映画『ミックス。』をテレビで見た(ネタバレ)

新垣結衣さん・瑛太さんW主演の映画『ミックス。』が地上波で放送されていたので見ました。
ごめんなさい、酷評です。

あらすじ
小さなころから母親に天才卓球少女と見込まれて鍛えられてきた多満子(新垣結衣)。
しかし、自分の才能に疑問を感じ、また、卓球をがんばることの意味もわからなくなっていた。
そんな時、母でありコーチであった華子(真木ようこ)が急逝。
それを機に、多満子は卓球を離れる。
普通のOLをしていた多満子だったが、同世代で本当の天才と多満子が思っていた、現役有名卓球選手 江島晃彦(瀬戸康史)と再会。
付き合うことになるが、フラれ、会社を辞めて実家に帰る。
無気力な日々を送っていたが、あることをきっかけに実家の寂れた卓球クラブの立て直しを決意。
ひょんなことから出会った、萩原(瑛太)とミックスダブルスを組んで大会に出ることになる。
というようなお話。

話はよくあるもので、この手のものでは王道というストーリーなんだけど、個人的な好みで言うと架空のお話ぐらい原因があって結論があってほしい。
そういう意味で、この『ミックス。』はあきらかにぼんやりしすぎている。

まず、この軽いタッチのコメディなら思い切って必要ないんじゃないかという全体を貫く、人生観的なテーマ。
ラストでは「自分ががんばるのはほかの人を輝かせるため。でも、自分も一人じゃがんばれない」みたいなことを言っているんだけど、そこらへんがプロバンス風みたいによくわからないけど、ふんわりさらっとあっさり仕上げで織り込まれているので、ラストで、突然に主人公はそこに悩みを持っていたのかぁと思っちゃう。
描きたいのであれば、ゆるやかなコメディ部分を削ってでも描けばいいし、それははずせない描ききれないテーマはいらなくないだろうか?

あと、人間関係もふんわりとはわかっていても、舎弟的な吉岡弥生(広末涼子)もひとつぐらいエピソード入れないと、イマイチ結びつきが友達程度にしか感じない。
だから、多満子の活躍でみんなの生活が変わっても、絆みたいなものが見えてこないから感情移入できにくい。
なぜ、畑を縮小したいのか?
なぜ、畑を拡大するが、ハッピー展開なのかそこも抽象的過ぎてわからん!

萩原と元奥さんとの話も、非常に作り話的な感じがした。
ヒロインとの恋愛トラブルを発生させるがために設定しただけという現実味のない話。
コメディなんだから作り話だと開き直るならもっとぶっ飛んでもらったほうがよっぽど受け入れやすかったんじゃないかな?
中途半場に理屈にこだわってしまったから、余計に仕掛けに無理が出て自分としては楽しめなかった。

最後は展開。
王道展開だから、大筋で文句はないんだけど、
ラストの江島ペアとの決勝は、善戦するも負けるという展開はわかっていた。
それでも自分としては楽しめるからいいんだけど、クライマックス感を出すためなのか、なぜ『一歩前へ』を入れたのかな?
勝つ試合ならそれでもいいんだけど、母の教えの意味を理解し、実践して、盛り上がって、負ける。
現実ならそういうのも現実だから仕方ないし、それもドラマと思えるけど、これだけ軽い王道スポーツコメディフィクションでやると、混乱するよね。
盛り上げた意味もわからないし、負けた意味も曖昧になってくる。
勝てそうだったけど、運で負けた?
自分はしっくりこなかったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント