脆い

脆い、脆すぎる。モロモロだ。
始終言っている、「あんま、寝てねぇ」
事あるごとに、「腕が、腰が、頭がいてぇ」
恒例行事か、「ヤ~ベェ、風邪ひいたみてぇ」
人生紆余曲折か、「いや、大丈夫なんだけど、ちょっと精神的に...」
まあ、これはしようがないか、「スゲェ、金欠なんだけど」

ああ、脆い。脆すぎる。
どこにいった、生命の奇跡。命の神秘。人の強さ。精神の強靭さ。
脆いよぉ。

どうなってるんだ?

カテゴリー間違ったか? 「世迷言」か?

いえ、今日は残念なお知らせが...。
もっとも、皆さんにはまったく残念ではないんですが、ウチの冷蔵庫って一人暮しなもので、フリーザーがないほど小型ではないのですが、両開きやら、チルド室やら、自動で製氷してストックしてくれるみたいなのがついているほどでかくもない。
一人暮し用の高さ110cmぐらいの冷蔵庫なんです。
使ったことがない方も多いかと思いますが、そういう冷蔵庫、特に安物ですと冷蔵室は三段構成。棚がプラスチック製で引き出せて、溝の位置を変えることで高さを変えられる。最下段には同じくブラスチック製の入れ物が入っており、上から三段目の棚がフタ代わりで、野菜室的な役割を担っている。
こちらの入れ物は、それ自体を何度も引き出すために構造力も高く、ちょっと落としたぐらいじゃ壊れない。
だから、その他の棚も同様の構造力を持っていると過信した...。

その野菜室代わりの入れ物をふさぐ三段目の棚の上に、最近は常に400gぐらいのおっきいヨーグルトが四個ぐらい入っていて、他にもすし詰めだった。
昨日、いつもの様に買い足してきたヨーグルトを日付順に入れ替えていた時に、乾いた破壊音が響いた。
見ると、三段目の棚が真ん中から真っ二つに折れた。そのため、折れた三段目が何も入っていなかった下の入れ物に落ち込み、ヨーグルトやら何やらが雪崩をうってゴチャゴチャに。
「どした!?」
その光景を目の当たりにして一人の部屋でそう叫んだものの、つぎの瞬間『"どした"って何?』と反射的に思う。

それにしても、いや、くらべたりしたら新しい冷蔵庫の教育上もよくないのかもしれないが、震災で潰した前の冷蔵庫は同じ安物だったけど、棚がガラス製だった。
たぶん、型が古いせいもあるんだとは思うけど、思い返すと安心感があったなぁ。

ということで、ウチの冷蔵庫は今、棚二段になり、空間的には一階二階が吹き抜けの開放的な間取りにはなったものの、延べ床面積が住人達の必要面積を満たしていない状態。
この季節に、野宿させるわけにもいかず、きびしい。
早く、手を打たなければ。
ホームセンターで、手ごろなガラス板とかないかな? と思っている次第。

長かった前フリを経て、今高らかに叫ぼう!

「脆いよ!!」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋様:他はまだ現役なところが切ないですね。ヨーグルト生活はまだ続行中ですね!

No title

こんばんは。

冷蔵庫内で起きた災害、大変でしたね。
冷蔵庫のトラブルは、とかく暑くなった時に起きがちです。

私も過去に夏場のトラブルに泣かされた経験があります。
もう古かったのでモーター系の故障でしたから、致し方なく買い替えをしましたが。
痛い出費でした(>_<)

吹き抜けの空間が早く埋まりますよう、お祈り申し上げます。

Re: No title

ウォーリックさんへ
冷蔵庫は買って、まだ二年。まだ退役させるわけにはいかないんです。
ヨーグルトに関しては「やるときには徹底的に」がモットーなもので。
コメントありがとうございました。

Re: No title

らこささんへ
やっぱり、冷蔵庫ががんばる夏にトラブルが起こりやすいんでしょうね。
今日あたり、採寸してホームセンターを巡礼してみたいと思います。
今は、ヨーグルトの上に色んなものがのってる状態。ヨーグルトが減ってくると、置き方に思案が必要になりそうです。
コメントありがとうございます。
非公開コメント