トラックバックテーマからの

第2244回のトラックバックテーマは「ホワイトデーはどうでしたか?」って何にもないよ。
もらってないし、チョコはほしくないしね。

あっ、この感じでわかると思いますが、こじらせ記事なのでスルーした方がいいかもしれません。^^;

せいぜいコンビニで『こんなに残って大丈夫なのか? 商売として成り立つのか?』と思ったぐらい?
基本、こじらせ体質の自分としてはまったく無関係の日!

ところで、ホワイトデーのホワイトってなに?って思って調べてみたところ、まず日本発祥のお返しデーってこと。
まあ、予想はしてたけど。
で、簡単に言うといろんな商売人がチョコだけじゃなく手前どもの菓子も売り上げ増大したいとして飴、クッキー、マシュマロなどのお返しデーをもうけてそれぞれ独自に名前をつけていたんだけど、飴さん業界が全国飴菓子工業協同組合ホワイトデー委員会を組織して、純潔の色ホワイトを名前に使い、それが広まり、ホワイトデーに統一されたということらしい。
調べていたあるサイトではホワイトデーに返すもので『自分も好き』とか『自分は好きじゃない』とか『友達でいましょう』みたいな意味づけがその昔はされていたというのを見た。
学生かばんの赤テープ(『喧嘩売ります』)、白テープ(『喧嘩買います』)みたいなもんらしいです。^^
この日本独自の風習は、派生して(業界が派生させて)オレンジデーなるものも。
今度は確かめ合った愛をさらに深めるために両方で贈り合うんだそうです。
まあ、プレゼント好きならいいのだけれど、バレンタインの時点で付き合ってられないのに、もはやイチャつく口実でしかないんじゃないだろうか?
まあ、幸せならいいけど。
義理はやめよう!
あれって、バレンタインから始まるから人間関係を円滑にしようと気苦労を重ねる女性か、いいもん返せよ的なお返し狙いのあざとい女性がやる行為にしか見えない。
少なくとも後者のエッセンスとかは人により濃度の違いはあれど入っていそう。
これも前職で女性が多い職場で働いていたためのこじらせかもしれませんが。^^
自分としては返さなければならないという余計な義務感を嫌いなチョコをもらうという苦行の代償として発生させられることにしかならない。
いい年になったし、対象となる人も少なくなったこともあり、かつまた率直に生きようということで数年前からきっちりとお断りさせてもらっている。
まあ、チロルチョコ程度でついでに的なものは角を立ててまで断ってはいないけど、あえてお返しはしない。
それでくれなくなるならそれでいいし。
お返しスパイラルに陥った挙句、チョコもらって喜んでるなんて思われたら困るからだ。

ちなみに、日本で広まった、日本的バレンタイン・ホワイトデーの風習は中国、韓国などの地域にも広まったらしく、韓国にもバレンタイデー、ホワイトデーがある。
オレンジデーもあるが、日本が4月14日なのに対し、韓国では11月14日らしい。
そして、お互いに贈り物を贈り合う日ではなく、二人でオレンジジュースを飲む日らしい。
ちなみに二人で映画を見るムービーデーもあるらしい。
韓国の4月14日はブラックデーらしい。
これはバレンタイン・ホワイトデーに贈られることのなかった人たちが黒い服を着て見た目黒い食べ物を共に食する日らしい。
何の意味があるんだろうか? と思ったが、必ず恋人のいない者同士になるのでそこからカップルが誕生することがあるという説明を聞いて、ああなるほどと。
ただオレンジデー、ムービーデーに関しては、やることぐらいこっちで決めさせてくれ!と思ったものの、バレンタイン、ホワイトデーもまた決められているのかと自己完結。
ただ、贈り物全体にいえることだが、何かお世話になったとかだったら贈り物をするにしても相手の好みなどわからないけれどお礼の意味でそつのないものを贈るという行為もいいのだけれど、自分としてはLoveな人、Likeな人に喜んでもらおうと贈り物をする時に決められた日付に決められたものをというのは楽をしすぎな気もしないでもない。
本当に贈りたい相手なら、贈り物を選ぶ時点でそれは楽しいことだし、相手に喜んでもらおうというプレゼントは相手にその気持ちが伝わる気がする。
工夫もなく決められたものをもらう側にしても、予定調和で喜ぶぐらいしかなく、わくわく感がない。
たとえ、残念なものだったとしても残念なプレゼントすらもそういう気持ちで贈ったのなら思い出になると思うんだけど。
誕生日ぐらいは例外にしておこうかな。贈るものが決まってないし。
逆に、決められたものを決められたとおりに贈られたときに記憶に残っているものは自分に限って言えば何もない。
物が残っていても、心には何も残っていない。
贈ったほうもそれでもいいんだろうか?

ほら、こじらせ体質!!

ご覧いただきましてありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント