引っ越し終わるも、まだ終わっていない!

こんなブログにお付き合いいただいている、かつ、予想していただけている方には予想通り、1か月かけてゆるゆると引っ越しは、前半にゆるゆるしすぎて、終わりごろには、もはやそれは引っ越しではなく、詰め込んでの運搬作業になっていました。
とにかく、退去日に間に合わせなければいけない。
いや、間に合わないだろう。
なんとかなるかも?
いや、無理!

そんなこんなを繰り返すこと、なんとか新しい所に荷物は運びこんだというお引越しでした。
それにしても振り返れば大学進学で仙台の地に来た時も引っ越しをしたわけですが、最低限度の物ばかりで、両親の帰った後は部屋ががらんとしていた気がしましたが、人生も折り返しを過ぎると引っ越した先でどうやって荷物を収めようと途方に暮れるほどの荷物の山。
一人でこんなに必要なのか?
いや、必要ない。
処分した物も多かった。
ただ、3月に何も考えずに月曜だからと4月29日を退去日に設定し、後になってゴールデンウイークじゃねか! と気づいた時には時すでに遅し。
ただ、親切な管理会社さんのご厚意もあって立ち合いもその日にしてもらって助かった。
しかし、途中、粗大ごみなんかを自己搬入で何回か処分に行きましたが、捨てても捨てても捨て忘れが、あとからあとから湧いてくる。
最後の日に捨てればいいやとタカをくくっていたら、27日以降はゴールデンウィークじゃないか!
自己搬入は、基本平日限定なのです。
だから、26日は急遽、わたくし的自己搬入デーに指定され、優先的に粗大ごみが選別されました。
それでもやっぱり、捨て忘れが出てくる。
なんなんでしょうか?
結局は10日後にも追加の自己搬入デーが制定されました。
なのに、この段ボールの山はなんなんだろう?
段ボールだろうとそこに山があるなら上らねばいけないのだろうか?
いや、いらない。
現実逃避はさておき、4月30日に光回線も開通し、パソコンもセッティング。
4月1日めでたくブログ環境は整いました。
それでも、ちょっとみなさんの所への訪問が遅くなってしまって申し訳なかったなぁ。
休眠中も、訪問していただいた方、さらにコメントまでいただい方、さらに気を使っていただいて訪問を控えていただいた方などありがとうございました。
礼は、これからの訪問で返させていただきます!

慌ただしく迎えた令和。
とりあえず、整理せずに詰め込んだ段ボールの中、どこに何があるやら。
格闘はまだまだ続きそうです。

では、ここで令和を祝して令和の歌を。





「おー令和ジャイアーン、ガキ大将っ!!」(お粗末)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント