久々にクイズはどうでしょう?

20190521tsutsuji-1.jpg
今日は特に何もなく、雨なので外にも出れず、予定では預金などの住所変更をする予定でしたが、明日にしました。
そういうわけで、特に書くこともないんですが、せっかくなので久しぶりに問題を出してみたいと思います。
お暇な方はお付き合いください。

『財布の紐が固い』はなかなかお金を使わない、あるいは倹約していると、ポピュラーな言い回しです。
同じような意味で、ケチという意味合いで使われる言い回しは次のうちどれでしょう。

1. 財布の紐が長い
2. 財布の紐がキツイ
3. 財布の紐が太い
4. 財布の紐が切れる

答えは追記に。
正解は1番の『長い』が正解でした。
『財布に紐なんかあるの?』という方もいるかもしれませんが、江戸時代などにポピュラーだったのは長方形の袋を折り、真ん中についた紐を開かないようにくくった形のものでした。銭袋などと呼ばれていたものです。
その巻き付ける紐が『財布の紐』というわけです。
ですから、この紐が固く巻かれていれば、お金は出しづらいわけです。
同じように、紐が長ければ、何重にも巻き付けてあるので、紐をほどくだけでも時間がかかります。
つまり、お金を出すまでに時間がかかるというわけです。
長いという方は、商人から見てということになるのかもしれません。
特に調子のよいことを言って買わせようとする商人にとっては、「よし、買う」となってから、取り出した銭袋の紐が長ければ、お金を渡すまで時間がかかり、相手が冷静になってしまう時間ができてしまいます。
結局、衝動買いのようなことがなくなってしまう。
商人から見れば忌々しい紐ということになるでしょう。
そこから、ケチな人のこともそういうようになったのかもしれませんね。

ちなみに、固いの方もケチの意味でつかわれる場合もあるようですが、ポピュラーな分だけそういう意味を含まないように解釈されているのかもしれません。
使いづらくなってしまいますからね。

ところで、キツイは固いと同じような意味合いなので使う人もいるかもしれませんが、基本的には固いなので、不正解としました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント