みんな見てるよ!

今日は『浜や』さんで『生しらす丼』を食べました。
ここで、昨今悩まされているのが『生』。
ビールなどの特定の物であれば『生』と略されていたとしてもイメージをはずされるということはないんだけども、判断が難しいものに『生』と付くと、生クリームを略したのか、加熱などの調理をされていない生なのかわからない。
今はスムージーとかが主流だろうし、フレッシュジュースとかなのかもしれないが、一時期『生ジュース』といった、店でフルーツを絞った(あるいはミキサーにかけた)ジュースをそう呼んでいた。
これはその法則からすると生クリームが入ったミルキーなジュースという場合もあるだろう。
生クリームを生って略すのやめません?
まあ、そんなに困った経験があるわけではないけども。
そんなことはともかく、こちらには生クリームは入っていませんの「生しらす丼」。
もちろん、釜茹でしていない生。

20171031hamaya-1.jpg
アラ汁も付いてきます。
こちらが生しらす丼。

20171031hamaya-3.jpg
ほら、よって見るとみんな見てるよ~。

20171031hamaya-2.jpg
お手ごろ価格税込み880円のこちらが『浜丼』。

ちなみにしらすはここら辺が北限なんだそうです。
北限のしらす丼でした。

あっ、もちろんおいしかったです!

続きを読む

スポンサーサイト



橋から見下ろす

銀山温泉の写真に戻ります。

20171030ginzan3-4.jpg
上を見ると秋の空

20171030ginzan3-2.jpg
下を見ると川

20171030ginzan3-3.jpg

20171030ginzan3-5.jpg
長くなりそうな気配...
適当にはさんでいこうかと思います。お付き合いいただければうれしい限りです。

続きを読む

しののめ

20171029sinonome-1.jpg
最近、仕事終わりのコンビニ駐車場からの景色

20171029sinonome-2.jpg
東雲だあ

20171029sinonome-3.jpg
おっ、稲まだ残ってる。^^

続きを読む

続きを読む

銀山温泉へ行く途中

紅葉狩りに山形の銀山温泉に行く途中の写真です。

20171027ginzan1-3.jpg
山形の山。

20171027ginzan1-4.jpg
山形の道路。

20171027ginzan1-5.jpg
山形の橋。

20171027ginzan1-6.jpg
山形の川。

20171027ginzan1-2.jpg
見えるかわからないけれど、山形の鳥。

20171027ginzan1-1.jpg
おっ、ちょっと紅葉に高揚!

続きを読む

もみじ狩り

20171026ginzan-1.jpg
山形にそばを食べに行くついでにもみじ狩りに。

20171026ginzan-3.jpg
色づきはイマイチだったので、

20171026ginzan-2.jpg
要所要所、こんな風に『じゃ○ん』な加工を差し込んでいこうかと思います。^^

続きを読む

続きを読む

新そば

新そば食べに行ってこよっと。

続きを読む

開いているって言いたい!

昨晩、仕事に出かける際、隣の車のスライドドアが開いたままになっていた。
人影はなかったが、何かを載せたり、おろしたりの途中なのかと思って気にも留めずに仕事に行った。
朝、雨の中帰宅。
スライドドアはまだ開いていた。
シートがびちょびちょ~。
だが、この車の持ち主を自分は知らない。
言いたい!
おしえてあげたい!
一刻も早く!!

続きを読む

昨日の話で

昨日の話を改めて書いてみて思ったことがあった。
きっと、あの娘さんは昨日書いた出来事を大きくなったら覚えていないと思う。
でも、お父さんの方は、覚えていたりするんだろうなと。
そんな積み重ねで娘さんのことをどんどん愛しく思うんだろうな。

そういう意味でも、子が親を思う愛情は、親が子を思う愛情に及ばないんだろうな。
このご時勢、全員が全員、親になるわけじゃないけど、その子だって親になるわけだから、愛するポテンシャルが及ばないわけじゃないのに。

とかね。

続きを読む

親子

20171021oyako-1.jpg
もう何年か前の話。
行動パターンの変化しない自分はコンビニでレジ待ちしていた。
自分のすぐ前にはすんでのところで前に並ばれた親子がいた。
不思議なもので、深夜でも誰かがレジに行くと、集団心理なのかレジに数名の待ちが出ることがある。
結果、自分は三番目。
たしか、最初の人がカップ麺(と言っても、インスタントじゃなくてレンジでチンするタイプ)みたいなのを買って温めていた。
総じて、汁があるやつはレンジの加熱時間が長い。
レンジアップはまだだったが、前の客はレジを済ませて麺の温め終わりを待つばかり。
すると、店員さんが「次にお待ちのお客様どうぞ」と親子を促した。
親子はお父さんと小学校に入るか入らないかの子供特有のきれいなストレートのロングヘアの娘。
こんな時間でも起きているんだなぁと思ったが、今時は珍しくないのかななんて思ったりもする。
お父さんの持つカゴにはビールやらつまみみたいのが入っていた。
あとはお菓子。
そのカゴをレジカウンターにのせると、娘さんも手に持ったお菓子をカウンターに置いた。
お父さんは会計に備えて財布を取り出そうとしている。
そのあたりで、前の客のレンジアップしていた麺が出来上がり、店員さんが親子に「少々お待ちください」と言うとバーコードをスキャンする手を止める。
レンジから麺を出し、袋詰めして前のお客さんに渡す。
と、言っているが、自分もじっとカウンターの方を見ているわけではない。
あっちこっち見たりして、ブラブラしているので、見ている部分と、声や気配で予想している部分もある。
だが、麺を袋詰めしようとしたときに、カゴの横に置いた娘さんのお菓子がカウンターから落ちそうになったのは見ていた。
店員さんも反応したが、それよりも早くお父さんがそれをつかんで、「邪魔だから、カゴに入れるよ」と娘さんに言ってカゴの中にそっと置いた。
自分からは娘さんの表情は見えなかったが、ずっと手に持っていたことと、お父さんがわざわざそう断ってカゴに入れたことから推測すると、とても欲しい物で、ちょっと見えなくなるのが不安な表情でもしていたんだろうか?
そこで、ちょっと興味の湧いた自分は、親子の様子を見ていた。
麺は無事に前のお客さんに渡され、親子のレジも終了して、いざ、お会計となったとき、お父さんがあわてだした。
どうやら財布がないらしい。
様子からどうも財布を忘れてきたみたいなことになっている。
店員さんは「お車の中にあるんでしたらお待ちしますけど」と声をかけるが、車に財布を置くということはないらしく、ポケットにないと言うことは家に戻らないといけないことはハッキリしているらしい。
その間にも、コントで見るようなあちこちポケット叩いたする仕草でお父さんは財布を探しているが、やはり見つからない。
そして、あきらめて「すみません、また来ます」とお父さんが言う。
店員さんは「そうなると、この商品をこのまま取り置くわけにはいかなくなりますけどよろしいですか?」と言われている。
仕方なさそうに「はい。じゃあ、もとに戻します」と言うが、店員さんも鬼ではないらしく、「いえいえ、それはこちらでしますので大丈夫ですよ」とカゴを横に下げた。
この時になって、娘さんが泣き出す。
結構な声量がコンビニ内に響き渡る。
「ごめんごめん、すぐに財布とって来るから。すぐ買えるから、ちょっと家に帰ろう」
すごくやさしそうなお父さん。
でも、目の前にほしいものがある娘さんは動きたがらない。
なんとも切ない光景。
だが、自分はその中で一人だけ冷めた目でその光景を見ていた。
ずっと思っていた。
『あんた、そこに財布あるって』
レジの機械、カゴ、お父さんの体でがっちりガードされていてほかの人たちには見えにくかったかもしれないが、自分の位置からはカウンターのレジの機械のそばにポンと置かれた財布がバッチリ。
そこに置かれた瞬間も見ていた。
娘さんが置いたお菓子が落ちそうになった瞬間に、ついさっき取り出した財布をあわててカウンターに置いて、お菓子をつかみに行ったのを。
だから、お父さんがポケットをまさぐっている間も、半笑いで『ないない、そこにはないよぉ』と思っていた。
だけど、他人様の失敗を指摘するのってきっかけが難しいじゃないですか?
自分で気づけるなら他人に指摘されずに気づきたい。
自分ならそう!
だから、不用意に言うのもどうかなと思うところもあって、きっかけを窺っていた。
だが、絶好のチャンスもないまま、娘さんも泣いちゃって、もう帰ろうとしちゃって、家帰って、家にもないってなってあわてたらさらに事態が悪化するし、これはもう無理やりにでも割って入って言うしかないと思った。
「すみません」の「す」がしっかり発音される直前、店員さんが「こちら、お客様のですか?」とカウンターに置かれた財布を指差す。
カゴをどけたことで店員さんの視界がクリアになり、発見が容易になったのだ。
手柄を横取りされた自分は、ちょっと、いいことしようとしゃしゃり出たんだから言わせろよと思わないではなかった。
さらには、(過剰な被害妄想かもしれないが)「あっ、そうですそうです。よかったぁ」と言っていたがお父さん、『なぜこんなところに?』みたいな顔して疑いの目をこちらに向けてきたのにはちょっと腹が立った。
全部事細かに説明して赤面させてやろうかと思ったが、娘さんがボリュームはしぼっているもののいまだ泣いているので勘弁してやった。
無事、発見された財布からお父さんがお金を支払い、目的のお菓子も手にしていたがやっぱり娘さんは泣き止まなかった。
もう、何で泣いているのかもわからなくなっているのかな?
とりあえず、一騒動が落着して、やっと自分の番が回ってきてレジを済ませ、表に出ると、出た正面に止まっている車にあの親子が乗っていた。
その時にチラッと見た二人が笑っていたのでなんだか自分も口元がゆるんだ。
娘さんはトナカイばりに鼻が真っ赤だったけど。

続きを読む

映画『明烏』見た

菅田将暉主演映画『明烏』みました。
場末のホストクラブを舞台にした映画。
1千万の借金を背負ったホストが、返済期限の迫る中、さまざま騒動が巻き起こる。
無事に借金を返済できるのか、それとも東京湾に沈むのかというコメディー。

自分的には好きな内容だったし、それぞれのキャラ付けもしっかりされていたので楽しく見れた。
ただ、落語の『明烏』にかけたような話なのかなと思ったら、タイトルは夜明けまで働いていて、ゴミをあさっているカラスのような存在と思われる部分もあるホストから取っただけだった。
基本は落語『○○』がモチーフ。(ネタバレするので伏字にしますよ)
正直、勘がいい人だと序盤でそれに気づきそう。
確かに、これで『○○』ってタイトルだったら最後のどんでん返しがばれちゃって面白さ半減だから仕方ないか。
最後のセリフはそのまま『○○』のオチのセリフだったし、面白かった。

続きを読む

暈(かさ)

20171019arc-1.jpg
ニク助から傷心で帰る道すがらの車窓。

20171019arc-2.jpg

20171019arc-3.jpg
家につくころには夕暮れ。

20171019arc-4.jpg
慰められているのか、怒られているのか。

続きを読む

憎々しい『ニク助』

20171018nikusuke-5.jpg
『肉盛麺工房 ニク助』に行ってきました。
写真は『黒カレー肉盛麺』肉は300g。
スタンダードな『肉盛麺』に特製の黒カレーをかけて食べます。

20171018nikusuke-6.jpg
かけたらこんな感じ。
うーん、肉!!
ベースはしょうゆ味ですが、この黒カレーが一味加わっておいしい。
カレーは別盛でくるので、どのタイミングで入れてもOK!
300gぐらいだと心地よい満腹感と、肉食った~という充実感。
のっかっているバラ肉は柔らかく甘辛のたれにつけてあっておいしいです!
ただ、ちょっと飽きがくる味ともいえるので、肉の量は自分が思っているよりもちょっと少なめの方がおいしく食べられるかも。

20171018nikusuke-1.jpg
漬物は食べ放題。
これはうれしい。
そして、最大盛といえる1kg肉盛麺を撮りたいがために体格的にやってくれそうな友人を刺客として投入!

20171018nikusuke-2.jpg
やつが戦うのがこちら!
麺の上にはもやし、ねぎも盛ってあるはずなのに見えるのは肉のみ。
『これは自分には食えないわ』と悟ったので、自分の判断が正しかったことを喜んだ。
やつならやってくれるはず。
お店の人に「大丈夫ですか? 食べきれない人多いですよ」と声をかけられたが「大丈夫です!」と答えた。
親切なのは、この盛り方だと最初は肉しか食えなくなるので肉よけ用の取り皿を出してくれること。
ここに半分ぐらいかな? 肉をよけて、やつは食べ始めた。
彼の仲間内では質より量! 食べ放題を探して店をチョイスするといったエピソードも聞いていたから、何の疑いもしなかった。
疑うことなく、こっちも300gの肉を平らげ、麺も食べてふと彼の方を見ると、明らかに異変が起こっている。
箸が止まってはいないものの、つまむ量は極端にすくなく、無駄な動きも多い。
なにより、顔が苦しそうだ。

20171018nikusuke-4.jpg
在りし日の彼。
たのんで箸上げしてもらった。
彼が食べた麺はこれを含めて数本だっただろう。

20171018nikusuke-3.jpg
肉も意気揚々と箸上げし、食べていたのに...
満腹がこんなにも早く訪れようとは...

結局、1kgに挑戦してくれるよう頼んだ手前、手伝わないわけには行かない。
お店の人も、「手伝ってあげて」と優しいお言葉。
取り分けたお肉500gを何とか食べた。
彼ものっているお肉をめぼしいところは全部食べた。
だが、彼はすでに肉よりもモヤシのほうに興味が移ったらしく、少ないモヤシを探し出しては一生懸命に食べていた。
明らかに敵前逃亡寸前。
だが、どんぶりには麺とわずかな肉が残ったままだった。
励ましながら来たが、ここが限界と判断した。
彼はいいづらそうだったから、自分が「すみません、残してもいいですか?」とお店の人に言うと、「いいよ、いいよ、無理しないでね」とすごくやさしい。
やさしく言ってもらえると、逆に『大丈夫です』の言葉が脳裏によみがえってきた。
心苦しい。
だが、自分ももうさすがに入らない。
「いいの、いいの、挑戦したかったんだもんねぇ。よかったねぇ」
本当にいい人だった。
肩を落として店を出た二人。
お店の人が途中で言っていた、「ねぇ、ステーキとかハンバーグの1kgだった食べられるだろうけどね」が耳に残っていたのか、そんな話になった。
昔、自分は友人たちと1kgハンバーグを食べたという話をしたら、「どこですか?」と食べに行きたい様子。
まあ、行きたいなら折を見て連れて行こうかと思うけど、自分の食べられる量を自覚するには、彼はまだ何度か地獄を見る必要があるんだろうなぁと思った。
おいしい、そしてやさしいラーメン屋さんだったんだけどね。

続きを読む

ウロコじゃねーなー!!

20171017sky-6.jpg
朝、空を写していたら

20171017sky-5.jpg

20171017sky-3.jpg
ウロコ雲が。

20171017sky-2.jpg
ん?

20171017sky-1.jpg
ウロコにまぎれてやがった!

20171017sky-7.jpg
雲が去って、現れる月!

20171017sky-8.jpg
天気よさそう。

続きを読む

コロコロ再び

20171015akinoko-2.jpg
どんぐりコロコロどんぶりこ

20171015akinoko-3.jpg
踏まれて砕けてさぁ大変!

20171015akinoko-1.jpg
もうすっかり秋ですね。

続きを読む

黒あさりラーメン

20171016sionone-4.jpg
天然だしラーメンの『潮の音』さんで『黒あさりラーメン』をいただきました。

20171016sionone-1.jpg
あさりいっぱい。
この白っぽくかすんだスープが見るからに「あさりのダシ出てます!」って感じでおいしそう!

20171016sionone-3.jpg
麺は低加水麺のためかまるでそばのよう。
あっさりとしてすっきりとした味わいのこのスープにはぴったり!
朝からでも食べられるどころか、絶好調! に整えてくれそうなラーメン。
うまいです!

20171016sionone-2.jpg
しらす丼も注文。
しらすは塩茹でしていないので、お醤油を好みでかけて食べます。
しらす本来のやわらかな味を味わいたいので、ちょっとだけかけました。
大満足の朝食でした!

さすが、開店直後から混んでいるお店ですね。

続きを読む

朝の花

20171014asahana-1.jpg

20171014asahana-2.jpg

20171014asahana-3.jpg

20171014asahana-4.jpg
さあ、ラーメン食べよう。

続きを読む

朝からラーメン...の前の

朝の7時30分から開店してラーメンを食べさせてくれるお店に。
ちょっと早くつきすぎたのでちょっとブラブラ。

20171013asara-4.jpg
はっ、時間過ぎてる...ん?
いったい何時なんだい?

20171013asara-2.jpg
お芝居の書割かと思わせるほどのまばらさのある街路樹

20171013asara-1.jpg
それに比べて燃え上がる炎のような木

20171013asara-3.jpg
ほんとうに何もしないでただブラブラ...だね。

続きを読む

『芽ぶきのオムライス 炭火焼チキンと完熟トマトソース』長っ!!

20171012tamago-1.jpg
『森の芽ぶき たまご舎』で、オムライス食べました。
長いので名前はタイトル見てもらうとして、トマトソースが程よい酸味と甘みでおいしかった!

20171012tamago-2.jpg
昔は蔵王のたまご舎に行かないとこの卵は食べられなかったんですけどね。
今は市内でも食べられる。

20171012tamago-3.jpg
こっちはデミグラスソース。
たまごにこだわっているので、濃厚なたまごの味わいです。
ちなみに、たまごにこだわっているので、お皿もたまご型。

続きを読む

公園外さんぽ

20171010dainohara-9.jpg
公園を出て、車を止めたところまで歩きました。

20171011dainohara2-1.jpg
ススキも秋の風情。

20171011dainohara2-2.jpg

20171011dainohara2-8.jpg
ちょっとかわいらしかったので。

20171011dainohara2-6.jpg
格子じゃないんですよ、よく突き出たなぁ。

20171011dainohara2-3.jpg
そろそろ染め直しの時期じゃないかな?

20171011dainohara2-4.jpg
メローイエロー発見!
買っちゃいました。^^

20171011dainohara2-5.jpg
よくあるマンションの上の基地局。
家主さんには何ぼかはいんるんだろうか?

20171011dainohara2-7.jpg
駐車場近くのアパート。
なかなか斬新な色使いとゴージャス感。
ヤンキーさんとか好みそう。
ちなみに階段も両壁、手すりが漆黒で、階段自体は屋根と同じ緑色だった。
上に換気窓があるってことはロフトだな?

続きを読む

台原森林公園さんぽ

20171010dainohara-8.jpg
台原森林公園を散歩しました。
この公園は地下鉄南北線の旭ヶ丘駅から直に出られる出入り口があるほど利便性が高い公園。

20171010dainohara-1.jpg
秋が訪れてますね。

20171010dainohara-2.jpg
ベンチでは読書されている方がいました。
日差しのあった日だったので、ひとつだけ木陰になっているベンチでしたね。

20171010dainohara-4.jpg
イチョウはちょっと早いみたい。

20171010dainohara-3.jpg
日時計。
ハトも地球を背負わされたら大変だろうなぁ。

20171010dainohara-6.jpg

20171010dainohara-7.jpg

20171010dainohara-5.jpg
明日は公園外の風景で。

続きを読む

20171009choibana-1.jpg

20171009choibana-2.jpg
和むねぇ。

続きを読む

どんぶりこ!

20171008donguri-1.jpg
お池にはまるにはちと早い!

20171008donguri-3.jpg
意外と栄養価が高いらしいですね。(100gあたり386kcal)

20171008donguri-2.jpg

20171008donguri-4.jpg
どんぐりっていうか、あのニットキャップが気になる...

続きを読む

なります?

20171007hopper-1.jpg
こう天気がいいと...

20171007hopper-2.jpg
やっぱりそとで...

20171007grasshopper-1.jpg
一杯やりたくなります?

続きを読む

TAKEOFF

20171006tombo-2.jpg
ぐっ。

20171006tombo-1.jpg
飛んだ!!

続きを読む

サンバイメン!

9月いっぱいまでの限定メニューということで、気になっていたラーメンを食べに『麺屋 三味(みみ)』さんへ行ってきました。

20171004sanbaimen-1.jpg
カウンターに置かれていたオブジェ。
なかなか面白くて味がありますよね。
同じカウンターだけど、こちらは酒場。
ほかにもいくつかありました。

20171004sanbaimen-2.jpg
目的の『燦梅麺』がこちら。
鶏がらと鰹節など和だしベースのスープだそうです。
梅チップを散らしてあり、梅のせのように部分的に梅というのではなく、どこを食べても梅が利いています。
紀州南高梅をふんだんに使っているそうです。
しかも、ほどよい酸味ですごくおいしい。
具が海苔、ねぎ、蒸し鶏とシンプルすぎるように見えますが、すごくいい感じでした。
これより多いとこのラーメンの良さを邪魔しそうな感じ。
シンプルだからこそ、梅の味を味わえて、スルスルとあっという間に完食してしまいました。
食べ終わっても、まだ何か食べたくなるような食欲の増進するラーメン。
なのに、満足感があってまた食べたくなりましたよ。
もう食べられないのが残念です。
来年も出るのかな?

続きを読む

ちょいもみ

今日は散歩で見つけたちょっと紅葉の写真です。

20171005choimomi-1.jpg

20171005choimomi-2.jpg

20171005choimomi-3.jpg
色づき始めましたね。
今年は綺麗なのかな?

続きを読む

あんよは上手?

20171001foods-3.jpg
今日は常磐自動車道の友部SA(下り)のマスコットキャラクター『チゅ~ず公』の『あんよ』をいただきます。

20171001foods-4.jpg
ほ、本当だあんよだ!

20171001foods-5.jpg
中にもクルミがはいってます!

20171001foods-6.jpg
チーズとゆずをくみあわせて『チゅ~ず』なようですね。
しっとり、ふんわりでおいしかったです。
ちなみに、上りにもマスコットキャラクターいるのかなとおもってさらっと検索したらいないみたいでした。

続きを読む

うなぎパイが出てきたら...

20171001foods-1.jpg
当然出てくる、うなぎコーラ!

20171001foods-2.jpg
生臭さと脂くささの入り混じったコーラ...なんてことはなく、おいしいコーラ!
だが、のど渇いていたから味わう暇なく一気飲みという事実。
ご紹介できない!
でも、なんだか元気!
うなぎコーラ!!

続きを読む