また、いつか...

20190526cloud-1.jpg
この間、カラオケに行った友人の話。
彼は自分より年下で、裏表のない人です。
お茶をこぼせば慌てて、人のお茶までこぼすし、ハイソな淑女に道を訊こうとして「すみません、おばさん!」と言って、無視されたりと本当に裏表のない人です。
ただ、物の言い方については憎めないけど、ちょっとおかしなところがあって、一瞬、凍ることがあります。
でも、彼なりに私に対して敬語らしきもので接してくれたりと、心根としてはちゃんとしてくれていて、まったくいやな思いをしたことはありません。
そんな彼なので、自分がおいしいと思った食パンをぜひとも食べてほしかったわけです。
そして、お店に買いに行ったのが午後3時ぐらい。
すると、おごってもらったことにいたく恐縮しつつも、嬉しそうにもらってくれました。
「うち、朝はほとんどパンなんで、朝にみんなで食べます!」
「えっ! あ、そうかぁ。できたら今すぐ食べたほうがふわふわ、もっちりが伝わりやすいんだけど。でも、仕方ないね。朝でもわかると思うから、食べてみ。それと今回はなんだかんだ俺の都合で、遊ぶのが間あいちゃったけど、次は近々、あそうぼうな!」
と言ったら、嬉しそうに肯定の返事をもらって別れた。

すると、翌日の朝、メールが来た。
要約すると、そう言われたので帰ってすぐ食べてみたら、本当においしかったですというような内容だった。
あまり、気を遣わせるつもりはなかったけど、気遣いには感謝しつつ、食べてくれたことをうれしく思った。
ただ、メールの最後に「じゃあ、またいつか一緒に遊べる日を楽しみにしてます!」と書いてあった。
一瞬、「あまり会いたくないってことなのか?」と勘繰ったが、おそらく、彼のことなので本意としては「また遊ぶ日を心待ちにしてます」というようなつもりで、なんとなくそんなニュアンスっぽい型の文言を入れた結果なのだと思う。

ところで、どうなんでしょう?
一般的には、やんわりと距離を取っているような文言に受け取る人はいないのかな?
俺だけが過敏すぎるの?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

“やんわりと距離を取っているような文言” 
ですよね・・ 普通(笑)
時には 永遠の別れのときにさえ 使われる  “またいつか・・”
文字で来ると 目が留まりますネ   相手によっては気になる

気のいい年下君は 一言多いのかしら?
道を聞くのに おばさん って・・ 

Re: No title

ちよこさんへ

やっぱり、そうですよね。^^
本質的には、とても人のいい人間なんですが、言葉の使い方が素直すぎるというか、やっちゃうんですよね。
知っている人はたいして気にもならないんですけど、初対面の人ではやっぱりね。
非公開コメント