たまには逆光もいいカモ!

やっぱり、写真を写そうとすると、できるなら写す側が太陽に背を向けて、被写体が光を受けた状態である順光で写したい。
少し陰を出したいのであれば、少し角度をつけたりもする。
どちらにしても、逆行だと被写体が黒くなっちゃって、何撮ったかわからないなんてことにもなりかねない。
コントラストも強烈で、ものによっては見るだけで疲れちゃう。
でも、たまにはその逆光が面白いときもあるので、あえて逆光で撮る。
今日は、そんな写真です。

2019028kirakira-5.jpg
たとえば、これが順光の写真。
「どうも、カモです」

これを、逆光にすると
2019028kirakira-1.jpg
「ウェーイ!」

2019028kirakira-2.jpg
「顔があちぃ~!」

2019028kirakira-3.jpg
「首もあちぃ~!!」
と水がキラキラします。
コントラスト強も、波立ちがハッキリとわかっていいですよね。

ということで、写真の腕もないのに写真講座みたいな口調で書いてみました。Σ(゚д゚|||)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント