みなさん、よいお年を

いよいよ2020年も今日を入れて二日。
予定されていたオリンピックも今年は開かれず、来年開かれるのか?
気になるところではありますが、それよりも気になるのは新コロナウイルスの動向。
今のところ、不穏。
やっぱり、感覚的には拡大してますよね。
一発芸人のごとく、年が明けたら『新コロナウイルス』に対して『古い』で片づけられるようだといいんですけどね。
あっ、一発芸人さんに失礼か。(笑)

何はともあれ、来年がいい年になるといいですね。
給付金、前後賞合わせて十億円、みんなに支給されるとかね?
いや、そうなったら増税額が怖い。
もしくは、国債の利率が爆上がりか?

十億あったら、どこでも3か月ぐらいビシッと閉めてくれるかな?
いや、それでも足りないところはたくさんあるか?

でも、不景気は気にしなくてもよくなりそうだけど。(笑)
いや、余裕のある人たちは貯金しちゃうかなぁ?
ちなみに、日本の人口を大雑把に1億人として10億円を配るには?
100000000000000000円必要。
10垓円。
無理だ。
ビルゲイツでも無理だ。
無理かぁ。
欲しかったなぁ。

ま、こんな話、笑うのは鬼ばかりってね。

それでは、よいお年を!
スポンサーサイト



変異種は?

ついに東京の新規感染者が900人を超え、仙台でも50台。
宮城でも100を超える日がそう遠くなさそうな雰囲気がありますね。
みんな、頑張って努力しているんだろうけど、やっぱり新コロナウイルスに対して慣れが出てきてしまって、それほど恐れていないから、同じようにやっているつもりでも違ってきているのかもしれませんね。

数でいえば緊急事態宣言のときより確実に増えているのに、危機感は薄い。
医療従事者の代表の方から切実な訴えがされても、やはり、見えないこと。
目先に自分の不便さの方が無意識に優先されている人も多いのが正直なところなのかもしれませんね。

増え続けていても、そのうち何とかなるだろう。
ワクチン接種も始まりそうだから、コロナもこれで終わりでしょ?

というような雰囲気も多いのかもしれませんね。
特に、若い人たちは家でじっとしているなんてなかなかつらいでしょうしね。
人間は人と人のつながりで生きているってところがありますからね。
身近に見えることもなく、感じることもできないコロナ感染の拡大の方を大事に考えることは、そちらが重要とわかっていても流れてしまうことは当然でしょう。

どこかの村議会のコンパニオン宴会の議長も、四人でもコロナ感染者がいれば感染してしまうし、五人以上でも感染者がいなければ感染はしないのに、なぜ、五人以上がダメなのかわからないというようなことをテレビのインタビューで答えるほど。

確かに、コロナ感染者がずっと出ていなかった村の村議ですから、実感もないのも致し方ないのかもしれないけれど、子供みたいなことを言うなとちょっと呆れました。
福島第一原発事故の周辺地域の補償でも、言われることですが、どこかで線引きする必要はどうしたってあります。
線引きの所だけをみれば、道を挟んでとなりは多額の補償があるのに、こちらにはほとんどない。
不満に思うのももっともですけど、運が悪かったと思ってあきらめるしかないことじゃないだろうか?
もし、その不満に合わせて補償地域を拡大すれば、今度はそのすぐ外側の人が不満に思い、原発事故に全く関係のない日本全国を補償でもしなければ、不満のない補償などできようはずもないわけですから。
むしろ、会食自体をしないというのが感染を封じ込める最善策です。
それでも、それでは
家族や親せきですら一切の会食がしないでくれということになってしまいます。
大人数にならない程度で、感染リスクがあまり高まらない範囲で、家族・友人とささやかな会食がとれるように配慮したのが四人という人数なのに、四人ならよくて五人はダメというのがおかしいというすっとんきょうなことをだいの大人がいうとは。
なんだったら、「明日のメシ、三人集まったんだけど、四人までOKだから他に誰か呼ぶ?」みたいな会話が巷では行われているんだろうか?

それはさておき、ここにきて変異種がポコポコ。
イギリスでの流行の元凶ではないかとされていたり、アフリカからもたらされたやつはさらに感染率の高い変異種がいるとか。
しかも、空港で変異種の確認がされたが、感染するような接触者がいないとされたかと思ったら、今度は国内で件の変異種が確認されたとか。
まあ、イギリスで流行して、変異種として認識されるということは変異が起こったのは結構前でしょうから、あわてて入国規制を強化しても国内でも見つかりますよね。
海外でワクチン接種が始まり、進展したかに見えた対コロナの闘い。
後退したかに見えますが、ワクチンが変異種に効果がないのかはまだ分かっていないですし、もし、効果がなかったとしても、一から開発するよりは早く変異種用のワクチン開発が進む可能性もあるようですからあまり悲観する必要もないのかもしれません。
でも、先行きの不透明感は増したような気がしますね。

ただ、物は考えよう。
新コロナウイルスに関して目新しい情報もなく、危機感が薄れた日本の意識を引き締めてくれるきっかけになってくれるかもしれません。
だから、あまり変異種を軽く考えるような方向にはもっていってほしくないものです。

今は医療崩壊が始まっているかもしれませんが、目に見えて崩壊しているということはないでしょうが、いざ一般の国民にもわかるように崩壊し、死亡率が急増したとするなら、その時は、今、新コロナウイルスに対してタカをくくっている人たちが急に慌てだすことは目に見えているように思います。
集団心理で、パニックが起こってもおかしくないんじゃないだろうか?
そうしたときに、飲食業や観光業などコロナ禍で大打撃を受けている業種の人たちの生活を無視してでも保身に走る人たちも出てくるかもしれません。
そうしたときまでこのコロナ禍が長引くのは、それこそそういった業種の人たちに大打撃を与えてしまうのかもしれない。
ま、想像でしかないですけどね。
できるなら、せめてこの時期に抑え込みたいものですね。

888

末広がりだねぇ~~~~。

ハイキュー!! が終わってしまった

『鬼滅の刃』が空前のヒットをとばす中、TVアニメの『ハイキュー!!』を楽しみにしていた私。
それも終わってしまった。
鬼滅の刃はもちろん面白いんだけど、ハイキュー!! が異様に好きな私。
毎週、楽しみにしていたんだけどなぁ。
今回、音駒戦まで行くのかなぁと思ってたら、稲荷崎で終わってしまった。
でも、やっぱりハイキュー!!は原作マンガも面白いんだけど、アニメ化によって、より平面から立体感が出てよりアニメ化が素晴らしいと思う。
人間離れした能力があるわけじゃないんだけど、現実としては人間離れした才能があるキャラクターが、苦悩もあるで展開するストーリーも面白くて仕方がない。
ちゃんと、最後までアニメ化してほしいマンガなんです。
次は2年後ぐらいかなぁ。
1年ぐらいでやってくれたらうれしいんだけど。

今年も終わりかぁって感想の前に、ハイキュー!!が終わりかぁって感想になってしまった。
でも、進撃の巨人があるからいいかな。(変わり身が早い(笑))

とどのつまり

相も変わらず、新コロナウイルスの感染が広がっていますね。
テレビなどでは一生懸命『高止まり』を連呼しているように見える割には感染拡大を防がないと大変なことになりますよと、これからも増えそうな論調もあり、毎度思わされますけど、ワイドショーの人たちはどうしたいの? と思わざるを得ない。
まあ、国民が見たいものを見せるのが仕事。
必要な情報もそれに入りますが、感染拡大を視聴者などの国民ではなく、政府のせいにするというのも人気取りの一つでしょう。

そりゃ確かに、マスク会食だ、5人未満の会食をとか言ってる本人が会食で飛び回っているようでは、言葉に説得力もないし、コロナウイルスの地域的な感染拡大にGOTOトラベルが拍車をかけたことも誰しも思うところでしょう。
その上、GOTOイートで地域ごとの感染拡大を招く要因にもなったとしたら責任を免れないとは思います。
また、自民党の各派閥では『忘年会を中止にします』と声高に宣伝してます。
これで、国民が『ああ、さすがだなぁ』というとでも思ったんでしょうかね?
普通は、『忘年会を計画してたのかよ!』っていう憤りの方が多いに決まってるんですけどね。
ただ、テレビなどで盛んに煽っている政治家たちのそういった振る舞いに対する憤りは、個人的にはありません。
多分、『そういう人たちでしょ?』って思ってるからなんでしょうね。
「国民の皆様には」なんて、さも自分たちはそこに含まれていないような物言いの人たちですから。
一般的なゆるみの一つの要因である自分たちの周りでは感染者がいないからとか、お店も高級店で対策もきちんとしているはずだから大丈夫とでも思っているのかもしれませんね。
偏見満載なんですが、そういう見方なので呆れはしますけど、自国の政府に対しての感情としては残念ですけど、憤ったりということは感じないですね。

それに批判しているテレビなどでも、GOTOが始まるという時に、それを利用すると、ここの旅館がこんなに安くとか、数多紹介していたように思うんですけど。
結果を見て、早く止めるべきだとかいうのであれば、最初から感染拡大を助長するようなGOTOに関して促進するような情報提供はやめ、GOTOを利用する場合には外であっても人気の観光地では密になる可能性がありますので、なるべくそういう場所は避け、普段よりも十分な感染対策をして気をつけて利用するようにすべきだということを伝えるべきだったのではないのかなぁ。
当然、予測は付くと思いますけど、GOTOで感染拡大すれば、GOTOの一部あるいは全部が停止ということもあり得ますから、その際にはキャンセル料だけ発生するというリスクもありますということも事前に視聴者に伝えることこそ、重要だったのではないかなぁと思います。
もし、それを予測できなかったのだとしたら、結局は政府とそれほど変わらない後手後手で、結果を見て報道しているだけって感じが否めない。
それなのに、正義の味方ぶって批判していることにこそちょっと憤りを覚えるんですよね。

まして、GOTO停止を決定したら決定したで、「遅すぎる」という批判はいたし方ないにしても、旅館や飲食店や卸の所をまわって、キャンセルでそういう人たちが困窮しているという報道。
ちょっと、節操がなさすぎると思うのは俺だけなのかな?

きちんと人との接触を極力減らし、危機感をもって対処すれば感染数を減らせることは第一波、第二波で実証済み。
だとすると、結局、『勝負の3週間』と警鐘を鳴らしても感染が減らない理由は明らかなんじゃないだろうか?
勉強はできなかったとしても、特段、問題ないのだけれど、勉強できないことを親や学校のせいにしても勉強ができるようにはならないと思うんだけど。

とどのつまり、私もふんどしの紐を引き締めなおして、事に当たれということなんでしょうね。
感染した場合には、感染対策に穴があったということですけど、今まで感染していないということは感染対策が万全だったという証明にはなりませんしね。

年末は

年末はボーナスが出て、クリスマスがあって、冬休みを含む年末年始の休みがあってと、各種条件がとり揃うために特にゲーム業界は賑わいを見せます。

私も、長いことバラバラに手掛けておりますゲームが、これを待っていたかのように終わっていっております。
二ノ国はメインのストーリーが終了し、クリア後のサブイベントを残すのみ。
でも、これがそこそこボリュームがあるので、完全に終わったとはいいがたいですが、マンネリ気味なので新しいゲームに食指が動くのはいたし方のないこと。

ブログでは一切書いていなかったヒューマンフォールフラット(Switch版)(ちなみに、内容はグネグネした人を動かして、非常口から落ちてステージをクリアしていくゲーム)もなんとか現在配信されているステージはクリアしましたし。

レイトンはクリア済み。

件のオーバークックは1は全部三ツ星取ったし、2も四つ星の残りは2ステージのみ。
かなり終盤。

この状況で、Switchのインディーズ系ゲームがディスカウントセールを開催。
以前から買いたかったゲームも軒並みディスカウント。
これは買わずにはいられない。

ちなみに、アルティメットチキンホース、Unrailed、WHAT THE GOLF? などが欲しいリスト。
KEEP TALKING and NOBODY EXPLOSEDも面白そうなんだけど、2人以上でやるゲームなので購入はねぇ。
どういうゲームかというと、分析担当者と処理担当者に分かれて爆弾を解体するゲーム。
分析担当者は爆弾自体は見られないけれど、解体マニュアルをみて口頭で処理担当者に指示をだし、爆弾の処理方法を伝える。
処理担当者は爆弾を直接触って指示に従って解体する。
けれど、処理担当者はマニュアルを見ることができないのでどうすれば爆弾を安全に解体できるかがわからない。
結局は、見た目の状況を処理担当者が分析担当者に伝え、分析担当者はマニュアルで解体方法を理解して、解体方法を処理担当者に伝える。
その指示に従って処理担当者は爆弾を処理解体するというわけ。
でも、すべては口頭で伝達されるがゆえに、シンプルには終わらない。
その歯がゆさが、ゲームを盛り上げるんでしょうね。
だから、キープトーキング(話し続けろ!)なのか。
制限時間と緊迫感のある伝言ゲームなんでしょうね。
気になります。
でも、買うのはコロナ禍明けですね。

とにかく、解体ゲーム...違った買いたいゲームがいっぱいのおっさんでした。(笑)

団子シリーズを終えて

長いこと団子ばっかりのせてましたが、そういえば、肉蕎麦と団子を食いに行った時、もう一週間ぐらいで健康診断だというのに、体重激増してました。
ピーク時よりは減ったものの、追い打ちでそば大盛りに団子6本。
果たして、健康診断ではどうだったかというと、前回、先生には体重減の目標を言い渡されていましたが、その時の体重からプラス1キロとなりました。
善戦!!
「やたー!!」ぐらいの感じでのぞんだら、先生に減らしてくださいと諭されました。
柔らかい口調で、やさしく諭されました。
いやぁ、善戦じゃなくて、撃沈だったみたいです。(笑)

お団子、最後は

20201127dango-6.jpg
お団子もついにラスト!
つまり、ブログのネタがまた尽きたということです。(笑)
まあ、そこはまたつまんない話でもダラダラと書けばいいっかと、開き直っております。

そんなことより、トリを飾る団子のご紹介。
上の白いニュルニュルは、前回のチーズじゃない、バター!!
その下には小豆餡。
さらにその下には焼き団子。
そう、あんバターが最後になりました。
あんバターでも、好みは分かれますよね、固まりバターがいいという人もいれば、今回のように溶けやすく細く小さくしたものをのせた方がいいという人、混ぜちゃっていいんじゃねって人。
焼き団子なので少し溶けるかなぁと思いましたが、餡に近い所が少しだけ溶けかけている状態で、あとはカッチリバター!
ちなみに、私はトーストはバターが全部溶けた状態が好きですが、団子は溶けてなくてもいいみたいです。
まあ、餡がたっぷりなので、噛んでるうちに混ざっちゃいますけどね。
マスカルポーネの濃厚さとは違って、ストレートにアブラ感とバターの風味が口に広がります。
そこに温かい団子と餡がやってきて、ねっとりハーモニー。
これは、好みが分かれそうだけど、素直で自然な味なのでおいしかったです。

長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。
団子シリーズ終了です!

マスカルポーネ

20201127dango-5.jpg
ラス前に登場は、フレッシュチーズの雄『マスカルポーネ』。
あまり聞きなれない人もいらっしゃるかもしれないので、なじみの深い所でいうと、ティラミスに使われるチーズ。
しかし、どうなの? 小豆餡とチーズ?
合うのかと思ったら、よく考えたら生クリームと餡が合うんだから、原材料が同じ牛乳のマスカルポーネが合わないはずがない。
濃厚さが加わって、美味しい。
チーズが好きですから、ひいき目が入っているかもしれませんがおいしかった。
日本にイタリアの風が吹いたみたいな感じですかね。
うん、よくわからない例えな上に何が言いたいかもわからないところが、胡散臭い評論家みたいでいいかも。(笑)

いったい、何本食ったんだっていう団子シリーズも次回でラスト!
最後は私の大好きな焼き団子で、かつ、大好きな組み合わせのやつです。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ゴマ。

20201127dango-4.jpg
今回は、ゴマ。
白ゴマ。
たっぷりかかっていて、たっぷり楽しめる。
これが団子に合わないわけがない。
人気の一品。

ここに来ると、必ず頼んじゃいます。

何事もなかったように、団子の話に戻ってみました。(笑)

荒浜小学校

20201206akahama-1.jpg

20201206akahama-2.jpg

20201206akahama-3.jpg

20201206akahama-4.jpg

20201206akahama-5.jpg

20201206akahama-6.jpg

20201206akahama-7.jpg

20201206akahama-8.jpg

20201206akahama-9.jpg

20201206akahama-10.jpg

20201206akahama-11.jpg

20201206akahama-12.jpg

20201206akahama-13.jpg

20201206akahama-14.jpg

20201206akahama-15.jpg

20201206akahama-16.jpg

訪問頂きましてありがとうございます。

マロン君。

20201127dango-3.jpg
最初の前回の訂正。
前回のメニューは『栗ちゃん』ではなく、正しくは『マロンちゃん』でした。

そして、今回は『マロン君』。
今回も栗と餡を合わせているのは同じですが、合わせているのは通常の小豆餡。
こっちは、ずっしりと質感を感じさせる純然たる和菓子の王道。
団子としかあわない組み合わせ。(は、言いすぎ(笑))
「今、俺、団子食ってるぅぅぅぅぅぅ!!」という団子。

次回がこれと読んだ方もおられたので、当然今回も読んでいることでしょう。
まだ、団子シリーズは続きます。

でも、次回は、近場のメモリアルコンストラクションをば、訪れて見ました。

栗ちゃん。

20201127dango-2.jpg
お団子、第二回は栗ちゃんをご紹介。
栗ペーストを白あんに混ぜた逸品。
甘さも軽めで、中には栗の粒もたくさんでおいしい。
和菓子が苦手な人でも食べられそうな感じ。
何だったらクラッカーに挟んで食べたいぐらいのあんでした。