ネコとネコ缶

20191028cat-1.jpg
ネコの井戸端会議を目撃してから数日後、また、歩きで仕事へ。
件の路地交差点に通りがかるが、今日はネコたちの姿がない。
バンの姿もない。
そう思った時に、物欲しそうな甘えるようなネコの鳴き声を聞く。
声のする方を見ると、前回、バンが止まった駐車場。
バンがいて、あちこち思い思いに散らばったネコがいて、人がいる。
人間は見るとかがんでネコに何かを上げている。
散らばったネコたちを見るとそれぞれモグモグと何かを食べている。
『なるほど、バンの人はここでネコたちに食べ物をあげていたのか』と思ったが、ジロジロ見るわけにもいかないので、一定の歩調を保ったまま通り過ぎる。
仕事帰りに見て見ると、何かをあげていたところにはネコ缶が3つぐらい転がっていた。

気になって何度か見ていたがネコ缶はかならず3つ。
つまり、ネコ缶をあげているのだとすると、缶は毎回あげる前とかに始末しているんだろう。
そうでなければ、ネコ缶は器でそこに何かを入れてあげているか。
あまり、迷惑にならないようにはしているらしかった。

だから、ネコたちはバンを見るとバンに寄って行ってたのか。
通せんぼしていたのではなくて、早くくれと催促していたわけかぁ。
と、スッキリした出来事でした。

おしまい。

スポンサーサイト



バンとネコ

20191025cat-1.jpg
4月に引っ越しをしてから職場にちょっと近くなったこともあり、天気のいい日に限って歩きで通勤するようにしている。
その日も夜に歩いていると、路地の交差点で一台のバンが止まっていた。
一時停止かと思ったが、その後もゆっくりとわずかに動いては止まり、また少し動いては止まりという状態。
何かと思ってよく見ると、交差点の真ん中にあるマンホールを囲んで、数匹のネコが集まっている。
バンはそれが邪魔で動けないのだった。
でも、強引にゆっくりと行けばネコたちもどくと思うのだが、猫好きなのか動けない。
ネコたちも初めてではないのか、まったく恐れるでもない。
物怖じしないネコなのかもしれないが、それにしてもとか考えているうちに、別方向から車がやってきて、今度はほぼノンストップで交差点に進入。
ネコたちも危険を察知したのか胡散霧消。
バンは斜向かいの駐車場が目的地だったのか、無事に駐車場に止めた。

ネコたちは温暖化問題でも熱を入れて話していたのかな?

つづく。

寄ってたかって

20191021building-1.jpg
ビル解体。
4台もいます。

20191021building-2.jpg
ちなみに、19号は何も関係ありません。
念のため。

雨と言い訳

20191019rain-1.jpg
今日は雨。
少し気温も下がって冷ための雨。

追記は前回の英語堪能アピールにとられかねない発言の真意と言いましょうか言い訳と言いましょうか。
聞いてあげてもいいよという人だけどうぞ。(笑)

続きを読む

デズニーとディズニー?

カラオケの時、私が言った「ルビ(フリガナ)を見るより、そのまま英語見た方が読みやすい」っていうのが彼の気に障ったのだろうか?
考えすぎなのか?
とにかく彼は、彼がパソコンを買い替えようとしているって話の間、ずっと私が「デスクトップ」というのに反発するように「ディスクトップ」と繰り返した。
たぶん、「デズニー」というおっさんに「ディズニーだよ」とさりげなく教えてあげているつもりなんだと思う。
以前にも同じ人がいたんだけど、彼らの指摘には、承服できない。
なぜなら、デスクトップが表記上だけでなく発音の上でももっとも近いから。
なぜなら、ディスクトップだとすると、近い英語は”disktop”になるのかな?
意味は「円盤の上」。
円盤の上に置くパソコン?
違う。
机の上に置くパソコン。(そうなるとノートパソコンでも、机の上におけるからデスクトップとも言えるのかな?)
”desktop”が正解。
すると「デスクトップ」。

ちなみに、ウィンドウズなどでアイコンなどが配置された画面をデスクトップとしているのは、画面を卓上と見立てて、アイコンを様々な文房具や道具と見立てているためだ。

似たようなものに「シミュレーション」がある。
「シュミレーション」と発音している人もよく見かけるが誤り。
それほど頻繁に使う言葉でもないのでどれほど浸透しているのだろうか?

とにかく、昔は結構こまごまと友人などに指摘していて、会話で常に身構えられるようなことも多かったために、なるべく指摘しないように改めた。
だから、今回も指摘はしなかった。
どこかで恥をかく前に言ってあげるべきだったのだろうか?
悩みます。|д゚)チラッ

台風が過ぎて

台風が過ぎて気づけば一切更新していませんでしたね。
台風がらみもあり、台風がらみもなく、ちょっと忙しくしておりました。
すみません。

宮城県も丸森の方など大変な被害に今も会われている方々もおられ、心配ですが行動派でもない私には義援金募金が始まったらするぐらいしかできません。
各地で被害に遭われた方、現在、遭っている方、心よりお見舞い申し上げます。

不謹慎とは思いつつも、自然の猛威にさらされて緊張感のある状態に置かれると少しテンションの上がる人っていますよね。
私もそのクチで、あれほどの風雨を目の当たりにしながら、一過、晴れてくると危険とされるところまではご迷惑になるので行きませんが、その周辺なのには行きたくなってしまいます。

そういうわけで、海近くの田んぼ地帯へと買い物に出かけがてら行ってみました。

20191015typhoon-1.jpg
一過写真
向こうには、まだ、台風の後ろ髪が見えています。

20191015typhoon-6.jpg
田んぼです。
海みたいです。

20191015typhoon-7.jpg
田んぼと道の境目も草が見えるのみ。
あるのは水だけ。

20191015typhoon-4.jpg
水はところどころで道路も横断中。
バスが水しぶき。

20191015typhoon-2.jpg
台風通過中は道路も水没していたのでしょう、ワラが道にも散乱しています。

20191015typhoon-3.jpg
それにしても、刈入れ後でほんとうによかった。

20191015typhoon-5.jpg
それにしてもこういう台風が毎年来るようになるんでしょうか、怖いですね。

ご心配頂いた皆さん、ありがとうございます。

台風

どうしよう、どうしよう、何をどうしたらいい?
そんな状態で、何も手付かず。
どうしましょうね?

最低限のことはしておきたいと思います。

夕景2

20191009sunset-1.jpg
少し騒がしい雲と夕日とのびる高圧線。

いつもきれいに使っていただきありがとうございます

最近はもうすっかり、『○○禁止』とか『○○はやめろ』といったような命令口調の告知などを見かけることは少なくなった。
トイレなどでよく見るように感謝するような口調でそれとなく行動を仕向ける方が反することがしにくいとなるからだろう。
命令口調で言われると、「むしろやってやる」みたいなことになりやすいからなんだろうね。

先日、行ったことのないコンビニに立ち寄った際、トイレのドアの内側に同様の『いつもきれいに使っていただきありがとうございます』と貼ってあるのを見た。
そのドアは便座に座っているときには見えにくい所にあるから、使用前に気づきにくい。
つまり、その貼り紙は純粋にお礼の意味だろう。
なぜなら、きれいに使ってほしいという意図を伝える為なら使用前、あるいは使用中に気づかなければ意味がないからだ。
もし、その意図があってその場所に貼っているとしたら、明らかに貼る場所を間違えている。
ここは純粋な感謝の意味を伝えたいのだととらえるべきだろう。

そう考えると、抑止するためにそれを貼っているとかその方が効果が高いだろうとか考えている自分がちょっと恥ずかしいような気がした。

話は変わって、秋の日に散歩。

20191005sanpo-1.jpg
実りの秋を愛でながら田んぼ地帯を散歩していた。

20191005sanpo-2.jpg
実ってる実ってる。(笑)

すると看板を発見。

20191005sanpo-3.jpg
ポイ捨て禁止の看板。

『HEY YOU!!』って...。

20191005sanpo-4.jpg
「あ、なるほど~。ん? なるほどか?」
新手らしいです。(笑)

遅咲き

20191003flower-3.jpg
少し雲の多い秋空の下、あちこちに咲き誇るコスモス

20191003flower-2.jpg
そのコスモスも終わろうとする秋の日に

20191003flower-1.jpg
咲き残る、遅咲きの君よ