何がすき? 何が嫌い?

20170723-sample-7.jpg
ちょっと前々から疑問に思っていたことがある。
あの人はなぜ『李下に冠を正さず』を引用するのだろう?
というのも引用元は『瓜田に履納れず、李下に冠を正さず』でしょ?
ふつうだったら、この二つを全部引用するか、長ければ普通は前半を引用するんじゃないかと思うわけですよ。
なのに、あの人は後半を何回か引用してますよね?

思うに、すももか冠が好きか、瓜かくつがきらいかというところが単純に連想される。
やっぱ、あれかなぁ。
選民意識かなぁと個人的には思ったり思わなかったり。

続きを読む

スポンサーサイト



夏本番

20170723-sample-6.jpg
晴れた暑い日が続いてからの雨、気温も下がってすこしすごしやすい。
ただ、湿度がなぁ。
衣類が肌に貼り付いて動きを妨げるのがうっとうしい!

続きを読む

中学時代の握力

20170723-sample-8.jpg
ボルダリングがアクティブな人たちの間ではなかなか人気らしい。
人間って登るの好きだよね。
でも、無理! 握力・腕力が恐ろしくないから。
コツは腕力じゃなく、脚力を使うことらしいが、それだって握力が皆無では無理だろう。
確か中学のときに右手の握力を測ったら15kgの脅威の数値を叩き出した。
測定器の故障だったけど、故障にしても、周りのみんながそれでそれほど驚かなかったことを思えば、正常値も推して知るべし。
上半身の筋力には驚くほど自信がない。基本、インドア派だしね。
うーん、私はトン(t)の握力を持つというゴリラになりたい。(上半身だけ。ん、気持ち悪いか?)

続きを読む

続きを読む

続きを読む

植え替え

20170723-sample-10.jpg
6月の中旬、噴水をバックに花を撮りたいなと思い、心当たりの大きな公園へ。
それまでなかなか噴水が稼動してなくて、そろそろかなと思ったんですが、まだだった。
仕方なく、花だけでもと思ったら、立て札が。
『植え替え作業中。6月下旬完了予定』
ってことで、土だらけだった。
そろそろ、いい時期かな?

続きを読む

梅雨明け

天気予報をあまり見ない男なので、明けたのか明けてないのかわかりませんが、もう明けるでしょうということで最後に残ったアジサイ写真を見ていただこうかなという趣向です。
よかったら、お付き合いください。

20170724ajisai-1.jpg
20170724ajisai-2.jpg
20170724ajisai-3.jpg

ご覧いただきましてありがとうございます。

続きを読む

和田竜『忍びの国』

現在公開されている『忍びの国』の原作のほうを読みました。
読み始めは普通の歴史ものなのかなぁと思ってましたが、最後にはぞくっと来るような結末がありました。
面白かったです。

映画は見ていませんが、原作を読んでもお国は石原さとみさんしかないって感じでしたね。
あと、平兵衛は鈴木亮平さんらしいですが、自分としてはかっこいい生き様だと思うので、ぴったりのキャスティングだろうなって感じですね。
そこだけ見に行きたい。
伊賀の忍びたちの残忍さ、冷酷さを憎み、暴挙に出る平兵衛。
だが、実は地侍たちにその行動さえも利用されている平兵衛。
それでも自分の意思に従った生き方、かっこいいです。
柘植もかっこいいですけどね。
大戦の派手なアクションもあるでしょうし、ストーリーの面白さもあるし、残忍で、冷徹で、利己的な伊賀ものの哀れさを描いたところも興味深かったです。
なにげに、見所いっぱいかも。
個人的には文吾も好きだったし、物語としてはポイントをついているキャラだから映画で割愛されたっぽいのは残念。

続きを読む

20170723-sample-1.jpg
各地で梅雨明け宣言され、とはいえ暑く、とにかく蒸し暑い夏がやってきております。
暑いなら暑いでいいのだけれど、蒸しがつくとなんと不快なことか。
ただ、机に座っているだけでも椅子と接する腿の裏側、机に置かれた下腕の裏側に汗をかき、いつの間にかこめかみを汗がつたう。
湿度がいけないんだ!
汗が乾かないんだ!
なのに、なぜその敵の水分の親玉である水を見ると涼しい気分になるのだろう?

続きを読む

59分29秒

20170722om-1.jpg
ゴーヤ

20170722om-2.jpg
オニオン

20170722om-3.jpg
エリンギ

20170722om-4.jpg
主役登場! スパム

20170722om-5.jpg
バター

20170722om-6.jpg
ソテー

20170722om-7.jpg
ラーイス、イーン!
エーン、シーズニング!!(と、味付け(塩コショウのみ))

20170722om-8.jpg
洗い物に気を取られ、焦がす。
もっとも、溶き卵投入時の鉄鍋温度が高すぎたんだけど。

20170722om-9.jpg
何もかけなくてもいいし、ケチャップでも十分なんだけど、夏だしちょっと辛めにということで、
ケチャップ、砂糖、タバスコで擬似サルサソース密造。

20170722om-11.jpg
密造サルサソースのほかに、一部では珍しくもない砕きポテチの料理利用に習って、トッピングに砕コンソメポテチをフリカケル。
これで、ふんわりとサクサク食感!

20170722om1-10.jpg
普通は、フリーザーバックとか袋に入れてすりこぎで粉砕するんだけど、男料理なので素手でハンドメイド。
その証拠写真。
友達んちでファミコンのコントローラー触ってやろうか?

もうちょい早くできるといいんだけなあ。

続きを読む

今日も何もなかった

20170721happa1-1.jpg
今日はちょっと夏らしく、涼しげな写真をチョイスしたつもり。
今回は地味加工。
一見普通に見えますが、立体感を感じるようにじみ~に加工してみましたよ。
感じてもらえるとうれしいんですが...。

続きを読む

らくがき

20170720rakugaki-1.jpg
この前見つけたよく見る橋柱への落書き。
ただ、ちょっと描きこんでいる。
下に落ちたすっぽんも気になる。
あっ、あれが取っ手部分になっているのか!?

落書きはやめましょう。

続きを読む

いつのまにやら...

個人限定受取郵便の話をしましたが、最近、この受取が個人的に増えています。
要は本人にしか知らせたくない郵便。
本人が受け取ったことを何で証明されたかも先方が知りたい郵便。
結局何が入っているかというと、IDとパスワード。
まず、webサイトで仮登録、メールで本登録、郵送でログイン用のIDとパスワードが送られてきてログイン。
セキュリティー的にはすぐさまパスワードのみあるいはIDとパスワードの両方を変更するのが必要です。
ちなみになぜ必要かというと、ソーシャルエンジニアリングやパスワードを詐取・悪用しようという内部犯などによってパスワードが盗まれ、個人ページが乗っ取られたりしてしまう可能性が高くなってしまうから。
ちなみに、ソーシャルエンジニアリングとはネットを使わずに情報を盗む方法全般のことです。
簡単なものではキャッシュカードなどで暗証番号を打つ手元を後ろから覗き見するなども初歩的なソーシャルエンジニアリングです。
今回のパスワードなんかはちょっとお金も絡むのでセキュリティー重視でそれを実行。
だけど、ここのところこれらの作業を繰り返し行っているために今までパスワード管理は17~19ぐらいのものだったのが、30オーバーに。
なんでもない、二度と使わないようなオンラインショップのIDパスワードなんか忘れたって構いはしないけど、今回増えたやつは軽々しくも扱えない。
こんなにも大変で手間がかかるとは。
本とゴミとパスワードはいつの間にやら増えてまんなぁ。

続きを読む

ハマちゃいます


不意にたどり着いた動画。
ハマっちゃいました。
映画『帝一の國』の関連動画。
永野芽郁さんがかわいい!
赤い靴がかわいい!
長い髪がかわいい!
ピック投げ捨てるしぐさがかわいい!
しっかりとギターを抱える手がかわいい!
まちがえないようにしっかりと踊る姿がかわいい!
少しだけ見せるあぶなっかしさとと時々見せるキレのバランスが絶妙にかわいい!
単に笑顔がかわいい!

永野芽郁さんが娘なら、ねだられたらなんでも買ってあげちゃうダメな父親になる自信あります!!

続きを読む

どうだろう?

安倍総理は今度こそ「丁寧に説明してくれるのかな?」。
丁寧な口調で説明するんじゃなくてね。

続きを読む

続きを読む

俺の宿敵は...

スパイダーソリティアだ!
ご存じない方のためにスパイダーソリティアはWindows OSに付属するトランプを使ったコンピューターゲーム。
以前は、マインスイーパーだったが、どうしても運の要素が大きいから鞍替えしたのは皆さんご存知のとおり。
はい、すみません。知らないですよね。

使用OSはWindows7だし、コンピューターを買った当初でもミドルといえるかなあぐらいのスペックだったので、現在はとにかく遅い。
ある程度、早くするための設定を施したところで、焼け石に涙! (ん? 混ざった?)
だから、フォトショップとライトルームを連動させてみたいな快適な環境をとアドビシステムズ(フォトショップなどの会社ね)に言われても、同時になんか起動したらすぐに応答しなくなるのよ。
一個だって、起動にどれだけかかんのよってぐらい、仙台地下鉄だったら下手したら二本ぐらい乗り過ごせるほど待たされるわけですよ。
フィルターかけたら適応バーが遅々として進まないのですよ。
おまけに、ADSLの最遅の回線だからネットで同期なんかされたら、こっちは息切れ、めまいで救心にご厄介にならなければいけないレベル。(見捨てないでついてきてくださいね。『同期』と『動悸』をかけてますよ)
つまり、一枚加工に普通なら10分ぐらいですむところを1時間かかっちゃったりするわけ。
ほかも言わずもがななので、とにかく待ち時間が多い。
賢い人なら、回線変えて、新しいモデルを買うだろう。
ちょっと賢い人なら、その場で本を読むとか待ち時間を有効に使うだろ。
が、上記の二つに入らない自分はすかさず、スパイダーソリティアを起動する。
もう、癖になっている。
意識せずに起動したりする。
しかも、大してリソースを食わないとは言ったって、同じコンピューター内でゲームするって言うんだから、余計に事態を悪化させている。
まさに、間抜けの称号をほしいままにしているといっても過言ではない。
かつ、それにハマって問題の処理が終わっても延々ゲームを続けているにいたっては、どうだろう?
1.感心した
2.まあ、いいんじゃない
3.わかるけどね
4.本末転倒、最悪だ
はい、4番......正解!
どうしたものか。
(答えはお前の心の中に...)
あれ、デジャブ? (最近、デジャヴュ的な表記もあるよね...)

続きを読む

続きを読む

休みの日に食べちゃう

一人暮らし、かつゆるやかな自炊の人って、食材がたまっていってしまいません?
まず、『ゆるやかな自炊』ってなんだよってことですが、自炊するぞって思っているんだけど、帰りがけにおいしそうとか面倒くさいななどの理由で、出来合いのものをついつい買っちゃう人。
つまり、俺! (毎日コンビニに寄る人)
だから、ある程度買い物をして、食材を毎日自炊できるように買っているのに、そのことによって食材が過剰になる。
あまる。
ありあまる。
あまりある。
だから、休日になると食い尽くさなくてはと作って食べて、おなかが落ち着いてくると次のものを作って食べたりする。
食べ過ぎるし、時間も取られる。
気づくと寝て、(TV)見て、作って、食べてそれだけの一日。
無駄な気がする。
なのに、終盤、片付けた食材が占めていた冷蔵庫内の空間が空いちゃうから、不安に苛まれて、スーパーに買い物に行く。
この悪循環、負パイラルをどうしたものか?
どうしましょう?
(答えは汝の心の中に...)
へへぇ~

アジサイ調べ

20170711robata-8.jpg
アジサイの写真を撮ったので、載せるついでにウィキペディアなどで調べてみました。

20170711robata-5.jpg
アジサイの『紫陽花』という漢字は唐の詩人白居易が別の花に付けた名前を、平安時代の学者源順がアジサイに当てたために間違って広まったといわれているそうです。
ちなみに、アジサイの原産国は日本だそうで、ガクアジサイがもともとの原種。
手まり咲きと言われる上の写真のようなアジサイはガクアジサイから変化して生まれたものらしいです。
けれど、葛飾北斎の『あじさいに燕』に描かれているアジサイは手まり咲きのようなので、江戸時代には普通にあったようですね。

20170711robata-1.jpg
アジサイには毒性があるという話しがあり、実際にアジサイの葉を食べるなどして食中毒になった例もあるようです。
しかし、アジサイの品種によって、成分・含量にかなり差があるみたいで、詳しいところもよくわかっていないようです。
食中毒の症状にしても、重篤なものは確認されていないようなので、口にしなければ問題ないみたいですね。

20170711robata-3.jpg
よく知られているところでは、ガクアジサイの一般的に花と思われているところは萼で、いわゆるおしべとめしべのない果実を生じない花(装飾花)なんだそうです。
中央部分の小さなやつがおしべとめしべのある花。
手まり咲きのやつはすべてが装飾花であるために、稀にしか種子をつくる事がないそうです。
じゃあ、どうやって増やすのかというと、挿し木で簡単に増やすことができるんだそうです。
そうだとすると、勝手に増えないし、増やしたいときには自由に増やせるので都合がいいですね。

20170711robata-2.jpg
ちなみに各地にあじさい寺と呼ばれる寺院があり、呼ばれなくてもアジサイの咲いているお寺が多いのは、一説によるとアジサイの咲く梅雨の時期は気温変化が激しく、医学の発達していなかった時期には死者が多く出たのだそうです。
その時に手向けられたのが時期で咲いているアジサイだったので、お寺によってはアジサイを死者に手向ける花としているところもあるようです。
そんなこんなで、過去に流行病などで多くの死者が出たところの寺にはアジサイが植えられた。
その後に書画などでアジサイの美しさも広まり、各地の寺院ではアジサイを植えるところも増えたみたいです。

20170711robata-6.jpg
アジサイの色は土壌のpHに関係するとよく言われますが、色の主成分はアントシアニンらしいです。
そう、ぶどう、ブルーベリーなど紫色といえばアントシアニン。
そして、花の色はアルミニウムイオンを多く吸収することによって青っぽく、吸収されなければ赤っぽい紫色になるんだそうです。
吸収されたアルミニウムイオンが補助色素と結合することが関係するみたいで、土壌が酸性であればあるほどアルミニウムがイオン化しやすくなるので、たくさん吸収されるんだそうです。
ただ、アントシアニン自体もpHによって色が少し変化するらしいです。
けれど、すべてのアジサイにこれが当てはまるわけではなく、補助色素の量の少ない品種や、アルミニウムイオンの結合を阻害する物質を持つ品種では傾向が弱かったり、出なかったりするみたいです。
アナベルなど白い花は特にこの傾向が出ないでしょうね。
また老化によって花は赤みを帯びていくのだそうです。

20170711robata-7.jpg
アジサイもなかなか奥が深いですね。

続きを読む

20170710bird-7.jpg
ちょっとブサイクなスズメ

20170710bird-6.jpg
「おう、なんじゃワレ! 文句あんのかい?」

20170710bird-5.jpg

20170710bird-4.jpg

20170710bird-2.jpg

20170710bird-3.jpg

20170710bird-1.jpg
最後はお約束、鳥はどこでしょう?
アジサイ祭りで見かけた鳥たちでした。

20170709AZE-1.jpg
畦が若草色で、稲が緑色。
ただそれだけ。

アジサイ祭り

20170708ajisai-2.jpg
アジサイはアジサイ祭りをやっているところで撮影してきたのですが、どうも今年は例年にくらべて開花が遅いらしく、期間を延長してその延長期間ももう終わりというこの時期にやっと見ごろを迎えていました。
だから、上を見ても...

20170708ajisai-1.jpg
下を見ても...

20170708ajisai-3.jpg
アジサイでいっぱいです。

アジサイ

20170707ajisai1-1.jpg
アジサイを撮りに行ってきました。やっと見ごろ。
平年だと終わりかけぐらいの時期です。

20170707ajisai1-2.jpg
雨のアジサイを撮りたかったけど、そう思っていると晴れ。
晴れてほしいときには降って、降ってほしいときには晴れる。
うまくいきませんね。
もちろん、加工してみましたよ。^^

続きを読む

公園

201700703etc-4.jpg
公園撮。

201700703etc-3.jpg
歩く。

201700703etc-6.jpg
帰る。

草むら

果たして、草むらを好きな人っているんだろうか?
はい!
一人(自分)だけかも。
でも、なんとなく好きなんですよね。
201700703etc1-1.jpg
こんなやつ。
わさーって、突っ込んでいきたくなります。
掻き分けたくなる。
なんでだろう?

曇天とステンレス

201700703etc1-5.jpg
こちらは七北田公園にあるアートオブジェ的な風車。

201700703etc1-7.jpg
パッと見ではどう動いているのかわかりにくい、面白い動き。
晴れた日には鏡のようなその体で光を反射させて、芝生に光点をいくつも走らせます。

ビョウヤナギ

201700703etc1-8.jpg
ビョウヤナギ(未央柳)。
ちょっとトライポフォビア(集合体恐怖症)の気があるのか、苦手。(だったら撮るな!)
あっ、慣れてきたかも。
きれいかも。
なんだかすみません。

めし

201700702sample3-0.jpg
昨日の飯。
チャーシューともやしとねぎの炒め物。
フォトショップのチュートリアルを参考に調整して見た。
よくないねぇ。
まだまだ、練習!

花束作ってみた

バラ祭りでバラ単体の写真を撮ったので、全部混ぜてみた。
もうちょっと配置とか、バランスとか調整できると思うけど、切り抜き練習を兼ねていたので、こんな感じでご勘弁を。

201700629bouquet-01.jpg
見るにたえないというほどではないでしょ?
2017年も折り返しですね。