当たった!

株をやらない人は知らないと思うんだけど、IPOというのがあります。
日本語にすると新規公開株。
会社が証券取引所に上場(株を公開して誰でも自由に売買できる状態にすること)すると、いままで未公開だった株をある程度、市場に公開することになります。
これが新規公開株、つまり、IPOといいます。

このとき、証券会社がこの新規公開株を割り当てて売りに出すのですが、誰が最初に買うかが決まっていません。
また、誰かお金をいっぱい持っている人が全部買い占めたりすることも避けたいという面が株にはあります。
だから、最初は多くの株を公平に抽選で当たった人に売ります。
値段はある程度上場する会社が決めていて、その値段で買ってもいいよという人が抽選に申し込みます。
抽選に当たった人はお金を支払って、株を手にすることができるというシステム。

その時の景気などにもよりますが、いまは株が上昇しやすい感じなので上場日に抽選で当たった株を市場の言い値で売りに出すと買ったときよりも高い値段で売れる場合が多いんです。
会社の業績、事業内容、話題性、公開される株数が少ないなど要素はいろいろありますが、それらの条件がそろえば、時には買った値段の10倍になったりもします。
もちろん、条件がそろわなければ買った値段よりも安くなるということもあります。
もっとも、今の状況だと下がっても数万円分の損で済むことがほとんど。
逆に条件がそろうと100万円以上儲かる場合もある。
つまり、ローリスク・ハイリターンがのぞめる投資方法。
しかも、ゆっくりと値上がりを待つ必要はなく、抽選の申し込みからでも2~3週間で決着がつく。
とてもいい。

ただ、そんなうまいばかりの話はないわけで、IPO当ててやろうという人たちはたくさんいます。
それなのに公開される株は少ない。
だから当たる確率が非常に低い。
まあ、宝くじなんかよりはぜんぜん高いけど、そう、ほいほい当たったりはしない。
また、証券会社にもよるけどお金を持っている人の方が有利だったりする場合もあるので、あまりお金を持っていない人さらにハードルが高い。

だから、去年から挑戦して一年以上抽選に申し込んでいたんだけど、当たったためしがない。
まあ、世の中甘くないということ。
しかたないと思いながら、ちょっとずつ無駄な努力とは思いながらできる工夫をしながらやっていたんですが、ついに、ついに当たった!
そんなに値上がりしそうなやつじゃないけど(下手したら日ごろの行いの悪い自分のこと、値下がりもあるんじゃないか?)、ここまで100回以上はずれ続けてきたので当たったことがうれしい!
当たるってほんっっっっっとにいいもんですね。

こんな話、誰か読んでくれてるんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント