『南極料理人』見ましたよ。

堺雅人さん主演の『南極料理人』を見ました。
壮絶なストーリーもなく、ちょっとした事件と悲喜こもごもが大きく脚色される事なく流れていきます。
コメディーなので重くないのに、似たような状況が身の回りには溢れていて、どこかリアルに見えてしまう。
けれど、コメディーらしく非現実的に解決したり。
見ているうちに引き込まれる作品でした。
堺さん主演とはなっていますが、共演の皆さんも曲者ぞろいですごいです。
南極のあの有名な昭和基地...ではなく、ドームふじ観測拠点で一年以上を隔離された状態で過ごす、8人の物語。
非日常の中の日常は、日常とよく似ているのに、似ていない。
たんたんと進む日常はコミカルで切実だ。
そんな中で生まれる人間関係の亀裂が新たな絆になり、そして、南極を去ればばらばらになる。
面白かったです。
最初の『中国文化研究会』の時点で『好みだ!』と思いました。
自分の説明はよくわからないと思いますが、よかったら見てみてください。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント