電脳高架橋的牛蒡皿陀

えー、本日は電脳高架橋ちょいアレンジによるごぼうサラダの作り方...ではなくて、作っている過程を見ていただこうと思います。
見たくない?
まあまあ、そうおっしゃらずに、寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
では、はじまり、はじまり~っ。

20161006gobou-1.jpg
はい、主役のごぼう。
ちょいアレンジはこのごぼうの切り方のみ。
ささがきというよりも刀削麺のように削ぐ感じ。
若干長くて麺のように食べられるのが好きなんですねぇ。
ところで、ぶっちゃけるとあぶなく茹でずに投入するところでした。^^;
気づいてよかった!

20161006gobou-2.jpg
水菜。
茎のシャキシャキしたところがまたごぼうの食感とちがって好きです。

20161006gobou-3.jpg
今回はきゅうり。
マストではないですが、入れてみました。
にんじんも入れたかったけど、(値段が)高かった~
で、断念!

20161006gobou-4.jpg
玉ねぎ。
古くなっていたけど、何とかイケた。

20161006gobou-5.jpg
水菜と同様にマストの春雨。
ごぼうサラダの春雨が好きすぎて、春雨を大量投入して『モノには程度というものがある』という教訓を得た過去を持つ。

20161006gobou-6.jpg
なんだったら、無くてもぜんぜん気にならないハム。
お高いですしね~。
でも、今回は入れましたよ。

20161006gobou-7.jpg
切ったハムとこちらはマストのカニカマ。
実は、カニカマが手に入るとごぼうサラダを食べたくなります。
だから、ごぼうが手に入ってもごぼうサラダは作る確率10%未満!!

20161006gobou-8.jpg
ボウル。
この中で、これらの具材がまぜまぜされます。
が、その前に...

20161006gobou-9.jpg
マヨ川崎と油ゴマを投入。(マヨネーズとごま油ね。念のため)

20161006gobou-10.jpg
しょうゆも投入しますが、別途、塩を気持ちでいいので一つまみ入れると味がしまる気がします。

20161006gobou-11.jpg
攪拌でソースができました。
いりゴマがあったら最高だったんだけど、本日はなし。

20161006gobou-12.jpg
あと、完成!
ちなみにささがきに30分、混ぜに10分の大仕事。
ボウルのフチに格闘のあとが...
フチ子さんでものっていようものならマヨまみれでぬるぬるです!

20161006gobou-13.jpg
はい、ごぼうサラダ一人前(3日分)の完成です!
まあ、ごぼうサラダのみを食べたけど、この量を一回で食べたこともあり。
ちょっと、少なすぎたかな?
今夜、皆さんもいかがですか?

ご覧いただきましてありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント