別に何もしなくていい

2017052428hanyou-20.jpg
用事があって珍しく夕方に行動。
ふと見ると小さな男の子が塀の角から向こうを見ている。
鬼ごっこなのか、かくれんぼなのか、それ以外なのか?
後ろから見るとちょっと間抜けだ。
ダッ!
駆け出す男の子。ひとつ下がった角に身を隠す。
が、誰も来ない。
やがて、ソロリソロリと元の位置に戻ってくる。
また、向こうをうかがう。
どうしたもんか?
声かけるのはNGだし、代わりに見てあげるのも違う。
でも、かわいいから何かしてあげたくなる。
どうしたらいいのかな?
目が合うと、なんだろう? かなり気まずい。
荒井注のあのフレーズを思い出す。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント