不謹慎

塚田国土交通副大臣が「忖度」発言で辞任。
一応の解決といっていいんでしょうか?
発言自体は確かに不適切であるし、本人が虚偽であると主張している部分以外でも明らかに事実と異なる部分があるようですから、不適切であろうとは思います。

ただ、不謹慎かと言われると、不謹慎とは思うのですが、どう見たときに不謹慎かというところでちょっと違った感想が湧きます。
というのも、個人的にはどういう立場で、どういう人が、どういう状況でしたかによって不謹慎といわれる言動になるかというのが分かれるように思います。
たとえば、お茶の間で事件と何の関係もないオヤジがニュースを見て、限られた情報を主観的にとらえて、「あいつは絶対やってるな」というのは不謹慎ではないと思います。
ただ、これがその事件の裁判の検察官が、同じように限られた情報のみから主観的に思ったことを、根拠もなく「あいつは絶対にやっています」と言うのは明らかに不謹慎です。
同じようなことを同じように言ったとしても、立場や状況がそろった時にだけ、不謹慎という指摘が正しいように思います。

そう思ってみたときに、特に安部内閣を支持しない不特定多数の人にとっては、褒められた発言ではないし、誤った誘導をするような問題発言だったとしても、不謹慎というほどの発言ではないのではないか、と思います。
むしろ、安部政権の側から見たときに「大事なこの時期に、問題を蒸し返し、支持を下げかねない火種を作るような発言をして不謹慎だ!」となるように思うわけです。
だから、個人的にはやめてしまって一応のケリをつけて問題を沈静化させるよりも、やめずにずるずると続けてもらった方が、個人的には未決着のままの安部政権の問題を蒸し返せそうでよかったんですけどね。

ただ、現実的には追及する決め手もなく、だらだらと審議時間を削られるだけの国会に国民は辟易して、あきらめムードという人が多そうですよね。
ただ、野党の人たちからすると、自分に都合のよいことばかりで押し通して、説明責任を果たしたという状態を打破するには、選挙で与党の議席数を減らすという政治家にとって無視できない結果を出して欲しいんでしょうね。
とはいえ、現内閣をろくに審議もせずに右から左へと法案を通させているのは選挙結果ですからね。

そう考えると、みんな安部総理が大好きだから、安部総理にとって不利になるようなことが不謹慎という感想を持つというのは当然なのかとも思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント