『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

20180622asa-1.jpg
雨上がりの朝
なんでもない普通の道で、きれいな自然もきれいな人工物があるわけでもないけど、なんとなく好きな風景

久しぶりに映画を見てきた。
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
なんとなく、予告を見た感じライトな楽しそうな映画だったので。
でも、見てみたらライトな中にもテーマがあって、楽しく見ながらも感じる部分がありました。
とはいっても、夫婦間の問題なので、お前は関係ないだろうと自分で思ったりもするんですけどね。
将来、必要になるかもしれないってことでね。

難をいうなら、自分としては謎々を出しておいてある程度、ヒントを出しながらも答えを明示しないというオチは好みではなかったかな?
たぶん、それぞれ似たような状況の心当たりはあっても、厳密には人それぞれ違うし、思うところ、価値観は違うから断定したくない。
それぞれで、自分にあった結論を当てはめてほしいということなんだろうと思います。
でも、自分としては違ったとしてもひとつの結論として明示してほしいかなと思った。
その違いが新たな視点を与えてくれることもあるかと思ったので。

でも、作品全体として必要なものだけをうまく構築するような強いテーマ性の映画ではないので、この終わりも全体の統一感としてはあっているのかなあと。
どちらかというと、女性の方が共感できるのかもしれない描かれ方のような気がしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント