表示についても説明したので、レイヤーの表示・非表示の方法も説明しておきます。
これも簡単で、目のマークがある部分、または目のマークがあるはずの部分をクリックすることで表示と非表示を交互に変更できます。(表示状態であればクリックで非表示に、非表示状態であればクリックで表示状態)
では、作業をすすめます。
桜の写真のレイヤーをアクティブにしたのは、桜の写真だけ反転して使うために反転操作が桜にだけ影響を及ぼすようにするためです。
この状態にしたら、目で確認したい人は桜を表示させるために紅葉の写真レイヤー(レイヤー2)を非表示にしておくといいでしょう。

20161211sample-9.jpg
そうしたら、メニューバーの『編集』から『変形』、『水平方向に反転』を選択してください。
桜の写真が反転されます。
これだけです。

20161211sample-10.jpg
いよいよクイックマスクに入りますが、その前にアクティブレイヤーを紅葉のレイヤー(レイヤー2)にして、非表示にしていた場合には表示に変えておきます。
レイヤーウィンドウで言うと上の画像の状態になります。

20161211sample-11.jpg
まずはクイックマスクモードにします。
画面左のたてに並んだアイコンの下から二番目の点線の日の丸みたいなアイコンをクリックします。
すると、白地に黒の日の丸のように変化するはずです。
これで、クイックマスクモードになりました。
次にグラデーションツールというものを使うのでその設定を確認しておきます。
グラデーションツールは上の画像のようにウィンドウの左側にならぶ操作アイコンの中の黒っぽくなったものがそうです。
もしも、この位置に違うアイコンが表示されていた場合には同じ位置で長押ししてみてください。
いくつか表示された中に同じ形のアイコンがあるので、それを選択してください。
ほかに重要なのはアイコンのある左側の部分の下にある、白黒の折り紙が重なったような部分です。
写真では白が上で黒が下になっていますが、その左上にある黒・白のミニチュアのようなマークをクリックすると、それと同じように黒が上で白が下の配色になります。
色指定のアイコンなので、今回は必ず黒白の状態にしてください。
さらにグラデーションの種類を上のメニューバーのすぐ下にあるステイタスの状態に合わせます。
一番左の小さなグラデーションマークはクリックするといろんな種類の色がありますが、一番左上を選択してください。
二番目の少し大きなグラデーションはいったん無視してください。
その右の5つのグラデーションの種類は画像と同じ少し黒っぽくなっているものを選んでください。
後は画像と同じなっていないものは同じように数値入力、またはクリックしてチェックを入れてください。
無視したグラデーションを確認すると、画像と同じになってますよね。
これで準備完了です。

20161211sample-12.jpg
そうしたらマウスカーソルを大きな画像の上に持っていき、上の画像のようにドラッグします。
設定どおりであれば、画像ぐらいでドラッグするといい感じになるはずです。

20161211sample-13.jpg
ドラッグを終了すると、黒白でグラデーションを書いたはずなのに上の画像のように赤のグラデーションが見えるはずです。
これで大丈夫です。
クイックマスクモードを解除するために、クイックマスクモードにしたアイコンをもう一度クリックしてください。

20161211sample-14.jpg
するとこのようにチカチカする点線で選択範囲が表示されます。
そうしたら念のためもう一度レイヤーウィンドウでレイヤー2がアクティブになっていることを確認します。
なってなかったらアクティブにしてください。
ではレイヤー2の写真の不必要な部分を消します。
キーボードの『Delete』キーを押します。

20161211sample-15.jpg
ほら、紅葉の写真の一部が消えて下の桜の画像が出てきました。
次は、紅葉とは逆の部分の桜も消します。
もう一度、クイックマスクを使用してもいいのですが、ちょうど逆の部分を消すようにグラデーションを書くのはなかなか難しいし、面倒くさいので簡単な方法を使います。

20161211sample-16.jpg
と、その前に、レイヤー2がアクティブの状態から、レイヤー1がアクティブの状態に変更しておきます。

20161211sample-17.jpg
そうしたらメニューバーの『選択範囲』から、『選択範囲を反転』をクリックします。
これは現在選択されていた部分は選択されていない状態に、逆に選択されていないところは選択された状態にするコマンドです。

20161211sample-18.jpg
つまり、逆転させているわけです。
チカチカの選択範囲が逆転しましたよね。
そうしたら『Delete』キーで桜の画像を部分的に消します。
あとは、重ね方を変更するだけです。

20161211sample-19.jpg
レイヤーウィンドウの上の画像のように『通常』となっている部分をクリックするとこのようにたくさんのメニューが出るので、その中から『ソフトライト』を選択します。

20161211sample-20.jpg
次はレイヤー2です。
レイヤー2をアクティブにした後、同じように『通常』になっているところをクリックして出るメニューから『オーバーレイ』を選択します。

20161211sample-21.jpg
これで完成です。

20161211sample-22.jpg
完成した写真はメニューバーの『ファイル』から『web用に保存』で出力できます。
レイヤーが複数ある状態のまま保存しようとすると、フォトショップ用のデータ形式(.PSD形式)で保存しようとします。
これだと別ファイルになるので、元データを変更したくない場合にはこの方法のほうがいいと思います。
また、web用に保存での保存でも元データと同じフォルダに同じファイル名でなければ別ファイルになります。

20161211sample-23.jpg
これが.PSD形式のファイル。
このように元データはなかなか変更されないようにできているので、安心して使えます。

20161211sample-00.jpg
また、コマンドなどを失敗してしまった場合に重宝するのがヒストリーウィンドウです。
フォトショップではある程度の工程が履歴の形で保存されています。
保存されている分に関してはその途中の工程に戻ることができます。
ヒストリーウィンドウで戻りたいところを選んでクリックすればいいだけです。
戻っても、やっぱりもう少し先まで進んだり、もう少し戻ったりは自由にできます。
ただ、戻ってそこで新たなコマンドを実行してしまうとそれから先の履歴はクリアされてしまうので注意してください。

20161211sample-0.jpg
自分のフォトショップではヒストリーウィンドウが表示されていないという人は、メニューバーの『ウィンドウ』から『ヒストリー』を選択してチェックを入れると表示されます。

以上で、作業は終了になります。
追記には今回使った写真を表示しておきますのでやってみたい方は右クリックから『名前をつけて画像を保存』を使って取り込み、やってみてください。

ご覧いただきましてありがとうございました。

続きを読む

作成手順

12月3日の記事で脱線して作った画像なんですが、そんなに難しくないので作成手順をご紹介して、一記事かせいで見ようかと思います。
よかったら、お付き合いください。

20161203play.jpg
使ったソフトは前にも触れましたがフォトショップのCC。
フォトプランだとライトルームと一緒に使えるレタッチソフトです。
ライトルームは使うけど、フォトショップはよくわからないから使わないという方もいると思います。
写真を撮ったまま出すのであれば、なくてもいいのですが、使えれば遊べるソフトなので、やってみようかなと思うきっかけになったら幸いです。
フォトショップの全部の機能をしっかり覚えようとするとそれなりに時間もかかるし、いろんな用語もあって大変ですが、今日やったことをマネしてみるだけでもちょっと使えるようにはなりますよ。
それにフォトショップは時間はかかりますが、見ながらいろいろ変更していけるので、いろいろ変更して行き当たりばったりで試してみると思いがけず面白いものになったりしますから、やってみると楽しいかもしれません。
今回はざっとどんなことをやったのかだけ説明します。
次回はマウスでどの部分をクリックして、キーボードのどの部分を押してやったかという詳しいところを説明してみたいと思います。

使った画像は以下の3つ。

20161203mat-1.jpg
これが背景というか一番メインに使った画像。

20161119kouyou-18.jpg
右サイド担当の紅葉写真。

20161203mat-2.jpg
左サイド担当の桜写真。
ただ、このままだと写真左部分には桜が少なかったので、左右を反転して使いました。

フォトショップなどに代表されるレタッチソフトは何をするかというと、写真を合成したり、明るさや色を調整したりすることができます。
フィルタというプリセットで写真に視覚的な効果を入れたり、文字を入れたりもできますね。
写真のゴミや、邪魔なものを消してしまうなんてこともできます。
また、他の写真の画像を切り抜いて配置したりすることもできます。
以前に間違い探しをやった時に猫がいる・いないの間違い探しの画像がありましたが、あれはもともと猫のいない写真にフォトショップで他の猫の写真を合成したわけです。

20161130matigai-31.jpg
これですね。
猫だけでなく、猫の影もフォトショップで書いて作っているんですよ。

では、どんな風に合成しているかを見ていくとしますが、その前にフォトショップに限らず、多くのレタッチソフトにはレイヤーというものがあり、それをうまく使うと自由に写真を合成したり、または元に戻したりすることができるのです。
レイヤーとは階層という意味で捉えられていて、簡単に言うと元になる写真に透明なフィルムをいくつも重ねていると考えるとわかりやすいと思います。
その透明フィルムの一枚が1レイヤーとなるわけです。
レイヤーに写真を乗っければ、下の写真を覆い隠すようにして見えますし、レイヤーを取り除けば下の絵が元のまま見えるようになります。
上の猫の写真で言えば、イチョウの写真にフィルムを2枚重ねて、一つには猫の陰、もう一つには猫を切り抜いた写真を乗っけているわけです。
それを上から見ればご覧のような写真になるのはわかると思います。
フォトショップではこのレイヤーに表示/非表示や重ね方の指定があっていろんな見え方がするように重なった部分の見え方を変更することができるようになっているんです。
一度指定しても、写真を変更しているわけではないので指定を変えれば元に戻したり、違う見え方に替えることもできます。
このレイヤーのイメージができていないと、これからの説明がわかりづらいと思うので、一応説明させてもらいました。

では、フォトショップの画面も含めて合成した写真を見てもらおうと思います。

20161209sample-1.jpg
これが一番下の背景。
右下にレイヤー表示のウィンドウがありますが、小さくて見えにくいと思うのですがレイヤー2、レイヤー1、背景と書いてある部分が各レイヤーをあらわしています。
背景と書いてあるレイヤーが見た目で一番下にきてますよね?
つまり、レイヤーの重なりでも一番下にあるということです。
大きく表示されているのは、このレイヤーの重なりの状態で写真を上から見た時の映像を表示しているわけです。
ただ、今、この画面で表示されているのは背景だけなのは、理由があります。
それは前述したように、レイヤーごとに表示/非表示を選択することができ、その機能で背景だけを表示させているからです。
具体的には、レイヤーの名前(レイヤー1や背景など)の文字がありますよね。
その左にはそのレイヤー画像のサムネイル(縮小画像)があり、さらにその横に目のマークがあるのがわかるでしょうか?
この目のマークがついているのが、表示状態。
目のマークがついていないのが非表示状態というわけです。
レイヤー1とレイヤー2にはついていません。
だから、表示されていないというわけです。

20161209sample-3.jpg
こちらが右サイドの紅葉の画像です。
白とグレーの升目の背景は、透明を意味します。
白か黒にすればいいのではと思うかもしれませんが、実際の背景が白や黒ということもよくあることなので、それらと透明が区別がつきやすいようにこの升目になっています。
ちなみに、クイックマスクを使って写真をグラデーションのように次第に透明になるように加工したものです。
クイックマスクはマスクの一種で、マスクというのは覆い隠すものですので、写真の一部を覆い隠して見えなくする機能を指します。
通常はちょっと複雑に作ったりする場合があるのですが、マスクの形などの自由度を抑える代わりに普通のマスクよりも簡易にマスク処理が行える機能がクイックマスクです。
つまり、今の状態で言うとクイックマスクでグラデーションを書いてマスクにしてやって、そのマスクで見えなくすることで、左半分を消しているわけです。

20161209sample-30.jpg
さっきは小さくて見にくかったレイヤーウィンドウの画像です。
右サイドはレイヤー2なっている(重ねた透明フィルムの二枚目、つまり一番上に重なっているフィルムにこの写真を載せたとイメージするとわかりやすいかもしれません)ので、レイヤー2のみが表示(目のマーク)になっているのがわかると思います。
上の方に『オーバーレイ』という文字が見えると思いますが、これは重ねたときの見え方の指定です。
オーバーレイを正確に説明しようとするとわかりにくいので、背景の画像が暗いところは暗く、明るいところは明るく見えるように重ねる方法です。

20161209sample-2.jpg
こちらは左サイドのレイヤー1(重ねたフィルムの一枚目)、桜の画像。
右同様にクイックマスクを使って処理をしています。

20161209sample-20.jpg
こちらは『ソフトライト』で重ねています。
オーバーレイに似ていますが、重ねる上の画像が下の背景にかかわらず薄くとも色が変わりにくい重ね方になっています。
桜のピンクは残したかったのでオーバーレイではなくソフトライトを選択しました。

これらを全部表示させると最初にお見せした写真になります。
ざっとした説明で、よくわからない言葉も出てきたと思います。
説明自体もつたないので、わかりにくかったと思いますが、なんとなくでもやったことが伝わるとうれしいです。
次回は具体的な方法について画像を交えて説明したいと思います。

ご覧いただきましてありがとうございました。

相性

20161207ippei-1.jpg
今日、帰ってきたら郵便受けにNHKからお手紙が入っていました。

20161207ippei-2.jpg
開いてみたら、衛星契約変更についてのお手紙。

20161207ippei-3.jpg
内容を確認しても、変更して衛星放送を見られるようにしたらどうですか?ということなのか、それとも衛星放送を見られる環境だから契約を変更してくださいということなのかわからない。

20161207ippei-4.jpg
前者だとは思うのだが、料金や変更に伴う差額の清算についてなどは書いてあるけど、どういう意図で送ってきたのかがわからない。
普通なら、迷う必要はないのだけれど、CS視聴しているから皿のついたアンテナがある。
ただし、BSとは違うのでNHKの言う衛星放送は見られない。
けれど、目算つけて送ってきた可能性もあるので迷ってしまう。

20161207ippei-5.jpg
まあ、どちらにしろ見ることができる環境にない以上変更することもないし、何もしないんだけれど、なんか面倒くさい。
地上契約でも受信料をちゃんと払っているんだから放っておいてほしいもんです。
どうも、NHKとは相性が悪い。

20161207ippei-6.jpg
ところで、コンビニでショートケーキ味の焼きそばを発見!
購入してみた。

20161207ippei-7.jpg
薄い色のソースをかけたらもう甘い香り。

20161207ippei-8.jpg
さらに、トッピング、バニラ風味マヨネーズなるものをかけるたらどんどん甘く。

20161207ippei-9.jpg
甘い8のからい(しょっぱい)2であま~い焼きそば完成。

抵抗感の薄い方ならぜんぜんいけると思う。
が、やるならとことんいった方がよかった気がする。
そこそこ、焼きそば感があるので、甘さも控えめ。
どっちつかずの中途半端さがハマらない味を演出しちゃっているように個人的には思いました。
そして...

かなり油っこ~~~~いゾォ!!

マヨネーズ、フライ麺、ソースにも油、トッピングのチョコも溶けちゃってるからどうなのよ!

興味のある方はどうぞ!
無理にはすすめない一品でした。^^

ご覧いただきましてありがとうございます!

脱線に集中!

20161205dassen-1.jpg
前回の年賀状作成に集中できずに脱線しているという話。
どうにも、脱線してしまっています。
むしろ、脱線に集中してしまっている。
もはや、こっちが本筋?
フォトショップはCSになってから使ってなかったから、慣れようとしているとも言える。
練習、練習。(完全に言い訳^^;)
でも、前回の写真を年賀状にしてもいいかな?
スタイリッシュ的な年賀状風で、横文字とか入れたらいけるかな?
もう、それならそれでもいいかも。
いやいや、まだ日はあるのだ。
もうちょっとがんばってみよう!

思考まで脱線中です。

年賀状作成中

年賀状を作成中。
イマイチのらないので、間違い探しを作成。
年賀状作成がはかどらない。
そして、今日。
20161203play.jpg
はい、脱線中。

年内に出せれば儲けもの。