映画『こんな夜更けにバナナかよ』

映画『こんな夜更けにバナナかよ』を見てきました。
大泉洋さん主演ということと、予告での主人公鹿野靖明さんと大泉さんとの相性というかが良さそうだったので、ぜひ見たいと思っていってきました。

あらすじ
筋肉の萎縮と筋力低下が徐々に進んでいく難病、筋ジストロフィーを12歳で発症した主人公鹿野靖明は、ほとんど患者が病院などの施設で介護を受けながら生活している中、自ら多くのボランティアを集め、その助けを受けて自宅で一人暮らしをしていた。
そんな中、出会った医大生の田中久(三浦春馬)とその恋人安堂美咲(高畑充希)。
美咲は、鹿野のその遠慮のないボランティアへの指示や振る舞いに対して腹立ちを覚える。
しかし、鹿野の周りにはたくさんのボランティアが鹿野を助けている。
そして、次第に美咲も鹿野のことを人として好きになっていく。

そういった、まさに型破りな筋ジスの鹿野とそれを支えたボランティアたちとのヒューマンドラマといった内容です。

思ったとおり、鹿野さんを演じられるのは大泉さんしかなかったかなあという感想でした。
同じことを言っても相手に与える印象は様々。
人に嫌われない、むしろ好かれるという印象の強い大泉洋さんはハマり役でした。
時にシリアスに、時にコミカルに、人生のいろんな情景を隠さずに見せてくれるようなストーリーもよかった。
そして、思いのほかよかったのは高畑充希さんの美咲でした。
これも高畑さんでなくてはこれだけ高い共感は得られなかったかなと個人的には思えました。

障害を持っている人には難しいことをあきらめることは必要ない。
障害を持っているからといってできないことがあると健常者が決め付けることは当然ではない。
健常者が手伝ってあげることを、障害者は感謝する義務はない。
障害者は手伝ってもらえばやれることを遠慮する必要はない。

もちろん、そうすることに、そうしてもらうために努力は必要であっても、押し付けられるものは何もないんだと気づけました。

個人的にはカタルシスを感じるほどに笑ったり、泣いたりはできないけれど、それ以上に面白く、意味深い映画だと思います。
そして、押し付けがましくなくいろんな部分が小さく盛り込まれていました。
きっと、原作ではそこらへんをもっとわかりやすく描かれているんだろうなと思います。
映画は時間が決まってますからね。
それでも、うまく入れていたように個人的には感じました。
いい映画でした。
実話なので、カフの空気量を自分たちで調節するなど自己責任にあたる危険な情報も入っていることは注意が必要ですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント