どう見えるか知らんが若葉マークついてまっせ!

ソフトバンクのスーパーフライデーって金曜限定なのね。
知ってます、スーパーフライデー?
ソフトバンクのスマホをお持ちの方にメールが送られてきて、リンクをクリックするとチケット画面が。
吉野家だったり、ミスドだったり、今はセブンイレブンで商品がもらえる。
てっきり、金曜日にメールが送られてきて、1週間の期限で、翌週には別のメールが送られてくるってことなのかなって思ってたんだけど、金曜日に使用しないと使えなくなっちゃうのね。
知らなかったぁ。
まあ、ガラケーも持っていない人間には関係ないからね。
そんな自分がなぜ知ったのか?

いつものようにセブンイレブンへ。
早朝の店内に人はまばら。
なぜか店員さんもまばらというかいない。
裏とかで作業しているからかもしれないけど。
立ち読みが2人、うろうろしていて一向にレジに行きそうにないやつが自分を含め二人だからしようがないのかもしれないが。
いつもの店員さんは今日は不在、お休み。
すると、うろうろする自分の背後からうろうろと60代ぐらいの男性が近づいてくる。
「すみません」
「はい?」
「あの、これ買ったばかりで、使い方がどうも...」
「はい?」
こっちはスマホショップの店員じゃないからそんなこと言われても懇切丁寧に教えようにも場所も、時間も(いや、時間はあったかな?)、いやなにより全然知識がない。

「あのアイスとかコーヒーとかもらえるらしいんだけど...」
店内にはそのスーパーフライデー関連の告知ポスターやポップなんかもたくさんあるし、仲のいい店員さんにも聞いたのでピンときた!
「あー、ソフトバンクのスーパーフライデーですね?」
「あの、これ買ったばかりで、使い方がわからなくて...」
「いや、俺もスマホとか持ってないからわからないんですけど...」
「なんか、どうにかしたらもらえるらしいんだけど...」
いや、俺じゃなく、ほかの立ち読みしている人に聞きなよ。きっと、俺より詳しいから。
と思うものの、突き放すようなことも言えず、とりあえずずっと差し出されたままのスマホを手に取る。
何の画面かもわかんない状態。
せめて、アプリのアイコンが並んでいる状態なら見たことあるし、わかりそうなんだけど。
「ちょっと説明を読みたいから、ポスターのあるところまで移動していいですか?」
こくこくとうなずく男性。

場所を移動して、説明を見るとメールが送られてきて、リンクをタップすると次のステップに書かれている表示画面になるらしい。
だが、これがメール画面なのかどうかもわからない。
というか、文字入力の画面っぽいから、メーラーは起動されているのか?
それともラインとかなのか?
いや、使い方もおぼつかない人がラインはやらないか?
よくわかんないから、やっぱり初期画面に戻したい。
「メールの画面って出せます?」
「あの、これ買ったばかりで...」
「じゃあ、初期画面にできます?」
「あの、これ買ったばかり...」
『しまったぁ、一点張りだぁ!』
とりあえず、埒があかないので、あてずっぽでマークをタップ!
『キタ! 初期画面』
「メーラ...」
「あの、これ...」
『ダメだ! 何一つ聞けない。』
アイコンを探すと右下にメールの文字。
『これだ!!』とタップ。
メーラー起動。
該当のソフトバンクからのメールが表示された。
画面を下に下がってリンクをタップ。
「ブラウザを起動しますがよろしいですか?」
あらためて聞かれると不安になるが、『OK』をタップ。
次のステップに表示されている画面がでたっ!
いやあ、使い慣れている人にはどうってことないだろうけど、一歩間違ってとんでもない所に行ってしまったらリカバリーできる自信がないから恐ろしい恐ろしい。
でも、よかった。無事たどり着いた。
と喜んだのもつかの間。
ポスターの説明では赤くなっているボタンがグレーです。
上の説明を見ると6月30日に使えるみたいなことが書いてある。
『あれ? 23日のリンクをタップしたつもりだったんだけど』と思い、メーラーに戻ってみると、やっぱり23日になっている。
念のため、もう一度タップ。
やっぱり、30日になっている。
そこで気づいた。
『これは金曜日にしか使えないやつじゃないかぁ』
だって、今日は日曜日、使えるはずなし。
『わかってくれるかなぁ』と半信半疑で男性に説明。
「このスーパーフライデーのやつは金曜日にしか使えないみたいですよ。だから、次の30日の金曜日にもう一度くればソフトクリームかコーヒー、もらえるみたいですよ」
ゴネられたらどうしよう、俺店員じゃないけどと思いながら男性の顔を覗き込むと
「ああ、そうなの。今日はダメなの。じゃあ、しょうがないね。30日ね。ありがとうね」
と頭を下げてくれた。
「いえいえ、いいんですよ。ここの店員さんも親切な人多いから、30日に聞いてみるといいよ」
と無責任なことをいいつつ、その場を去った。
結局、先に男性が帰ったけれど、自分もいっぱいいっぱいで何も買わずに帰ってしまった。
いやあ、怖い。
なぜ俺に?
あなたの後ろにも、妖怪『あのこれ買ったばっかりで』が迫っているかもしれませんよ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント