反っている鍵

私の家の鍵は反っている。
もち手の部分は反っていないが、鍵穴に差し込む部分が反っている。
ピン札を手の平に載せると反るというが、あそこまでは反っていない。
説明を受けてから横から見たら「あ~」と言うほどだ。
そんなに反っていないじゃんと言われるだろうが、鍵を開けられないから工夫して反りを直した結果である。
本当はもっと反っていた。
ある日帰ってきたら反っていて、鍵穴に入らなかったのだ。
なぜか?
ちなみに、手持ちの鍵は束になっていて(2・3個しかないが)、それが小さな金属製のリングにつながっていて、さらにチェーンでベルト通しにフックで引っ掛かっている。
そんな状態で、せっかちな私が家を出て、ドアに鍵をかける。
自分では抜いたつもりが先端が抜けきらないうちに出かけようと意気揚々と踵を返すと、チェーンがビーン!
先端だけ固定された鍵が反り返るというわけだった。
戻すときも、鍵ってお分かりのように硬いですから、先端を鍵穴に差し込んでグイッとやると、戻しやすい。
もって直そうとしても握力自慢の人間ではないし、フライパンも丸められない非力さですから、とても戻せるものじゃない。
だから、先端つっこんでグイッとやる。
一発でやろうとすると変に折れ曲がる可能性があるから、軽く、慎重に戻して、状態を確かめて、今度はもちょっと差し込んでよりもち手の部分を徐々に調整をつけていくと言う匠の技が光ります。
とはいえ、いかに匠でも一度折れ曲がった鍵はまっ平らにするっつうのはほぼ不可能に近い。
だから、鍵穴に入り、鍵さえ開けば用は足りるので、その妥協点で鍵は反った状態を保っているわけ。
何でこんな話をしているかというと、昨日もまた鍵を曲げそうになったから。
あなぶかった!

ご覧いただきまして、ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント