気をつけないと

20180700yakurai-46.jpg

佐川をかたったショートメールの被害が広がっているみたいですね。
気をつけないと。
といっても、携帯端末という端末を一切持ってないから大丈夫なんですが、PCはあるわけだからいつどんな被害に遭うかもわからないです。
やはり、気をつけないと。
でも今回のは、それは引っかかっちゃいますね。
よくインターネットショッピングとかをしている人ならなおさら。
サイトの見た目は同じく作るほうが難しくない、むしろ、ちょっと違う方が面倒くさい。
ソースをコピーしてもいいし、スクリーンショットでも画像として取り込めるから、見る人が見ればわかっちゃうし、かえって怪しまれるけど、普通はバレないだろう。

何より怖いのは、犯人たちがともすればノーリスクであることだろうと思う。
一部報道によると、ソースには簡体字と呼ばれる中国語などで使われる文字があったとか。
もしも、今回の犯人が海外からだったら、少なくとも逮捕・拘束などをするかどうかは日本ではなくその国が決めるし、実行することになる。
自国に被害がないからと黙殺されれば、要請はできても逮捕・身柄引き渡しなんかは難しくなるんだろうと思う。
そういうことを踏まえると、犯人としてはつかまるリスクが極端に低いから安心してできる。
インターネットは海外とも垣根なく交流できたりと便利な面も多いけど、便利なものにはリスクも多い。
生活の隅々にまで普及していくとともにこういう犯罪は増えていくのかなとも思う。
そうなると、被害を受ける側の立場としては被害を受けないようする以外は、守る術がないんですね。
犯人が捕まるということを望めないわけだから。

垣根のないことはオープンでいいけど、フルオープンというのも遮るものがなくて怖いような気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント