一週間に二回の二回目

20180106yoshinoya-8.jpg
前回、注文後に発見したシラスご飯が食べたくて、二度目の吉野家へ。

20180106yoshinoya-9.jpg

20180106yoshinoya-10.jpg

20180106yoshinoya-11.jpg

20180106yoshinoya-12.jpg
半分はシラスおろしで。

20180106yoshinoya-13.jpg
残りはシラス玉子かけご飯でいただきました。^^

ちなみにこちらの吉野家は、最近、新たな展開としてやっているようで、仙台だと2店舗しかありません。
前回の記事の最後の写真を見ていただくとわかるんですが、各テーブルにはコンセントが用意されていて、スマホの充電やノートPCの電源に使えたりするわけですね。
ほかにドリンクバーなどもあります。
この吉野家のコンセプトは、食ってすぐ帰るではなく、ゆっくりとくつろいでもらえるような空間の提供みたいですね。
なので、逆に注文をとりに店員さんはこずに、入ってくるときにレジで注文をします。
フードコートのようにアラームを渡されるので、注文が出来上がったらアラームで知らされて取りにいって席で食べる方式です。
返却口の写真もあったと思いますが、自分で下げ膳。
これも必要以上に店員がうろつかずにくつろげるようにとの配慮だと思います。
さらに吉野家にあるべき七味や醤油、紅しょうがもありませんよね?
これらは特定の場所に取りに行くようになっています。
これも詰め替えだったりで店員さんがテーブルをうろつく必要がないように、また、テーブルを広く使えて、なおかつ、間違って倒してしまって、PCや紙などを汚したりしないようにということなんだと思います。
いろいろ考えられているみたいですね。^^

あと、ペペロンチーノ丼は牛丼にガーリックとチーズ味を利かせたような味で、食ったら「あっ、ペペロンチーノだ」と思うような味で、おいしいですよ。
昨日の問題の答え

正解は2番のげっぷでした。
思わず出てしまうげっぷにすら本心が出ないようにするということで、『おくびにも出さない』なんだそうです。
ちなみにおくびを漢字で書くと「噯」で、口偏に愛と書きます。
口から愛を語るとげっぷになるんでしょうかね?

それではまた明日。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント