朝ドラに無駄に噛みつく細かい話

20180504michinoku-1.jpg

NHKの朝ドラ『半分、青い。』は1971年生まれの楡野鈴愛のお話。
周りのものも、当然、それに合わせたものが多く登場する。
歌もユーミンとかね。
おとうちゃんが漫画好きで、家が食堂をやっていて古い漫画もあるということで、マグマ大使とかは、かなり古いけれども鈴愛も知っている設定で、お母ちゃんはゴア扱い。
それはぜんぜんアリでしょうとも。
グルグル定規とか懐かしかったし、歌番組をかけたテレビの前にラジカセ(やっぱり、AIWA製?)を持っていって録音とかは定番。
さらに録音の最中に家族が話しかけたり、音を出して録音が台無しっていうのも定番中の定番。
そんな感じで時代考証をひとつの売りにしているのも見所のひとつなんだけど、なんで今日の放送で『今でしょ!』入れたの?
普通の会話でも意識なく使うことあるだろうけど、手も入っちゃってるからどう考えても林修が入ってきちゃったんだけど。^^

ところで、林先生が監修した本とか出版したら『林修監修』?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント