私はあなたが嫌いかも

20180700yakurai-52.jpg
今日から春。
暦の上ではですが、日中の日差しは暖かく、やはり、春ですね。
桜の便りもニュースを賑わていますしね。
夜はまだ、寒いですけど。

そんな折、ニュースになっているのが厚生労働省の賃金課長が、私用で行った韓国からの帰りに空港で酒に酔い、空港職員に英語で「韓国人は嫌いだ」と暴言を吐き、蹴るなどの暴行した事件。
かなり酔っていたらしく、その様子から空港職員によって搭乗を制止されたことが原因で激高したと見られています。
その様子の映像も残っているので、暴言や暴行をしたことは事実のようです。
同課長は、駆けつけた警官によって一時拘束されましたが、同日夜には釈放されたようです。
さらに、同課長はその後、自身のフェイスブックにで「殴られてけがをしました。手錠をかけられ5人に抱えられ。変な国です」とアップしていることもわかっています。

映像が残っているとは思っていなかったんでしょうね。
自身のフェイスブックですから、人によるとはいえ、いいように書くのは当たり前といえば当たり前ですけどね。
ただ昨今、日韓関係は冷え込んでいます。
時期が悪すぎます。
もっとも、「韓国人は嫌いだ」という発言はそこからきているのかもしれません。
ただし、国としても韓国との問題に関しては、冷静に、かつ慎重に対応しているように思います。
むしろ、最近は韓国の方が、意図してにしろ、意図せずにしろ、感情的に日本を攻撃しているような気がする。
しかし、感情的な相手に感情的になっても何も解決しない。
日本の対応は、人によっては弱腰と見る人もいるかもしれないけれど、大人な対応だと思います。
そんな中、個人の感情をむき出しにして、かつまた自身に非があるにもかかわらず暴言や暴力に訴えるなどは、事実だとするならやってはいけないことです。
酒や一時の感情に流されたのだとしても、日本人全体がそうであると見られるような行為です。
わからないはずがないと思います。
一人の人間としても恥ずべき行為です。

ですから、「韓国人が嫌い」だという課長さんに言わせてもらいます。
「私は、そんなあなたが嫌いかもしれません」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント