新そばでいつも通り山形へ

10月に入り、新そばが出始めると、冷たい肉そばを食べたくなるので、山形へ。
最近は仙台にもなかなかおいしい肉そばを出すお店は増えてきたものの、気分的に本場に行きたい。
やっぱり、コンビニのゴーヤーチャンプルーより、沖縄で食べるゴーヤーチャンプルーでしょう!
形から入るタイプなのがバレバレですが、とりあえず山形へ。
さっそく、肉そばと行きたいところですが、代わり映えしないので他のところからご紹介。
最初は『こんにゃく番所』から。

20181018konnyaku-1.jpg
山形市の南、上山市にあります。
まわりにはあまり目立った建物などもない場所にありますが、観光バスも止まる名所です。

20181018konnyaku-2.jpg

20181018konnyaku-3.jpg
ここにさまざまなこんにゃくや、漬物などが売られています。

20181018konnyaku-7.jpg
落ち着いたいい雰囲気です。
年配の方たちが多いですね。

20181018konnyaku-4.jpg
刺身こんにゃくの試食。
つやつやとしておいしそう。
試食させてもらいましたが、こんにゃく独特の臭みもあまり感じられず、普通のこんにゃくよりもやわらかく、本当にお刺身に近い食感でおいしかった。
う~ん、こんにゃく番所、なかなかやります!

20181018konnyaku-5.jpg
ショーケースは全部こんにゃく。
オーソドックスな田楽のほかにもたくさんありましたよ。

20181018konnyaku-6.jpg
購入したのがこの四本。
一番上の玉こんにゃくは山形名物。
山形蔵王スキー場などでもよく売られています。
安くて熱々でおいしいヘルシー!!

その下が焼き鳥風のこん肉焼き。
こんにゃくも水分を減らしているのか、そのほかにも工夫しているのか、本当に肉のような歯ごたえがあり、焼き鳥のたれも違和感なし。
予想以上にこん肉!!

その下は磯辺もち風こんにゃく焼き。
みそもち風こんにゃく。
これらは純粋なこんにゃくではなく、モチにこんにゃくを混ぜ込んであります。
少しこんにゃくの食感がありますが、すっきりと食べられて普通より好きな人もいそう。

このほかにもまだまだこんなものがという商品がありました。
ネット通販などもしているそうなので、気になる方はぜひ。

一口にこんにゃくといってもいろいろあるもんですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント