そろそろ写真を載せたいんだけど

今日も地味にテキストのみですみません。
そして、また勇者ヨシヒコ関連です。<(_ _)>

先日、友人と話していて、勇者ヨシヒコの中でも「やっぱり、小栗旬が出た回が安定していた」という話になりました。
勇者ヨシヒコでは盗賊などが襲ってきますが、毒霧で敵を殺す盗賊が風下で毒霧を噴いて自分で死んでしまうというような小ネタがあります。
ここに有名な役者さんやタレントさんが多く出演しますが、本編にもそういった方が登場することもあります。
最新シリーズの最終回では魔王の声で堤真一さんが声だけ登場したりなど、意外と贅沢なつくりだったりします。
友人との会話は一番古い、第一回目のシリーズでは小ネタ的な感じで小栗旬さんが登場していました。
その小ネタが安定感があって、よかったという話です。
続けて、「小栗さんと山田さんはセットだからね」と自分が言うと、友人は怪訝な顔をしています。
「そういう印象はないんだけど」
というのです。
自分としてはなんか事あるごとに競演している印象があったのです。
自分の中では一時の浜田雅功さんと白川由美さん(たとえが古くてすみません)ぐらいの印象だったのですが、友人にはまったくその印象がなかったようで、実際のところが知りたくなったので、ウィキペディアで調べてみると、映画、ドラマあわせても6作ぐらいでした。
小栗さんにいたっては120以上の出演作があったのに6作ってことは5パーセント。
友人の印象が正しかったようです。
たまたま、競演している作品だけを見ていたみたいです。
人間の印象なんてそんなもんなのかもしれないと実感した出来事でした。

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント