明日から4月

20170331sunrise-2.jpg
20170331sunrise-3.jpg
20170331sunrise-1.jpg
20170331sunrise-5.jpg
20170331sunrise-4.jpg
明日から4月。
日も長くなり、日の出も早くなった。
冬のように仕事終わりに朝日を撮りに行っても、太陽はそこそこ高い。
こういう写真は、休みじゃないと撮れなくなっちゃったなぁ。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

スポンサーサイト



反っている鍵

私の家の鍵は反っている。
もち手の部分は反っていないが、鍵穴に差し込む部分が反っている。
ピン札を手の平に載せると反るというが、あそこまでは反っていない。
説明を受けてから横から見たら「あ~」と言うほどだ。
そんなに反っていないじゃんと言われるだろうが、鍵を開けられないから工夫して反りを直した結果である。
本当はもっと反っていた。
ある日帰ってきたら反っていて、鍵穴に入らなかったのだ。
なぜか?
ちなみに、手持ちの鍵は束になっていて(2・3個しかないが)、それが小さな金属製のリングにつながっていて、さらにチェーンでベルト通しにフックで引っ掛かっている。
そんな状態で、せっかちな私が家を出て、ドアに鍵をかける。
自分では抜いたつもりが先端が抜けきらないうちに出かけようと意気揚々と踵を返すと、チェーンがビーン!
先端だけ固定された鍵が反り返るというわけだった。
戻すときも、鍵ってお分かりのように硬いですから、先端を鍵穴に差し込んでグイッとやると、戻しやすい。
もって直そうとしても握力自慢の人間ではないし、フライパンも丸められない非力さですから、とても戻せるものじゃない。
だから、先端つっこんでグイッとやる。
一発でやろうとすると変に折れ曲がる可能性があるから、軽く、慎重に戻して、状態を確かめて、今度はもちょっと差し込んでよりもち手の部分を徐々に調整をつけていくと言う匠の技が光ります。
とはいえ、いかに匠でも一度折れ曲がった鍵はまっ平らにするっつうのはほぼ不可能に近い。
だから、鍵穴に入り、鍵さえ開けば用は足りるので、その妥協点で鍵は反った状態を保っているわけ。
何でこんな話をしているかというと、昨日もまた鍵を曲げそうになったから。
あなぶかった!

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

その修理工場は置く場所がないのか

無事、10万円払ってまいりましたよ。
ちょっと走ってみましたが、何事もなさそう。
修理してみてわかったのだろうけど、「煙が出てからすぐに止まられたみたいなので、たぶん大丈夫だと思います」と修理工場の整備士さんも言ってくれた。
それにしても土日に連絡してこないと思ったけど、土曜に来たね。
「今から取りにこられます?」
って、10万は用意してなかったから「いや、ちょっとムリです」って言ったら、
「じゃあ、明日ですね。何時にこられます?」
おい!まだ行くと入ってねぇぞ!と思うものの、修理をお願いに行ったときに所狭しと車が並んでいたことを思い出してこの押しの強さにも納得がいった。
「じゃあ、9時ぐらいで」
「ああ、そうですか! ウチは9時からなんですが、8時半ぐらいには誰かしらいますからそれぐらいから大丈夫ですよ!」
代車を借りていないから、早く引き取りたいだろうとこちらに気を遣って行ってくれたのかもしれないが、どこまでせかすんだ!
結局、9時15分ぐらいに取りに行った。
故障箇所がラジエター(冷却装置)なせいもあったんだろうが、エンジンつきっぱだった。
まあ、8時半からじゃないだろうが、なかなかガソリン減ってた。
そんなみみっちいことはいいとしても、最大の嫌がらせは修理のときにエアコンの設定がリセットされたのか、もしくは冷却状態をよくするためなのか、帰ろうと入った車内の設定温度がマックスの32度。
むんむんだった。
こっちの冷却装置が必要になるわ!
エンジンオイルは高温になったために劣化もしていると思うので、なるべく早くオイル交換を奨めれたので、早速交換。
前回もエレメント交換したが、何があるかわからないので、エレメントも交換した。
できることはやったよ、我が愛車よ、がんばってくれ!

ご覧いただきましてありがとうございます!

スノー

春の足音が
遠く聞こえるこの日に
はらと舞い落ちる
降る声も
落ちた姿も見せないで
ただ、舞い落ちる
目の端を横切り
ふいに気づかせ
すいと消える
何を誘って?
何を演じて?
身を震わせたり
空を見上げる姿に
微笑むように
素のままのsnow!
(なんちゃって)

昨日、最後かといってましたが今日も降りました。
昨日より、少ない。
パヤパヤからチロチロ。

ご覧いただきまして、申し訳ありません。

パヤパヤ

本日、仙台は雪が降りました。
未明に。
パヤパヤ。
道路とかはすぐ溶けた。
土や公園の芝生なんかは白くなった。
車もちょっと雪をかぶった。
今シーズン、最後かなぁ。
だろうなぁ。

そういえば、電話買ってなかったけど、車の修理屋さんに連絡先聞かれて気づいた。
自分は携帯を持っていないし、今、イエデンも駄目だということに。
あわてて、リサイクルショップに行って安いやつ買った。
だって、10万は確実に吹っ飛ぶわけだから。
い、痛い。
懐も心も。

忘れてはいけなかったのに

数日前、買い物に行った。
買い物を終え、車に戻ると車のボンネットの下のアスファルトに緑色の液体が少したれていた。
緑色の液体。
もちろん、予想はついていた。ラジエターの冷却液だろうと。
そして、その場でしばらく様子を見ていたが、それ以上、自分の車からたれることがなかったので、出入りの多い店でもあったし、自分の前に駐車していた車かな?とも思って、とりあえず帰ることにした。
そして、家に帰ったらもう一度確認しようと思っていた。
だが、そまっすぐ帰ろうとしていたのだが、予定を変えてあちこち寄っているうちにそのことが頭から飛んでいた。
そして昨日、最近ではお目にかかれない状況に陥った。
ボンネットから煙がチョロチョロ。
その瞬間、記憶がよみがえった!
水温計を見ると、あっちゃいけないところに針がある。
そう、オーバーヒート!
すぐさま、道端に車を止め、修理工場に電話(同乗の友人のスマホで)。
ボンネットを開けて、エンジンを十分に冷やし、あとはなるべくフカしたり、回転数を上げないように注意しながら修理工場まで自力で行った。
今時珍しいマニュアル車だったので、これは難しくない。
一応、ラジエター全とっかえとモロモロで10万ちょい出るぐらいの費用で交換してもらう事にしたが、煙が出るぐらいオーバーヒートしていると、エンジンに不具合が出る可能性があるので、エンジン載せ変えするぐらいなら廃車となるだろう。
10万も無駄になるんだけど、かなり乗ってる車で愛着もあるので、できれば生きててほしい。
電話機に続き、故障祭りが始まった気がする。
こういうのって、続くときには続くからねぇ。

それにしても、同乗の友人よすまん!
「今日は俺が車を出す!」と言っておきながら、結局、友人の車で出かけることになった。
本当に申し訳なかった。

ご覧いただきましてありがとうございます!

マジか!?

この間、ドラッグストアを出て、すぐの駐車場手前でしゃがんで靴紐を結んでいた。
すると、ドン!
自分に少し覆いかぶさるような形で躓いたらしき女性。
持っていた買い物袋が勢いつけて自分の顔面を直撃!
マジか!?
と思ったが、こんな邪魔になるところで靴紐を結んでいた自分も悪いかなと思いながら、でも、普通は気づくよなと思いながら、立ち上がって振り返ったら、女性二人で話しながら店を出てきたらしい。
「すみませ~ん!」
トーンは本当に申し訳なさどうだったからムカッともこずに、
「いえいえ、こちらこそすみません!」と見たら、躓いたほうはこの近所にはいないはずの友人のヨメはんだった!
マジか!?
とびっくりした顔になっていたから、向こうも知り合いかといぶかしんだ表情だったが思い当たる節がなかったらしく、そのまま怪訝な表情を浮かべながら最後に「すみませんでしたぁ」と一言添えて友人らしき女性と去っていった。
「いえ」と返したものの、やっぱり、
マジか!?
と思わずに入られなかった。
もはや十年以上前になる結婚式でのご祝儀返せ!とみみっちいことを考えながらも、まあ2・3度ぐらいしか面識(対面でしゃべりましたよ)がないから仕方ないかと思った。
その夜、その友人、つまり彼女の旦那に電話した。
やっぱり、
マジか!?
つってた! ^^

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

なんだろう? なんでもない。

今日はサービス残業。
といっても20分程度だけ。
自分の仕事も基幹業務以外はやらなければいけないことすらスルー!
だって、ずぶの素人(新人)をろくに教育もせず、実践投入!
パンパンに仕事ってわけでもないけど、一から教えて実践もさせてなんて付きっ切りになるに決まってんじゃん。
人手不足はわかるけど、無茶言うな!
でも、手をとられながらギリギリでやる仕事は緊張感があって充実感がありますな!
首脳陣に無理を押し付けるという落ち度もあるから、大胆に仕事カットできるし。
お客さんに支障が出なかったらOK墨汁だっつうの!
まあ、首脳陣のつらいところもわかるけどね。
ということで、明日もパンパン!
膀胱もパンパン!で仕事となるわけだ。(トイレに行く暇すら惜しいわけ)
はじけろ!おれの膀胱!
そんなこんなで、書くことなし。

が、この時期昼夜の寒暖差がはげしく、体調を崩しやすいですのでみなさんお体にはお気をつけください。
ローマ神ながら。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!
なお、時間に追われた仕事をしてややハイテンションになってことを深くお詫びします。<(_ _)>

トラックバックテーマからの

第2244回のトラックバックテーマは「ホワイトデーはどうでしたか?」って何にもないよ。
もらってないし、チョコはほしくないしね。

あっ、この感じでわかると思いますが、こじらせ記事なのでスルーした方がいいかもしれません。^^;

せいぜいコンビニで『こんなに残って大丈夫なのか? 商売として成り立つのか?』と思ったぐらい?
基本、こじらせ体質の自分としてはまったく無関係の日!

ところで、ホワイトデーのホワイトってなに?って思って調べてみたところ、まず日本発祥のお返しデーってこと。
まあ、予想はしてたけど。
で、簡単に言うといろんな商売人がチョコだけじゃなく手前どもの菓子も売り上げ増大したいとして飴、クッキー、マシュマロなどのお返しデーをもうけてそれぞれ独自に名前をつけていたんだけど、飴さん業界が全国飴菓子工業協同組合ホワイトデー委員会を組織して、純潔の色ホワイトを名前に使い、それが広まり、ホワイトデーに統一されたということらしい。
調べていたあるサイトではホワイトデーに返すもので『自分も好き』とか『自分は好きじゃない』とか『友達でいましょう』みたいな意味づけがその昔はされていたというのを見た。
学生かばんの赤テープ(『喧嘩売ります』)、白テープ(『喧嘩買います』)みたいなもんらしいです。^^
この日本独自の風習は、派生して(業界が派生させて)オレンジデーなるものも。
今度は確かめ合った愛をさらに深めるために両方で贈り合うんだそうです。
まあ、プレゼント好きならいいのだけれど、バレンタインの時点で付き合ってられないのに、もはやイチャつく口実でしかないんじゃないだろうか?
まあ、幸せならいいけど。
義理はやめよう!
あれって、バレンタインから始まるから人間関係を円滑にしようと気苦労を重ねる女性か、いいもん返せよ的なお返し狙いのあざとい女性がやる行為にしか見えない。
少なくとも後者のエッセンスとかは人により濃度の違いはあれど入っていそう。
これも前職で女性が多い職場で働いていたためのこじらせかもしれませんが。^^
自分としては返さなければならないという余計な義務感を嫌いなチョコをもらうという苦行の代償として発生させられることにしかならない。
いい年になったし、対象となる人も少なくなったこともあり、かつまた率直に生きようということで数年前からきっちりとお断りさせてもらっている。
まあ、チロルチョコ程度でついでに的なものは角を立ててまで断ってはいないけど、あえてお返しはしない。
それでくれなくなるならそれでいいし。
お返しスパイラルに陥った挙句、チョコもらって喜んでるなんて思われたら困るからだ。

ちなみに、日本で広まった、日本的バレンタイン・ホワイトデーの風習は中国、韓国などの地域にも広まったらしく、韓国にもバレンタイデー、ホワイトデーがある。
オレンジデーもあるが、日本が4月14日なのに対し、韓国では11月14日らしい。
そして、お互いに贈り物を贈り合う日ではなく、二人でオレンジジュースを飲む日らしい。
ちなみに二人で映画を見るムービーデーもあるらしい。
韓国の4月14日はブラックデーらしい。
これはバレンタイン・ホワイトデーに贈られることのなかった人たちが黒い服を着て見た目黒い食べ物を共に食する日らしい。
何の意味があるんだろうか? と思ったが、必ず恋人のいない者同士になるのでそこからカップルが誕生することがあるという説明を聞いて、ああなるほどと。
ただオレンジデー、ムービーデーに関しては、やることぐらいこっちで決めさせてくれ!と思ったものの、バレンタイン、ホワイトデーもまた決められているのかと自己完結。
ただ、贈り物全体にいえることだが、何かお世話になったとかだったら贈り物をするにしても相手の好みなどわからないけれどお礼の意味でそつのないものを贈るという行為もいいのだけれど、自分としてはLoveな人、Likeな人に喜んでもらおうと贈り物をする時に決められた日付に決められたものをというのは楽をしすぎな気もしないでもない。
本当に贈りたい相手なら、贈り物を選ぶ時点でそれは楽しいことだし、相手に喜んでもらおうというプレゼントは相手にその気持ちが伝わる気がする。
工夫もなく決められたものをもらう側にしても、予定調和で喜ぶぐらいしかなく、わくわく感がない。
たとえ、残念なものだったとしても残念なプレゼントすらもそういう気持ちで贈ったのなら思い出になると思うんだけど。
誕生日ぐらいは例外にしておこうかな。贈るものが決まってないし。
逆に、決められたものを決められたとおりに贈られたときに記憶に残っているものは自分に限って言えば何もない。
物が残っていても、心には何も残っていない。
贈ったほうもそれでもいいんだろうか?

ほら、こじらせ体質!!

ご覧いただきましてありがとうございます!

雲のマニマニ

20170318cloud-1.jpg
20170318cloud-3.jpg
20170318cloud-2.jpg
20170318cloud-4.jpg
雲が多い日の朝写真でした。
こういう日もいいもんです!

ご覧いただきましてありがとうございます!

小山が好き

20170317mountain-1.jpg
山とかの写真は好きなのですが、こういう山並みでいうと右側の高い山がメインになるわけです。
注目もたいがいそっちに集まる。
けど、個人的にはこういう感じだと、左側の...

20170317mountain-2.jpg
こういう小山がぽこぽこあるほうが気になってしまう。
でも、ミーハーだから富士山、日本アルプスといった山があったらそっちに惹かれちゃうんですけどね。^^

ご覧いただきましてありがとうございます!


橋を強くしています!

20170315cycle-1.jpg
20170315cycle-2.jpg
このたて看板にはそうかかれています。
補強工事なんですね。
自転車、トラブったのかな?

ご覧いただきましてありがとうございます!

小学校よりLINEスタンプ

最近、書くことないので時事ネタでも。
あの人、小学校はあきらめてLINEスタンプでも作ったほうが稼げるんじゃないだろうか?
今回の騒動で知名度かなりあがっただろうし。
「それも正しい」とか「ダカダカダカダカと帰っていった」
「なんでズブズブなん?」
名言残してますから、使えるんじゃないでしょうか?
お友達と思っていた政治家さんにも、そっぽ向かれてますしね。
キャラは小役人みたいで面白いと思います。
まだまだ、楽しませてくれるといいな。

ご覧いただきましてありがとうございます!

チィチィパッパ

20170313suzume-10.jpg
カラスがティーチャー!

ご覧いただきましてありがとうございます!

電話が壊れた!

今、使っている電話機は大学時代に買ったような気がする。
ファックスもついているやつ。
子機もついていたけど、バッテリー交換とか面倒くさくてだいぶ前に捨てちゃいましたね。
一時期は携帯を持たない自分に、友人がその子機を持ってきて、「携帯、もってんじゃん!」などとからかわれたこともあったなぁ。
「ほとんど圏外じゃねぇか!」と返してました。
今日、ふと見たらいつもついているランプ類の一切が消えている。
コンセントのプラグも確認したけど、ちゃんと入っているし。
まあ、20年以上使っているんだからいつこうなってもおかしくない。
世間的に見れば、固定電話の新規契約の受付窓口なんかないし、ガラケーですらマイノリティーになりつつある時代なんだからこの際なくして携帯、あるいはスマホにすればという意見が多そう。
固定電話に固執する必要はあとはADSL回線ってことぐらい?
光にすればほぼ関係ない。
でも、おもっちゃうんですよね。
受話器持ち上げると「ツー」っていう音がする。
留守電機能とかは使えなくても「ツー」っていうわけ。
機械にはおつかれさん。
でも、なんか固定電話を手放すのは尻込みしちゃうんです。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!


それは速攻!

今日、帰ってきてトイレに入った。
そこで気づいた。
水洗レバー、照明のスイッチ、スリッパを脱いで扉を閉めるまでが約2秒!
これってかなりの速攻じゃないだろうか?
ちなみに手洗いは出てすぐの洗面所でしています。
どうでもいいですね。^^

ご覧いただきましてありがとうございます!

駆けつけ三杯!

先週、友人と冷麺を食べに行った。
北海道ローカルの番組『おにぎりあたためますか』という番組で、取り上げられた冷麺が友人の心をわしづかみにしたらしい。
それで誘われる。

そんな冷麺を食べに行った話しの前に、この友人のことを話しておこう。
まず、この友人は食事において「駆けつけ3杯」の人である。
いつもではないが、でも結構頻繁にそうだからいつもと言ってもいいだろう。
友人は店に入って、出されたお冷を一気に飲み干す。
それでお冷のポットが置かれていてあとはセルフだったりすると、自分のほうにさりげなく空のコップを寄せてくる。
いつものことなので、お冷を注ぐとまた一気に飲み干す。
ポットを置く暇もなくまた注ぐと、やっと小分けに飲み始める。
が、それでも3分ぐらいしたらコップは空になり、また注ぐ。
ここらへんからが普通の人の飲み方になる。
ここで抑えておかなくてはいけないのは、友人は決して「注いでくれ」とは言わない。
気づかないでいると、より自分の前に空のコップがでしゃばってくるだけなのだ。
そういう友人。

話を冷麺の話に戻すと、冷麺と言えば日本では岩手の盛岡が有名なのかな?
紹介されたのも盛岡。
しかし、仙台にもその店舗があるとのこと。
すぐはちょっといけなそうな状況だったので、じゃあ、時間が合う日に食べに行ってみるかというようなことになった。
が、その友人と会うことはあるのだが、ちょっとあっただけだったり、飯食ったあとだったりと機会がないまま1週間が過ぎた。
その間に、友人の冷麺熱が冷めたようで、「明日だったら、冷麺、いけるんじゃねえか?」といっても「まあ、時間的に難しいなら無理にねぇ」と言葉を濁すようになった。
日本人だねぇ~。
が、こっちは食べる気満々になってるし、久しくおいしい冷麺を食べていないからかなり食べたくなっていた。
しかし、しぶる。
だが、食い下がるの攻防の末に友人は重い腰をあげた。
やっと食べに行った冷麺は、不純なものが一切入っていない上質な冷麺といった感じで確かにおいしかった。
自分は満足して店を出た。
そして、友人の感想を聞こうとすると、どうやらおいしかったらしいが不満があったらしい。
ひとつだけだが大きな不満だったらしい。

何が不満だったのかを話す前に冷麺を食べた焼肉屋での次第を説明する必要がある。
焼肉といえば決して安い食べ物ではないが、それでも焼肉屋は庶民的な焼肉屋と高級感のある焼肉屋に分類できると思う。
そして、このお店は値段的にはそうでもないと思うが雰囲気は明らかに後者だった。
身だしなみの整った品のよさそうなおば様方が店員で接客してくれるお店。
必要なことはもらさず説明してくれるが、決して過度に説明することはない。
席に案内して、お茶を持ってきてくれて、メニューを説明をしたらすぐさま「お決まりになりましたら、お呼びください。」とすっといなくなってしまう。
開店直後ぐらいに行ったので、自分たち以外にお客さんは誰もいなかったのに見守れる程度の距離で邪魔にならないように控えているといった具合。
だから、(冷麺とセットみたいなメニューもいくつかあったので)多少迷ったもののメニュー見て注文するものを決めて注文。
さすが、すっときてくれる。
若干の待ち時間の後、注文の品物が運ばれてきて、食べて、下げ膳。
そして食後にはサービスでドリンクがついてきた。
注文時に選択したアイスティー(自分)とアイスコーヒー(友人)が運ばれてきて、それを飲んで席を立ち、お会計して、店を出た。
それにしても食後のドリンクのグラスの細かったこと。
直径4cmぐらいの円筒形のグラスにぎりぎり入るぐらいの氷が飲み口付近まできれいに積み上げられていて、隙間に飲み物が入っている。
200ccすらあったかどうか...。
これも一種の高級感?
以上が自分の感じていたお店での出来事。
そして友人の不満な点だが、
「お茶のおかわりくれなかった!!」
だそうです。
もちろん、決して声に出して頼んだわけではないです。
お茶を出されて、それを飲み干し、注文のときにも店員さんが来る側のテーブルの端に湯飲みを置いてアピール。
さらに注文したものが到着したときにもあえて今飲み干しました的な演技をして店員さんの前に湯のみを置いてアピール。
食べ終わった器を下げ膳するときにも盆の上に一緒に湯飲みを置かずに、別においてアピール。
が、店員さんに普通に盆の上に置きなおされて、下げられて終了。
「もっとお茶、飲みたかったのに...」
確かに、小さな湯飲みに3分の2ぐらいの量だったから足りるはずないなと思っていた。
が、そのアピールには気づかなかった。
友人が憤慨しているので、
「でも、なんか雰囲気的におかわりとかくれなそうだったじゃん」
というと。
「そうなんだけどねぇ」
だと。
「で、冷麺はどうだったのよ?」
と聞くと。
「おいしかった気がする。でも、お茶がなぁ」
お茶って大事なんだなぁ!
ま、確かにいいタイミングでお冷のおかわりを注ぎにきてくれる店員さんは「できるなぁ」って自分も思うけど。

ご覧いただきましてありがとうございます!

そうかぁ

昨日、ブログ訪問をしていて気づいた。
3月3日は耳の日かぁ。
いろいろなところで耳飾りの写真がアップされてましたね。
こういうのは引っかかるわけないか、性差別には。
まあ、男の子には男の子でイケイケ(Go!Go!)の日があるからいいのかな?
しかし、男の子よ立ち上がれ!あの女の子だけのきっとケーキを食べているとうわさの授業はまちがいなく性差別だ!
性差別被害は女子の専売特許じゃないぞ!
男子も参画させろ!
なんて、今の子は授業内容をなんとなく知ってそうだな。
しかし、自分も『このすばらしい世界に祝福を!』の佐藤和真と同じく真の男女平等主義者たらんと日々ドロップキックの練習にいそしんでいる。
女子よ、甘く見るな!
すぐ負けそうだけど...

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

昇っちゃった

今朝、仕事が終わって職場を出たら、東の空の朝焼けがきれいだった。
薄く均一な雲がかかっていて、朝焼けがきれいなグラデーションをしていたからだ。
意外とそういうことってないのかな?と思って写真に撮ろうと帰りを急いだ。
コンビニよらずにね。
急いで部屋に戻り、カメラを準備、ベランダに出てパチリ!
やった!と思うでしょ?
もう昇っちゃってたね。

20170304rise-1.jpg
ほら、どこがいいのかよくわかんないでしょ。
まあ、撮影者の腕の部分も大きい気がしますが...。^^

ご覧いただきましてありがとうございます!

相棒-劇場版Ⅳ-

最近、珍しい相棒らしい相棒だった気がした。
映画ということでアクションシーンをたくさん盛り込むということもなく、それでいていい感じでもあったし。
ストーリー重視で自分としては面白かったです。
伊丹さんはやっぱりああでなくてはという見せ場もあったし。
神戸尊は神戸尊らしいスマートな見せ場もあったし。
意外と4作の劇場版の中では一番好きかも。

ご覧いただきましてありがとうございます!

写真クイズ

水族館での写真ですが、ちょいと加工してあります。
次の写真は何を撮った写真でしょう?
お時間のある方はお付き合いいただけるとありがたいです!

20170301kaiju-11.jpg
これだとぜんぜんわからないと思いますが、わかる人いるかなぁ?

20170301kaiju-12.jpg
若干、わかるかもしれないという期待感もないではないですが、難しいかな?

20170301kaiju-13.jpg
ここまでくればわかる人のほうが多いと思います。
どうですか!?

20170301kaiju-21.jpg
正解の前にオタリア(アシカの仲間)の加工写真でTea Break!

20170301kaiju-14.jpg
正解はペンギンでした!
ま、これも加工写真ですがね。

20170301kaiju-1.jpg
これが元の写真。

みなさんどうでしたか?
ご覧いただきまして、ありがとうございます!