どう見えるか知らんが若葉マークついてまっせ!

ソフトバンクのスーパーフライデーって金曜限定なのね。
知ってます、スーパーフライデー?
ソフトバンクのスマホをお持ちの方にメールが送られてきて、リンクをクリックするとチケット画面が。
吉野家だったり、ミスドだったり、今はセブンイレブンで商品がもらえる。
てっきり、金曜日にメールが送られてきて、1週間の期限で、翌週には別のメールが送られてくるってことなのかなって思ってたんだけど、金曜日に使用しないと使えなくなっちゃうのね。
知らなかったぁ。
まあ、ガラケーも持っていない人間には関係ないからね。
そんな自分がなぜ知ったのか?

いつものようにセブンイレブンへ。
早朝の店内に人はまばら。
なぜか店員さんもまばらというかいない。
裏とかで作業しているからかもしれないけど。
立ち読みが2人、うろうろしていて一向にレジに行きそうにないやつが自分を含め二人だからしようがないのかもしれないが。
いつもの店員さんは今日は不在、お休み。
すると、うろうろする自分の背後からうろうろと60代ぐらいの男性が近づいてくる。
「すみません」
「はい?」
「あの、これ買ったばかりで、使い方がどうも...」
「はい?」
こっちはスマホショップの店員じゃないからそんなこと言われても懇切丁寧に教えようにも場所も、時間も(いや、時間はあったかな?)、いやなにより全然知識がない。

「あのアイスとかコーヒーとかもらえるらしいんだけど...」
店内にはそのスーパーフライデー関連の告知ポスターやポップなんかもたくさんあるし、仲のいい店員さんにも聞いたのでピンときた!
「あー、ソフトバンクのスーパーフライデーですね?」
「あの、これ買ったばかりで、使い方がわからなくて...」
「いや、俺もスマホとか持ってないからわからないんですけど...」
「なんか、どうにかしたらもらえるらしいんだけど...」
いや、俺じゃなく、ほかの立ち読みしている人に聞きなよ。きっと、俺より詳しいから。
と思うものの、突き放すようなことも言えず、とりあえずずっと差し出されたままのスマホを手に取る。
何の画面かもわかんない状態。
せめて、アプリのアイコンが並んでいる状態なら見たことあるし、わかりそうなんだけど。
「ちょっと説明を読みたいから、ポスターのあるところまで移動していいですか?」
こくこくとうなずく男性。

場所を移動して、説明を見るとメールが送られてきて、リンクをタップすると次のステップに書かれている表示画面になるらしい。
だが、これがメール画面なのかどうかもわからない。
というか、文字入力の画面っぽいから、メーラーは起動されているのか?
それともラインとかなのか?
いや、使い方もおぼつかない人がラインはやらないか?
よくわかんないから、やっぱり初期画面に戻したい。
「メールの画面って出せます?」
「あの、これ買ったばかりで...」
「じゃあ、初期画面にできます?」
「あの、これ買ったばかり...」
『しまったぁ、一点張りだぁ!』
とりあえず、埒があかないので、あてずっぽでマークをタップ!
『キタ! 初期画面』
「メーラ...」
「あの、これ...」
『ダメだ! 何一つ聞けない。』
アイコンを探すと右下にメールの文字。
『これだ!!』とタップ。
メーラー起動。
該当のソフトバンクからのメールが表示された。
画面を下に下がってリンクをタップ。
「ブラウザを起動しますがよろしいですか?」
あらためて聞かれると不安になるが、『OK』をタップ。
次のステップに表示されている画面がでたっ!
いやあ、使い慣れている人にはどうってことないだろうけど、一歩間違ってとんでもない所に行ってしまったらリカバリーできる自信がないから恐ろしい恐ろしい。
でも、よかった。無事たどり着いた。
と喜んだのもつかの間。
ポスターの説明では赤くなっているボタンがグレーです。
上の説明を見ると6月30日に使えるみたいなことが書いてある。
『あれ? 23日のリンクをタップしたつもりだったんだけど』と思い、メーラーに戻ってみると、やっぱり23日になっている。
念のため、もう一度タップ。
やっぱり、30日になっている。
そこで気づいた。
『これは金曜日にしか使えないやつじゃないかぁ』
だって、今日は日曜日、使えるはずなし。
『わかってくれるかなぁ』と半信半疑で男性に説明。
「このスーパーフライデーのやつは金曜日にしか使えないみたいですよ。だから、次の30日の金曜日にもう一度くればソフトクリームかコーヒー、もらえるみたいですよ」
ゴネられたらどうしよう、俺店員じゃないけどと思いながら男性の顔を覗き込むと
「ああ、そうなの。今日はダメなの。じゃあ、しょうがないね。30日ね。ありがとうね」
と頭を下げてくれた。
「いえいえ、いいんですよ。ここの店員さんも親切な人多いから、30日に聞いてみるといいよ」
と無責任なことをいいつつ、その場を去った。
結局、先に男性が帰ったけれど、自分もいっぱいいっぱいで何も買わずに帰ってしまった。
いやあ、怖い。
なぜ俺に?
あなたの後ろにも、妖怪『あのこれ買ったばっかりで』が迫っているかもしれませんよ。
スポンサーサイト



チュートリアル大事

画像加工で切抜きとか結構やったけど、これって今のスタンダードからずれてない? と疑問を感じ、アドビシステムの提供する切抜きのチュートリアル(練習ガイドみたいなやつ)を見た。
いやぁ、勉強になるね。
結果、それ以外のチュートリアルも勉強する。午前中ずっとフォトショップのお勉強。
勤勉勤勉。
でも、時代は変わったね。
今はもはやスナップショットやヒストリーパネルに頼らなくても元に戻るし、部分的なレイヤーの効果すらあとで調整できたりする。
なによこれ、すごい便利じゃん。
というか、今の人たちには「常識じゃん」なんだろうな。
時代に取り残されていた男、必死についていこうとチュートリアル見ていこう。
ライトルームも見ていこう。
成果が上がったら、皆さんにも見ていただきたい。
その時は、よろしくお願いします。

遊び 4

201700623roses1-4.jpg
なんか、古いテレビドラマ(昼ドラ)のタイトル背景みたいになっちゃった。

遊び 3

201700623roses1-2.jpg
元のバラよりだいぶ暗い印象に。

遊び 1

201700623roses1-5.jpg
しばらく、このシリーズ続きます。

201700622tama-1.jpg
おや?


201700622tama-5.jpg
なるほど


201700622tama-3.jpg
こうなって


201700622tama-6.jpg
ここにも?


201700622tama-2.jpg

201700622tama-4.jpg

201700622tama-7.jpg
ここは排水溝か


きれいなんだけど、どういう目的で?

ぶるっとしたと村

201700624kominka-13.jpg
木陰があったり、

201700624kominka-14.jpg
池があったりと涼しげではあるんですが、やはり気温が高い。

201700624kominka-9.jpg
でも、家の中は薄暗いですが、その分涼しい。

201700624kominka-1.jpg
広々しているし、

201700624kominka-2.jpg
厚い断熱性の高い屋根と、広い天井の空間。

201700624kominka-4.jpg
板の間も足にひんやりとした感触を伝えてくれます。

201700624kominka-3.jpg
人もいなくて静かな空間。

201700624kominka-7.jpg
静か過ぎる空間に、古ぼけた家具などがならび、自然とそうっと歩いている。
覗き込むように次の部屋を見て、ゆっくり入る。

201700624kominka-5.jpg
「まんず、よくきたなぁ」
唐突に静寂を破って聞こえてくる人の声!
ビビビクゥゥゥッ!!

201700624kominka-6.jpg
岩手県の遠野の南部曲家。
遠野といえば民話も有名。
センサーで人を感知してスピーカーで語りだすシステム。
わかるけど、事前にお知らせしてくれないと、こ、怖いんですけど。
よけいに涼しくなったけど。

ふるさと村

201700624kominka1-1.jpg
昨日の『わらすこひろば』から、まぶしいぐらいの緑を見ながら歩いていると、『ふるさと村』に出てきます。
ここは東北6県の特徴的な茅葺の民家を移築したところです。

201700624kominka1-2.jpg
見えてきました。

201700624kominka-8.jpg
天気もいいのでやっぱり暑い。

201700624kominka-12.jpg
民家の中にはこうした展示物も。

201700624kominka-10.jpg
小屋などにも当時の暮らしが続いているかのようなこんなものも。
昨日の『オノオレの木』の説明もここにありました。

201700624kominka-11.jpg
ノコギリもいろいろあるんですね。
横山ホットブラザーズならどれを選ぶかな?

明日も、古民家つづきます。

オレオレの木?

201700620myakuraku-1.jpg
公園のわらすこひろば

201700620myakuraku-2.jpg
ホウノキ?トチの木(らこささん、ありがとうございます!)

201700620myakuraku-3.jpg

201700620myakuraku-4.jpg

201700620myakuraku-5.jpg

201700620myakuraku-6.jpg
パッと見、「オレオレの木」って読んで、高齢者相手に悪事をはたらくイメージをしてしまった...

バラ祭りの会場で

バラ祭りの会場でのお写真

201700619nouen-1.jpg
最後以外はモノクロでごあんなーい!

201700619nouen-2.jpg
洗面台s

201700619nouen-3.jpg
ゴマ

201700619nouen-4.jpg
会場で食べたラーメン。
とんこつベースで醤油、塩、味噌があります。
これは醤油。
麺がG系のような固めの極太麺でした。
おいしかったけど、水がちょっとおいしくなかったかも。
鶉の卵というトッピングも面白かったです。

バラ祭り 2

201700617rose-11.jpg
昨日に引き続き、バラ祭りの続きです。

201700617rose-7.jpg

201700617rose-10.jpg

201700617rose-6.jpg

201700617rose-2.jpg

201700617rose-15.jpg

201700617rose-18.jpg

201700617rose-17.jpg

201700617rose-16.jpg

201700617rose-8.jpg
以上、バラ祭りでした。

バラ祭り 1

201700617rose-1.jpg
バラ祭りにも行ってきました。

201700617rose-4.jpg
色鮮やかな中央の花壇を囲むようにバラが植えられていました。

201700617rose-3.jpg

201700617rose-12.jpg

201700617rose-14.jpg
バラ祭りで、「きれ~い」とか「素敵~」とか「いい香り」とかの声に混じってよく聞こえてくるワードがありました。
それが、「THE バラ!」。
大概が、「これなんかまさに『THE バラ』って感じだね~」といった感じでなんだか面白かったです。
写真のバラなんかも色やつぼみの感じが『THE バラ』ですよね。^^

201700617rose-5.jpg

201700617rose-13.jpg

201700617rose-10.jpg

201700617rose-9.jpg

201700617rose-19.jpg
明日もバラ祭りの続きの予定です。

公園あれこれ2

201700616mkk-2.jpg
睡蓮の続きから

201700616mkk-1.jpg

201700616mkk-3.jpg
とんぼも

201700616mkk-8.jpg
まだツツジも

201700616mkk-7.jpg
ここから下って

201700616mkk-6.jpg
流れて

201700616mkk-5.jpg
ここから出て

201700616mkk-4.jpg
睡蓮の咲いている池へ

201700616mkk-9.jpg
上から見下ろすとこんな感じに

201700616mkk-10.jpg

201700616mkk-11.jpg
明日はバラ写真の予定です。

公園あれこれ1

201700614m-1.jpg
今日はポピー祭りの行われていた公園でのあれこれをアップしました。

201700614m-2.jpg

201700614m-3.jpg
入り口付近にあるこの岩。
実は二つに割れています。

201700614m-4.jpg
割れている内側が合わせ鏡になっているので...

201700614m-5.jpg
間からのぞくとこんな感じに。

201700614m-6.jpg
岩がいっぱい。
天気もよかったぁ。

201700614m-7.jpg

201700614m-16.jpg

201700614m-17.jpg

201700614m-18.jpg
睡蓮も咲いていました。

白いやつ

量が多いのでザザーッと見ていただければと思います。

201700614m-9.jpg

201700614m-8.jpg

201700614m-11.jpg

201700614m-10.jpg

201700614m-13.jpg

201700614m-14.jpg

201700614m-12.jpg
タンポポがメイン

201700614m-15.jpg
ヒョコ!

ポピー祭りじゃあ~ 其の二

201700612hanahana-9.jpg
日差しの降り注ぐ、少し風のある日。

201700612hanahana-5.jpg
薄く柔らかなポピーの花びらはひらひらと風にゆられていました。

201700612hanahana-6.jpg
その鮮烈な赤が深くなる。緑の中でゆれる。

201700612hanahana-12.jpg
広がる空の青と相まって。

201700612hanahana-11.jpg
色の合唱を聞いているような気持ちになります。

201700612hanahana-7.jpg
見て楽しむ人も、写真をとる人たちも楽しそうでした。
明日は、白いあの花などを。

ポピー祭りじゃあ~ 其の一

201700612hanahana-1.jpg
今日明日はポピー写真です。あしからず。

201700612hanahana-2.jpg
ポピ助

201700612hanahana-4.jpg
ポピ丸

201700612hanahana-3.jpg
ポピ之丞

201700612hanahana-10.jpg
ポピ姫

201700612hanahana-13.jpg

201700612hanahana-14.jpg
せっかくのきれいな花々を汚している気がしないでもないですが、後生なので明日もご覧ください...
明日は余計なこと書かないので。

ちょっとだけポピー

201700611hana-2.jpg

201700611hana-1.jpg
今日は春バラ祭りへ。
時間がなくなり、ポピーはまた明日。
ちなみに写真はポピー写真の一部です。

また昼ふかし。蒸かしたんならおいしくいただけるかも。

東北地方ももう梅雨は目の前!
晴れの日ともあまり出会えない時期にさしかかって来るだろうという事で、昨日はポピー祭りをやっている大きな公園へ。
その公園は内陸部で、結構山形に近い。
仙台から山形市にのびる道路沿いになる。
同じく、仙台から山形の東根市に向かう道路もある。
まちがって、そっちの道を選択。
山形まで行っちゃってから気づくという大失態。
2時間近くのロスをして公園へ到着。
しかし、天気は上々でした。

201700610higasa-1.jpg
日暈。
ちょっと見づらいので、多少見やすく加工。

201700610higasa-2.jpg
あんまりかわんない?
環水平アークの切れっ端もあった。

201700610higasa-3.jpg
わかります?
わかんないか?

201700610higasa-4.jpg
引いたほうがわか...んないね。
うっすいからねぇ。
というわけで、3時間睡眠で、眠いので今日のところはおやすみなさい。

パン一で郵便受け取る?

昨日はテレビでエクオールなるものの話を見たせいか、豆腐に納豆かけて食べちゃった。
エクオールは摂取した大豆食品をエサとする腸内細菌が作り出す物質らしいです。
血管の健康を保ったり、お肌をきれいに保ったりと健康の強い味方なんだそうです。
ただ、あまり大豆食品を食べていない人はその腸内細菌があまり育たない場合もあって作り出せないこともあるそうです。
継続的に食べ続けていれば、腸内細菌も増え、エクオールを作り出す量も増えるんだとか。
気分で増やそうと思ったわけじゃなく、冷蔵庫を見たら手っ取り早く食べられそうなのが納豆と豆腐で、ご飯もなかったからっていうのが大きな理由だけど。
納豆かけて食べるなら絹ごしより木綿だね。
絹ごしだとのっけた納豆がつるつる滑って食べづらい。

そんなことはさておき、通常、早朝に家に帰ってすぐ寝るわけじゃない。
風呂に入るし、ご飯も食べる。
テレビも見るね。
あと、これ。
まあなにかとちょこちょこするわけですが、昼ぐらいを目途に寝るわけです。
日によっては昼ふかし(夜じゃないからね)することもある。
昨日はそう13時ぐらいかな? 布団に入って寝ました。
と言ってもすぐ寝られるわけじゃない。
15分ぐらいしてウトウト...
ピンポーン!!
『あー、わかる、きっとあれだ!』
簡易書留かなんかなんだよなぁと心当たりがあるんだけど、特に急いでいるものでも、待ちかねていたものでもないから迷う。
そう、俺はパン一。
まがうかたなきパン一。
ごめん...
これが宅配便ドライバーを苦しめているんだよなぁ。今回は(たぶん)郵便配達員だけど。
そういえば、ヤマト運輸の配達の時間指定がちょっと区分けが少なくなって、広くなるみたい。
あと、昼の時間帯の指定がなくなるとか。
まあ、お昼とれないのはなにより過酷だからね。
いいことだと思います。
ちなみに、私は再配達など頼まずに取りにいきます!
お手は煩わせません!!
えっ、不在伝票書くだけでもう煩わせてる?
ですね、さーせん!!

自信持ったねぇ!

最近、本人限定受取郵便なるものを受け取る機会があった。
どういうものかというと「親展」などのように宛名本人が開封するように促すようなものではなく、100円ぐらい追加で料金も取られて、郵便局が本人以外には絶対に渡さないよっていう郵便。
自分も初めてだったのでちょっと戸惑った。
まずは、自宅に本人限定受取郵便が来ましたよっていう郵便が来る。
最初から配達すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、家族ですら受け取ることはできないから、その住所にいるから大丈夫とはならないわけ。
ではどうするかというと、本人確認のできるものを提示してもらわなくてはいけない。
だから、事前に来ましたよという連絡の手紙に、受け取り方と受け取るときの注意点なんかが書かれている。
再配達してもらう場合と郵便局で受け取りたい場合の方法とかも。
必ずなのかわからないけど、本人と確認した(たとえば運転免許証)証明書のコピーなんかも差出人に渡すようで、それを拒否する場合には、本人であっても受け取ることができない。
そんな注意点が書いてある。
で、最寄の郵便局だったり、受け取りやすい郵便局を指定する場合には電話あるいはファックスなんかで依頼できたりするんだけど、自分が受け取りたい郵便局が保管郵便局の場合にはどうすればいいかってのが書いてない。
連絡なしに取りにいって受け取れるものなのか、そうではないのか?
たとえば、本人確認を厳格にするためにも一度連絡してもらって電話番号等である程度確認を取ってからでないといけないとかあるのかなあなんて思ったりもしてちょっと迷った。
でも、電話するのも面倒くさいので「直で取りに行こうかな? だめだったらあらためて電話すればいいし」と思って仕事後に取りに行こうと思って確認書類用の運転免許証と印鑑を持って仕事へ。
ちなみに、保管郵便局は自宅からの最寄で、なおかつ大き目の郵便局なので24時間窓口がある。
仕事場でも聞いてみたけど、知ってる人がいなかった。
そして、郵便局より仕事場から近いいつものコンビニへ。
いつもの店員さんに聞いてみた。
「本人限定受取郵便って知ってます?」
「あ~、いや、知らないですね!」
「そうですか。なんかきちゃいましてね、本人しか受け取れなくて免許証なんかの確認書類も必要で...」
「あっ、それは受け取るときに絶対必要ですよ!」
「そうなんですけど、これはなんか差出人にそのコピーが行くらしいんですよ。そうじゃないと受け取れないらしくて。」
「なんか、いかがわしいものでも買ったんですか?」
「そうなんですよぉ。家族には見られたくないDVDを...って一人暮らしだから。なんだったらエロエロパッケージががっつり包装紙にプリントしてあっても大丈夫だから」
「結構、気にするタイプなんじゃないですかぁ」
「どオープンですよ! ドーンですよ!」
「でも、そんなのあるんですか? ぜんぜん知らなかった」
「あるらしいんですよ。(話、急に戻すな)でね、これから○○郵便局で受け取ろうと思うんですよ」
「窓口開いてるんですか?」
「あそこは24時間の窓口があるんで、たぶん受け取れると思うんですが、なんか事前に来たお知らせの手紙だと事前にファックスか電話が必要みたいにも読めるんですよね。あと、24時間でもそれ(個人限定受取郵便)は受け取れないとかあるかもしれないですけど、まあ、そしたら一回家に帰ってやり直すんでいいんですけどね...」
この語尾にかぶせるように、店員さん
「大丈夫! 受け取れますよ!! 24時間やってるなら受け取れます!」
「そうですかね? じゃあ、大丈夫ですかね?」
とは応じてみたものの、知らない形の郵便の必要条件もわからないのにそれだけ自信もって受け取れるって言えるのすごいなぁ。
まあ世間にはそんな人、ごまんといるけど。
ちなみに、この店員さんは確定申告で白色から青色に変更する際の申請が申告直前でも可能だと言っていたな。(実際はできない)
しかし、今回は店員さんの言うとおり、受け取れました!
どうも、自分は無責任に人に助言するのが苦手なので、「たぶん」とか「俺が思うには」とかの言葉を入れたくなっちゃいます。
皆さんはどうですか?

示威行為

201700604karugamo-1.jpg
空母『カモナルド・レーガン』と護衛艦隊

公園さんぽ

201700605park-4.jpg
カルガモの親子がいるということで、仙台の太白区にある天沼公園へ。
近くの三神峯公園は桜で有名だったし、大学のときの研究室の花見会場でもあったので知っていたけど、近くにこんな公園があることはぜんぜん知らなかった。

201700605park-2.jpg
天気もよくて、カルガモ日和。

201700605park-1.jpg
日に日に陽射しと緑が濃くなっていく気がしますね!

201700605park-3.jpg
いた!
親子じゃないけど。
はい、すみませんですた。

あぶない、酸辣湯!!

201700603udon-2.jpg
冷蔵庫はいつもいっぱい。
なのに酸辣湯うどんを作りすぎてしまった。
うどんを入れなきゃ、ただのスープ。
量があったって食べれるだろうと思ったのが甘かった。
なかなかの量であまっちゃった。
中には痛みやすいもやしも入ってるし、湿度も高くなってきたこの季節。
常温保存は危険だ。
そして、腐ったとして、相手は酸辣湯。
元からすっぱいぞ!
腐ったかどうかの判別が...。
危うし!!

また、調子にのって

2017052428hanyou-25.jpg
褒めてもらうと、もういいっていうのに載せてしまう性格。
われながら困ったものです。

2017052428hanyou-6.jpg

2017052428hanyou-16.jpg
でも、これで本当に最後です。
ご覧いただきましてありがとうございました。

別に何もしなくていい

2017052428hanyou-20.jpg
用事があって珍しく夕方に行動。
ふと見ると小さな男の子が塀の角から向こうを見ている。
鬼ごっこなのか、かくれんぼなのか、それ以外なのか?
後ろから見るとちょっと間抜けだ。
ダッ!
駆け出す男の子。ひとつ下がった角に身を隠す。
が、誰も来ない。
やがて、ソロリソロリと元の位置に戻ってくる。
また、向こうをうかがう。
どうしたもんか?
声かけるのはNGだし、代わりに見てあげるのも違う。
でも、かわいいから何かしてあげたくなる。
どうしたらいいのかな?

続きを読む