それが日本の現実

連日トランプ大統領のニュースが流れています。
さほど、代わり映えもしないのにね。
事前にどれほど推測したところでよりよく立ち回れるわけではなく、明らかにイニシアチブも取られてるしかないのに。
アメリカという日本が寄りかかっている大樹。
大樹なくして政治も経済も成り立ちはしないだろうに。
後手に回ることから逃れられない。(集団的自衛権もそのあらわれですよね)
批判もむなしく響く。
トランプさんが行き詰まったときにたたくための布石なのか?
そんなこんなで、スーパーボウルでさえトランプがらみ。
日本で注目されるのはハーフタイムショーやCM?
あんな、試合の5分の4が終わって大差をつけられて負けていたチームが劇的な逆転勝利をした試合は一切無視だものなぁ。
ファルコンズがすごかったよなぁ。
攻撃型チームとしてならしていたのに、ペイトリオッツをずっと抑えていたものなぁ。
第3Qまではブレイディにまともに仕事させてないもの。
ただ、やはりペイトリオッツは強かった。
それを抑えていたファルコンズディフェンスが第4Qで消耗。
やや守備が甘くなってきたところで流れを引き寄せたもの。
2ポイントコンバージョンを必要だからといって2回連続で成功させるペイトリオッツの地力もすごい。
オーバータイムに持ち込んだ時点で完全にモメンタムをペイトリオッツが掌握して、最初の攻撃シリーズでタッチダウンで決着。
すごい試合だったんだけどなぁ。

NFL好きの愚痴、聞き流していただけるとありがたいです。^^;
ご覧いただきましてありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント