新コロナの新たな影

20200628tanabata-1.jpg
ここのところ、宮城県でポツポツと新たな感染者が出ています。
毎日でもなく、日をあけて1人とか、全部合わせても5人ぐらいなんですけどね。
でも、昨日は2人。
増えている。

すでに宮城県では、新コロナウイルスはどこか対岸の火事のように思っていた人たちも多くなってきていたはず。
でも、微妙に広がってきているようです。
最近、忘れがちですが、昨日2人といっても、感染自体は数日から2週間前。
もうひそかに広がり始めていてもおかしくはない。

梅雨にはいり、これから夏へ。
もとの自粛生活に戻るのはちょっと難しいかも。
また、近年では夏、秋口にかけて豪雨災害なども起こってきていますから、新コロナウイルスとダブルパンチとなったら避難所などで一気に拡大なんてこともあるかも。

七夕もなくなり、そんなことになったらもう目も当てられない。
悪いことばかり考えてしまいます。

なんとか、これ以上拡大しないことを祈るばかりです。

追記
下書きのままで投稿した気になってました。
ですから、昨日6月29日の記事です。
すみません。
スポンサーサイト



梅雨らしい天気の中

梅雨らしい天気が続きます。
肌寒かったり、蒸し暑かったりと体調管理も大変。
そんな中、何もする気が起きない。
だから、何もない。
つまらない。
書くこともない。

ので!

不本意なんですが、またもテレビにいちゃもんをつけてみようと思います。
番組タイトルは忘れましたが、新コロナウイルス対策の正解、不正解みたいなことをやっていました。
ターゲットは、飲食店などでマスクを外すときに外したマスクをどうするか?
いろいろタレントさんが自分はこうしていると言う中、教えてくれる人のおっしゃるにはどれも不正解。
正解は、ティッシュを取って、マスクを挟んでおく。
こうすれば、マスクを置いたテーブル表面にあるウイルスや飛沫や漂っていて舞い降りてくるウイルスなんかもマスクにつくことを防げるということ。
なるほど。
なるほどなんだけど、持参のポケットティッシュならいざ知らす、そこにあるティッシュボックスから取ったティッシュだとしたらどうだろう?
特に最初の一枚は半分はこの外に出た状態で下手をすれば長時間空気にさらされているわけだから、食べる間にマスクに付着するウイルスが気になるのであれば、当然、出ているティッシュに付着するウイルスだって気にすべきなんじゃないのか?
どうだ?
いちゃもんらしくなってきたか?
そのウイルスのついたティッシュでマスクを挟むなんて言語道断じゃないのか?
ということは、正解は一枚目を手で触らないように、あるいは手の甲などで挟むなどして取り除き、2枚目以降を使用してマスクをサンド。
これが正解じゃないのか!

っていうか、正解、不正解って真っ二つがそもそも間違ってるんじゃないのか!

要は、ウイルスをどの程度防げるようにするかということと、どの程度の手間と時間をかけるかということのバランスってことで、正解じゃなければいけないということではない。
コンピューターウイルスなどのセキュリティーでも同様で、可用性とセキュリティー強度とのバランスが重要なのであって、これが正解というのは個々人で違うわけですよね。
ほとんど他者と接触することのないまま人里離れた窯場で仕事をするような陶芸家の大家みたいな人であれば、そこまで神経質になる必要はないし、沢山の見ず知らずの人たちとかかわらなければいけない芸能人であればマイ防護服で完全武装して移動したところでもしかしたら万全ではないかもしれない。
そういう意味では、単にこれが正解、不正解という画一的な知識を得るのではなく、どういう仕組みでどういう効果を得るためにしているのかということを理解し、自分に必要か必要でないかをフィードバックできることが大切なんだろうと思ったり。

ただ、テレビですから正解、不正解のざっくりとした方がわかりやすいし、面白い。

ところで、最後に一言本題。
第二波かどうかって決める必要あるの?

カニの日の次の日

今日、6月23日はカニの日の次の日。
つまり、6月22日がカニの日。
制定したのは『かに道楽』さん。

なぜかというと、かに座に含まれる誕生日の最初の日が6月22日であることと、五十音順で6番目が『か』で22番目が『に』だからだそうです。
なんじゃそりゃ!
でも、こじつけにしても重なるとはなかなかの奇跡。
6月22日はカニの日でいいと思います。(笑)

そんな、謎解きみたいなこじつけを目にしたせいか、コンビニで見かけたカルビーのポテトチップス×謎解きクイズを買っちゃいました。
食べながらパッケージにかかれている二問の謎解きをやってみたら、裏側は楽勝。
表側の謎解きは時間がかかったものの何とか解けたので、調子に乗ってパッケージに書いてある謎解きキャンペーンのサイトの問題にも挑戦してみました。
難しかったぁ~。
普段、頭を使わずに生きているから大変だった。
結構、ヒントとかにも頼りました。
でも、最終的にはなんとか解けてスッキリ~♪
ちなみに、商品を買わずに謎解きに挑戦しだすと途中で買いに走ることになると思うので、もし挑戦しようという方はきちんと購入してやってみてください。
まあ、パッケージ表側の問題は家に帰ってゆっくり解かないとできないと思いますけど。
でも、メンサ会員になれるようなIQの人だったらふらっとコンビニで目にしただけで溶けてしまうのだろうか?

想像もつかない領域だ!

ノラネコの距離感

明日は夏至ですね。
陽も長く、午前4時にはもう明るい。
そんな今朝の5時過ぎ。
ゴミ捨てに店外に出ようとすると、出入り口に野良猫がうずくまっている。
白く、薄い灰色の大きな斑点が横腹にある。
野良猫らしく、体は汚れ、毛並みも悪い。
細く、猫らしい体型だけれど、それよりさらに少し細い気がした。
野良猫の中には不敵な感じの奴もいるが、そいつは人間にひどい目に合わされたことでもあるように、おどおどした様子。
目が合うと、目線をそらして口が鳴き声を上げるように開く。
しかし、声は聞こえない。
お腹を空かせているのが、一目で見て取れる。

外に出ようとすると、ビクッと離れる素振りで身をよじったところで固まる。
でも、明らかに人間のいそうなところに来ているぐらいだから、警戒はしているものの、それ以上にお腹が空いているんだろうなという感じ。
刺激しないよう、ゆっくりと近づかないように遠回りして通り過ぎようとする。
その行動に大丈夫と思ったのか、少し離れてついてくる。
心では何かあげたいと思う。
しかし、知らんぷりでゴミ置き場へ。
ゴミを捨て、戻ろうと振り返るとまたビクッと固まる。
でも、ゆっくり迂回して行くとまた戻ってついてくる。
もう、何か食べられるものをあげたくて仕方なかったが、そういうわけにもいかない。
ここでエサをあげれば、この猫は味を占めて店の周りをうろつくようになるに決まっている。
自宅で、その猫を飼える状況ならそれでもかまわなかったけれど、ここは仕事場で、自宅もペット不可のマンション。
何もしてあげられることはない。
心を鬼にして無視。
すると、スタタタタと前に回り込んでまた聞こえない声で哀れに鳴いて見せる。
『卑怯だわぁ~』そう思いながらも、一時的な自己満足で半端にかわいがるほど無責任なことはないから無視を決め込んだ。
猫は一定距離を保ったまま、周りをまわってついてきたが、店舗に入ると中まではついてこれない。
心苦しさを感じながらも、帰る時まで一切外には出なかった。

小一時間して帰宅時間に。
歩いて帰宅する時、駐車中の車の下から何かが出てきて追ってくるのを目の端で感じていたが、そうかどうかも確認せずに無視。
途中にある、よく寄るコンビニに今日も寄ります。
入る瞬間に、チラリとみるとやはりあの猫がついてきていた。
何もあげてないのに。
コイツ、チョロそうだとでも思われたのか?
買い物をしながらそんなことを考えていたけれど、やはり、ヤツの見立て通りチョロいのか、思わずおやつカルパスを二個買ってしまう。
この選択は、少量でなるべく高カロリーであること、お手頃価格であること、そして、食い散らかさないように少量であることを考えた結果。
特に、腹いっぱいになるまで与えてしまうと、なつくだろうし、食い散らかした後を掃除しないとコンビニにカラスとかがたかったりとか迷惑をかけてしまうから、掃除しなくてもいいように。
よく行くコンビニなので、店員さんとも仲良し。
ハサミを借りて、カルパスを少し切り砕いて与える。
一度、カルパスに飛びつこうとしかけるけれど、やはり、近づくことに抵抗があるのか止まる。
地面に置いたカルパスから離れてやると、安心してカルパスにかぶりつく。
小出しで4回ぐらいに分けてあげて、食い残しがないことを確認してコンビニの駐車場を離れる。
野良猫は少しついてきたが、もうもらえない空気を察したのか、少し歩いてから振り返った時にはいなくなっていた。

ちょっと寂しい気もしたが、またエサがもらえると思って来られることも困るし。

それにしても、一定距離は最後まで崩さなかったなぁ。
あっ、コロナ対策か?(笑)

4WDに続き

暑いとはいえ、朝晩はぜんぜん過ごしやすいですからそれほどこたえませんね。
ところで、一部メディアではなんとか盛り上げようとしてかのような話題をちょっと。

4WDに続いて、多目的トイレに変なイメージがついちゃいましたね。
正直、夫婦の問題は夫婦が決めればいい話です。
違法じゃないし、奥さんの心中はどうかはわかりませんけど、表面上は夫婦関係をどうするかというところまでは考えていないようですから、周りがどうこう言うことじゃないですよね。

ここからは、週刊誌の報道を全面的に信じるという仮定で話すと、被害者のように扱われている不倫相手の方々にしても、かわいそうという部分もありますが、不倫とわかってしていることですからね。
また、ひどい扱いについても、それでも複数回関係を持ってるわけですし、脅迫されて強要されたわけではないですからね。
待遇に不満があったとしても、それでも関係を続けたのは自分の意志ですからね。
自業自得とは言わないまでも、仕方ないこととは言ってもいいのではないかと思います。

でも、やっぱりお金持ちの方々の中にはそういう乱痴気パーティーをする人たちもいるってことなんでしょうね。
その空気に染まって、非常識も常識にしてしまったんでしょうね。

しかし、今回の件で、個人的にもっとも不快だったのは自粛と称して事情の説明せずに逃げたことを、さも責任をとっているかのようにすり替えている点です。
夫婦のことは夫婦のことですから、説明しないのもその人の選択ですし、説明しろともいわないです。
でも、奥さんや相方さんに謝罪させておいて、本人だけ逃げを決め込むのはちょっと人としてガッカリですね。
人から責められることに弱く、プライドが高いのかなぁという印象が強いですね。

そうした人となりが今回露呈したように思いました。
ぜひ、外出時の変装には例のマスクを着用していただければ、残念感の相乗効果で素敵なコーデになることでしょう。

ちょっと、今回は嫌味っぽくなってすみませんでした。

時にはシンプルに

20200615sun-1.jpg
今日は暑いです。
日本全国暑いです。
暑いけど思い切って写真を撮りに出かけようと思い立ちました。
でも、カメラは仕舞ったままなので、取り出します。
落としました。
無事だったけど、なんだかやる気がそがれました。
いつも通りに、寝ます。(笑)

私のコロナ禍

ステイホームも出不精だから大丈夫、仕事の休業もなんとか貯蓄もあるし、出かけるところもないからお金をそれほど使うこともなく過ごせたので乗り切れましたし、マスクもなんとか最低限は調達できた。
もちろん、たぶんコロナウイルスには感染しなかったと思うので、これといったコロナ禍はテレビが再放送の嵐で、ワイドショーがコロナウイルスのことばかりということぐらい。
それもワイドショーのコロナ情報は充分に役立ったからよかったし。

そう思っていたのですが、10日から11日にかけての仕事では思わぬコロナ禍が。

出勤しようと玄関を出たあたりから何か臭い。
何なのか思い当たるような思い当たらないような臭いが鼻から入ってくる。
でも、かすかなので、そのうちに消えるだろうと思って仕事へ。

しかし、仕事中もふと気づくと臭い。
クセのある臭いがする。
そして、どこかで嗅いだような気がする。
何なのか、出そうで出てこない。
ひらめかない。

しかし、休憩時間に事務所で休んいてた時にふとひらめいた!
『パクチーだ!!』
そう、この匂いはパクチー。

しかし、歯磨きもして寝て起きて歯を磨いて、夜に朝食を食べて出勤してきたというのに、まだパクチーが呼気に含まれているとは。
おそるべし、パクチー。
クセが強い。

もっとも、マスクをしていなければ感じないぐらいの臭い。
はっ!? コロナ禍だっ!!(笑)

シャンツァイ・パクチー・コリアンダー!!

そろそろ出不精も卒業して、警戒しつつも個人的に経済を回してみようかという建前のモト、夏も近づく6月10日にスープカレー屋さんに行ってまいりました。
昨日だ!!(笑)

行く道中の道路は混んでいて、コロナ前に戻ったようでした。
お店もなかなか繁盛。

メニューを見て、いつものやつにしようか、お高めのエビのスープカレーにしようか迷った末に、パクチーの利いたヤツがあったので注文してみた。
パクチーといえば、人によっては大好きだったり、雑草を食べているようだと嫌う人さまざまですよね。
ここで白状すると、『化天のうちに比ぶれば~』でそろそろ人生の終わりを迎えるかという年月を生きてきた私ですが、パクチーを『これパクチーですよ』と紹介されて食べたことがない。
評判を聞く中で、あるいは食べる中で「もしかしてこれがパクチー?」と思ってきたにすぎない。
注文した理由の大部分を占めるのは、この機会にパクチーを確定させようという思いからだった。
ただ、スープカレーにメインとして入っていたとしてもそれだけってことはないから、他のスパイスでパクチーがぼやけるのでは? そんな不安はあったが、とりあえずお試し。
すると、パクチーと銘打ったスープカレーをわざわざオーダーするからにはよほどのパクチー好きだろうということなのか、それともニーズが高いのか、軽く刻んだ追いパクチーそのものが小鉢に入れられて運ばれてきた。

「しめたっ!! これで確実にパクチーを特定することができる。」

結果、思った通りだった。
やはり、あれがパクチーだったか。
そして、私は「うーん、好きでも嫌いでもない」。
料理によっては入っていなければ物足りないと感じそうなものもたくさんあるようにおもったけど、パクチーサラダは個人的にはあまりおいしいと思わない。
クセが強すぎてパクチー一色になってしまうような気がするからね。
でも、スープカレーはおいしかったです。

えっ、写真?
もちろん、そんなもの撮ってませんよぉ~。
重い腰上げるの精一杯でした。(笑)
すみません。

いや、店出た瞬間気づいた。
そういえば、店員さんはマスクを当然して接客していました。
ですから、目と背格好ぐらいしかわからないんですが、とてもおきれいな店員さんがいらっしゃいました。
頭がとっても小さくて姿勢もよく、目が広瀬すず似の大きな目で、でも、テキパキとでも愛想よく接客されていて、多分、女性からも好感を持たれるような感じでしたね。

えっ、写真?
以下同文...(笑)

四つ星シェフを目指して

20200608branch-1.jpg
あいもかわらず、オーバークック三昧。
オーバークックの第一作の方はあらかた三ツ星を取ることに成功。
でも、オーバークック2は比較的簡単に三ツ星がとれるなぁと思っていたら、全部クリア(一つ星でも面クリはできる)すると新たにすべてのステージに四つ星が登場。
ほぼほぼ第一作の三ツ星ぐらいかそれ以上の難度。
かなり手こずっております。

ところで、三ツ星シェフは超一流って感じですが、四ッ星シェフはどうみても胡散臭い。(笑)
四ッ星、取らない方がいいのかも。
と、挫折の言い訳を考える今日この頃。

そろそろ写真でも撮りに行く方が賢明かもしれませんね。

じわじわ

20200605tree-1.jpg
マスク、申請用紙、いずれも届きました~!
いやぁ、スピード感。
でも、聞いてみると宮城でもさまざまです。
まだ、どっちも届かないという人もいれば、給付金の振り込みも終わったところもあるようです。
さまざまなスピード感を持って行われている行政サポート。
ところで、なんか痛々しいから首相、もうマスクは普通のでいいです。
なんかつけ方も雑になってきてマスクが曲がっていたりするから無理しなくてもいいんじゃないかと思いますよね。
別に責めないですよねぇ。

それよりも、東京と神奈川だけだったのが、じんわりと感染が首都圏に広がっているかのようです。
決して爆発的ではないのは皆さんががんばっていらっしゃるところで、ゆっくりと広がる分には想定の範囲内なんだと思います。
なるべくゆっくりと広がって、その間に多少なりとも経済を回せるだけ回して、いざとなったら引き締め。
その繰り返しでワクチンの実用化を待つという作戦。
それしかないとは思います。
でも、コロナウイルスに感染して症状に苦しんだり、亡くなったりする人が出てしまうので、他になにかいい方法はないかとも思ってしまいますよね。

あと、今回のコロナ禍で多くの人の公衆衛生意識が高まることはいいことだと思うのですが、そのまま緊急時の極端な生活様式が定着してしまうようなことは両刃かなぁとも思います。
昨今でも、同じ鍋を食べることとか、ペットボトルの回し飲みなど、嫌悪感を抱く人たちが増えていると聞きます。
もちろん、気持ちはわかりますし、悪くはないと思うのですが、衛生をきちんした生活に慣れすぎてしまうと、自由に公衆衛生を徹底できない環境になった時に脆弱性が出てしまうように思います。
たとえば、震災や豪雨などで避難生活をしなければいけない特殊な状況では、とても衛生的な生活になれていると、お風呂に入れなかったり、そこまで清潔な生活を求められないことが多くなりますよね。
そうなった時に、あまり気にしない人に比べてその分ストレスを多く抱えてしまうような気がします。
もちろん、そういう時はそういう時で切り替えられる人も多いとは思いますが、ただでさえストレスが多い環境に置かれますから、その時になって自分が思っていた以上に切り替えられないということがない方がいいように思います。

公衆衛生は、きれい、汚いではなく、何に対して何が安全でどの程度のリスク許容がベターであるかということが重要のように思います。
もともと、きれい汚いは小さな子供に公衆衛生の基礎を教えるための方便でしかないですからね。
英語学習の番組で以前に言っていましたが、clearだからといってcleanとは限りませんから、きれいに見えるグラスでも危険なウイルスが付着していることはあり得ることですから。
もちろん、印象的にきれい、汚いの判断をしている場合の話ですけどね。

なるべく、公衆衛生もバランスを意識しながら実践するのが望ましいと個人的には思います。
そういえば、前回お話しした消毒液を手で押さない話にしても、対象がノロウイルスの場合には手では押さない方がいいと思います。
ノロウイルスでは通常、アルコール消毒について抵抗性が高いとされているので、ある程度長い時間つけていればいいですが、軽く吹き付けてのばしただけでは効果が薄いとされています。
ですから、手洗いの方が推奨されていますよね。
こういう場合には、できるだけウイルスをつけたくありませんから、手で押さないという方法が有効だということですよね。

私自身は、自分のできる範囲でですが正しい情報を選び、より良い対処をして、お上のマスクや給付金にはできるだけ当てにせずに頑張っていきたいと思います。(笑)

まだまだ階段の途中

20200529photo-1.jpg
出ましたね、東京アラート。
警報だから、気を引き締めてねって意味なんだと思いますよね。
まだまだ、新コロナウイルスとの闘いは途中ですね。
東京は人口密度が高いから、もはや密?
なかなか都民の皆さんは大変でしょうね。
ステージを戻すという声もあるとは思いますが、この短期間で戻すとなると経済活動の回復のための解除があまり意味をなさなくなってしまうから、行政の方でも苦しい選択でしょうね。
できるなら、都民や周辺の方々の意識強化で抑制したいというところなんでしょうね。

こんな中、ハメを外して回転寿司を食べに行っちゃいました。
オーバークックではかっぱ巻き、鉄火巻きなどがあるので、思わず。
すみません。
でも、お昼の時間でしたがまったくお客さんがいませんでした。
まさに自分の甘さを痛感!

ただ、隣のラーメン屋さんはもう混雑。
ラーメン屋さんは座席数を減らしているので、入れるお客さんが少ないというだけなのかもしれません。
ただ、ウイルス=菌→ナマモノといえば菌が繁殖しやすい→ウイルスの危険→寿司屋は危ない、的なイメージ連想がありそうですよね。
そういう意味で、お寿司屋さんは大変なのかも。
本当にいませんでしたから。

ただ、今朝見たワイドショーでやってた、店頭の消毒液を手を使わずにプッシュできる機械をドラムメーカーが開発したというニュース。
ハイハットなどに使われる既存のペダル式の機能をちょっと応用して作っているようです。
要は、消毒液のタンクを手でプッシュするのが心配ではないですか? ということだったのですが、正直、私は気になりません。
だって、そこにウイルスが付着していたとしても、すぐに手に出した消毒液で殺菌するわけですから問題ないですよね。
これも以前に書いたカルトン使用した金銭の受け渡しと似たようなもの。
強いて言うならカルトンの方が店員と顔が近づくことを避けられるという効果がある分、意味がありそう。
でも、最近はどこも透明なシールドカーテンで仕切っているのでその効果は大きくはないんじゃないかなぁ。
精神的な不安や嫌悪感を低くできるとは思うので、そこ重視で導入するかも。

それにしても、マスクがだいぶ手に入りやすくなりましたが、値段がすごい。
一時期ほどではないし、暴利を取っているわけではないんでしょうけど、高いよなぁ。
ややお安くても50枚で2500円ぐらい。
全世界での需要も高まったでしょうから、原材料費も高騰してるんでしょうね。
欧米ではまずいと捨てられていたマグロが寿司ブームで欧米でも需要が増えて高騰して口に入りにくくなったのと似てますね。
ということで、話が寿司に戻ったので今日はお開きで。(笑)