こんな時間に思うこと

20160700stock-2.jpg
『好き』な時、訳を求められることが多い
けれど、結局『好き』に訳なんてないから困ってしまう

20160700stock-1.jpg
『嫌い』な訳は時に挙げきれないほどあるというのに
結局みんな、『嫌い』の訳なんか一個だって聞きたくなんかないから、やっぱり困ってしまう

ご覧いただきましてありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

「好き」は、
直感的に好きな場合や、なんとなく好き?な時もありますしね^^
「嫌い」には、確かに訳がいっぱい出てきそうですねぇ。。
ふと思ったのですが、「嫌い」じゃないものは
全てが「好き」に分類されてしまうのでしょうか。
あっ「普通」っていうのがありましたね ^^;

涼しげで、綺麗な写真ですね。
秋らしくも見えますが「今」なんですよね!
昨日の青空も、綺麗でした^^

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> 「好き」は、
> 直感的に好きな場合や、なんとなく好き?な時もありますしね^^

そうなんです、好きは食べ物でも直感的な場合が多いような気がするんですよね。
なんとなくというのも感覚的なものですよね。
だから、理由をつけても本当に自分がそう思っているのか確信が持てないような気がします。

> 「嫌い」には、確かに訳がいっぱい出てきそうですねぇ。。

嫌いも確かに直感的な場合も多いですが、嫌いと思うとき数々のマイナス要素を蓄積してあるとき『嫌い』と思うことが多いようにも思うんです。
だから、こんなことを感じたのかもしれませんね。^^

> ふと思ったのですが、「嫌い」じゃないものは
> 全てが「好き」に分類されてしまうのでしょうか。
> あっ「普通」っていうのがありましたね ^^;

そうですね、でも人によってはどっちかに振り分けてしまう人っていますよね。
そういう人ってシンプルで理解しやすく、魅力的な場合も多いですけど、迷惑なときもありますよね。
普通が多い人は理性的な感じもしますけど、時につまらなくも感じる気がします。

> 涼しげで、綺麗な写真ですね。
> 秋らしくも見えますが「今」なんですよね!
> 昨日の青空も、綺麗でした^^

ありがとうございます。
そうなんです、秋っぽいですけど今なんです。^^
非公開コメント