アジサイ調べ

20170711robata-8.jpg
アジサイの写真を撮ったので、載せるついでにウィキペディアなどで調べてみました。

20170711robata-5.jpg
アジサイの『紫陽花』という漢字は唐の詩人白居易が別の花に付けた名前を、平安時代の学者源順がアジサイに当てたために間違って広まったといわれているそうです。
ちなみに、アジサイの原産国は日本だそうで、ガクアジサイがもともとの原種。
手まり咲きと言われる上の写真のようなアジサイはガクアジサイから変化して生まれたものらしいです。
けれど、葛飾北斎の『あじさいに燕』に描かれているアジサイは手まり咲きのようなので、江戸時代には普通にあったようですね。

20170711robata-1.jpg
アジサイには毒性があるという話しがあり、実際にアジサイの葉を食べるなどして食中毒になった例もあるようです。
しかし、アジサイの品種によって、成分・含量にかなり差があるみたいで、詳しいところもよくわかっていないようです。
食中毒の症状にしても、重篤なものは確認されていないようなので、口にしなければ問題ないみたいですね。

20170711robata-3.jpg
よく知られているところでは、ガクアジサイの一般的に花と思われているところは萼で、いわゆるおしべとめしべのない果実を生じない花(装飾花)なんだそうです。
中央部分の小さなやつがおしべとめしべのある花。
手まり咲きのやつはすべてが装飾花であるために、稀にしか種子をつくる事がないそうです。
じゃあ、どうやって増やすのかというと、挿し木で簡単に増やすことができるんだそうです。
そうだとすると、勝手に増えないし、増やしたいときには自由に増やせるので都合がいいですね。

20170711robata-2.jpg
ちなみに各地にあじさい寺と呼ばれる寺院があり、呼ばれなくてもアジサイの咲いているお寺が多いのは、一説によるとアジサイの咲く梅雨の時期は気温変化が激しく、医学の発達していなかった時期には死者が多く出たのだそうです。
その時に手向けられたのが時期で咲いているアジサイだったので、お寺によってはアジサイを死者に手向ける花としているところもあるようです。
そんなこんなで、過去に流行病などで多くの死者が出たところの寺にはアジサイが植えられた。
その後に書画などでアジサイの美しさも広まり、各地の寺院ではアジサイを植えるところも増えたみたいです。

20170711robata-6.jpg
アジサイの色は土壌のpHに関係するとよく言われますが、色の主成分はアントシアニンらしいです。
そう、ぶどう、ブルーベリーなど紫色といえばアントシアニン。
そして、花の色はアルミニウムイオンを多く吸収することによって青っぽく、吸収されなければ赤っぽい紫色になるんだそうです。
吸収されたアルミニウムイオンが補助色素と結合することが関係するみたいで、土壌が酸性であればあるほどアルミニウムがイオン化しやすくなるので、たくさん吸収されるんだそうです。
ただ、アントシアニン自体もpHによって色が少し変化するらしいです。
けれど、すべてのアジサイにこれが当てはまるわけではなく、補助色素の量の少ない品種や、アルミニウムイオンの結合を阻害する物質を持つ品種では傾向が弱かったり、出なかったりするみたいです。
アナベルなど白い花は特にこの傾向が出ないでしょうね。
また老化によって花は赤みを帯びていくのだそうです。

20170711robata-7.jpg
アジサイもなかなか奥が深いですね。
20170711robata-4.jpg
こちらは線路の手前左側の道路脇に咲いているアジサイを撮ろうとしたら、電車が来てあわてて電車を撮った写真。
アジサイも写っていますが、遠目なので見えないですよね。
すみません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント