クリスマスの話

来年の話をすると鬼が笑う。
じゃあ、去年の話をしたら福が怒るとか?
そういうわけで、去年のクリスマスイブの話。
タウン誌で贈り物によさそうなドーナツ屋さんの記事を発見!
特に予定もないので、調査に行った。
そのドーナツ屋さんの記事で紹介されていたドーナツは猫の顔をしていたり、犬の顔が真ん中にのっていたりと贈り物によさそうじゃないですか?

20180105nijieco-4.jpg
それがこちら。
かわいいでしょ。

20180105nijieco-3.jpg
セットにするとドリンクが割引料金で付けられます。
ホットティーをチョイス。
犬はマシュマロかと思いましたが、それほど甘くないマジパンみたいな感じでしたね。
白玉ドーナツなので赤と緑の白玉がのって、下には餡子も。
プレーンのドーナツがほんのり甘いぐらいの味付けなので、何味にしても合いそうでした。
外がカリッ、中がフワモチッの軽めのたくさん空気を含んだドーナツなので、何個でもいけそう。
もちろん、持ち帰りも店内で食べることもできます。
お店の雰囲気作りにも力を入れていて、白を基調にした落ち着いた店内に、シャレた小物が並んでいていい雰囲気でした。

20180105nijieco-5.jpg

20180105nijieco-2.jpg

20180105nijieco-6.jpg

20180105nijieco-11.jpg

20180105nijieco-12.jpg

20180105nijieco-7.jpg
こんな感じ。

20180105nijieco-9.jpg
ドーナツ、もうちょっと食べたかったので翌日(クリスマス当日)も再訪。
セットによってはこのようにアイスクリームのせで、チョコレートソースをかけてもらえます。
ドーナツの手前にあるのはドライフルーツのラム酒漬け。
これもなかなかおいしかった!
飲み物はカフェオレをオーダー。

20180105nijieco-10.jpg
ネコのドーナツの写真を忘れましたが、店名にあわせて作ったドーナツのようです。
犬の方は、今年が戌年ということもありつくったのかもしれません。
勝手にいろんな動物の形のドーナツがあると思い込んでいましたが、動物関連はこの二種類だけでした。
でも、ドーナツの種類は大きい店ではないのになかなかありました。
塩バジルが気になった。
近々行くつもりです。^^
ドーナツは絶品です。

味とセンスのよいお店『nijineco』さんでした。
今日の問題

浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』でいう大星由良之助とは一般的にいうところの誰?
(簡単にいうと忠臣蔵の主人公とも言える「おおいしくらのすけ」の正しい漢字表記はどれでしょう?)

1.大石蔵介
2.大石蔵助
3.大石内蔵介
4.大石内蔵助
5.佐々木 蔵之介

それではまた明日。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント