ホヤの唐揚げ

20190614kiji-7.jpg
気になるものを、『今度機会があったら』なんて大人な精神を持ち合わせていない人間。
すぐさま『かわまちてらす閖上』を再訪!
こちらが、くだんのホヤの唐揚げ。
こんがりと揚げてあって、これならホヤの嫌いな人でも大丈夫? Σ(゚□゚(゚□゚*)

20190614kiji-8.jpg
からしをつけてぇ~、パクッ!!
う~ん♡ ジューシー!!(*´~`*)

これは、イカン!
中はジューシーで、カリカリじゃないから、ほんのりだけどしっかりとホヤ感が口の中に広がる。
もっとも、好きな人にとってはこれがなくてはって感じだし、食感もホヤのあの感じ。
おいしいぃぃぃんだけど、嫌いな人にとってはぁ...ちょっと無理かも。( ̄- ̄)ムネン

さぁ、気を取り直して『たこすけ』さんのタコ焼き!

20190614kiji-4.jpg
ジャーン!!\(^o^)/
一見、大粒だけど普通のタコ焼きです。
でも、中にはタコとともに、

20190614kiji-5.jpg
破れた窓から覗く白いまる。
ウズラの卵が入っております!
おいしそう! と頬張ったら、お店の方が注意された通りに激熱。
卵が本当に熱い。

20190614kiji-6.jpg
こちらはウズラの卵がよく見えるように開いたもの。
というのは嘘で、一個目で怖くなったので、切り開いて中にこもった熱を取り除いているところです。
こうなってしまうと、タコ焼きでも、お好み焼きでも同じこと。
醍醐味がなくなっちゃった。
でも、本当に熱かったので仕方がなかった。
苦渋の選択。(つД`)ノ

ちなみに、芸能人には大変興味があるものの、直接会いたいという欲求はそれほどない。
混雑>私>芸能人に会う
この日、一緒に行った友人もそれほど大きくは変わらない。
そんな私たちの前にこの日現れたのは、『さとう宗幸』。
「誰?」そんな声も聞こえてきそうですが、仙台に住む人には有名な宮城で育った芸能人。
こちらではウィークディの夕方ワイドショー番組の司会をされています。
キー局でも、金八先生が全盛だった時代に、金八シリーズの変化球として『○八先生』が何番組か作られた中にあった『仙八先生』として仙八先生役を務めた方。
『おもいっきりテレビ』ではコメンテーターとして呼ばれることも。
そんな方です。
そんなさとう宗幸さんが、TV番組の取材でこのブログでも紹介した『ももや』さんのカツ丼を食べていました。
そして、熱々のタコ焼きで苦しんでいる私の目の前(対面で座っていた友人のすぐ後ろ)を通って外へ。
すると、友人がわざとはしゃいだような素振りで、「ほらほらほらっ! 『さとう宗幸』がすぐ後ろを通ったよ!!」だと。
笑わせるから、思わず友人に口の中のタコ焼きをお見舞いしてやりましたよ! ( ´∀`)bグッ

さらにちなみに、この日は以前行った、仙台中央卸売市場内にある猫写真にあふれるお店『kijitora』さんも再訪しました。
前回訪れた時に、唐揚げがおいしそうだったので、また来たいと思っていたからです。

20190614kiji-1.jpg
唐揚げ定食
右上の小鉢は鶏肉の煮凝りのようなものでした。
ホヤに続いて、唐揚げ二連チャ~ン!! V(^∇^)V

20190614kiji-3.jpg
うまみが深く、でもあっさりな煮凝り。

20190614kiji-2.jpg
唐揚げは適度なカリカリさと柔らかさが絶妙です。
皮がパリパリで香ばしい。
4つのうち2つは骨付き。
だから旨い!!
期待した通りのうまさでした!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント