背中のキズは...

『剣士の恥』かどうかは置いておいて、そのことに触れる前に前段あります。

手前、瘡蓋(ゲッ! カサブタってこう書くんだ)が常にどこかにある。

意外と強く掻くことが多いらしく、どこかしらに瘡蓋。

猫飼ってた頃も、ひっきりなしにあったけど、猫のいない今でもそう。

統計をとると腕が多い。

つまりは乾燥肌(この時期に?)ってことなのか、かゆくなる。

ただ、この間から布団を忘れたりして干せないせいなのか、背中がかゆい。

が、立位体前屈がっつりマイナスの柔軟性に乏しい手前は、手が届く背中はほとんどない。

ということで、道具使用。とりあえず、アクリルの30センチ定規。

角がまるく、反ってしまうためにイマイチ掻けた感じがしない。

続いて、なぜか家にあるドラムスティック。(ちなみに、ドラムなんてまったく叩けません)

反らないのはいいが、さっきよりも角がない。イマイチ。

で、出ました a pair of scissors 鋏の登場です。

ケースから抜き、握りを右手で包むように持つと、閉じたまま刃のほうで書いてみる。

もちろん、刀でいう峰の方でだけどね。

いい感じ、いい感じ。

痒みも治まり、Tシャツを着て普段の生活に戻る手前。

そして、その夜。

着ていたTシャツを脱ぐと、背中の部分に血痕が。

あわてて、鏡の前に行くと幾筋もの真新しい瘡蓋が。

あれ? 今日は気分で風呂激熱にしましたけど。

うめりゃいいんだけど、ザバーン、ジャバーって、貧乏性の手前には心苦しい。

どうせ、お湯の温度を低くしたって多少はしみるんです。

皆さんもお気をつけ...そんなヤツ俺だけか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

痛そう~(T0T)

電脳高架橋さん、こんばんは。

瘡蓋だらけって(←ほんと、こう書くんですね!)
ちょ・ちょっと、掻き過ぎですよ(^^;)

乾燥肌って、夏場に珍しいですね!冷房あたり過ぎでしょうか。。
私はあせもで体中がかゆくなってます(笑)

確かに、手の届かない場所を掻くの困りますよね。
孫の手はありますが、なんか掻き心地が悪いんです。
でもあまり鋭いもので掻く時は、服の上から掻くといいですよ。
気をつけて下さい(^^;)

熱いお湯でその傷、痛そうですねぇ(>。<)
お大事にして下さい。。(お大事にってほどじゃないかも?)

Re: 痛そう~(T0T)

yukoさんへ
どうも、こんばんは。
瘡蓋が多いのは、仕事柄腕にキズを作りやすいからなんですけどね。ダンボールに物を入れたり、出したりする時に慎重にやればいいんですが、時間を気にして雑にやるもんですから。
背中はなんかかさつく感じがするんですよね。
でも、心配していただいてありがとうございます。
これからはキズをつくらず、しみない日々を目指して邁進していく所存であります。
また、おいしそうな写真を見に、yukoさんのブログに通わせていただきたいと思います。
なにとぞ、よしなに。
コメントありがとうございました。
非公開コメント