山の楽校のそば

20190902soba-1.jpg
山の楽校、そのヒマワリ畑の向こうには小さく白い花が咲いています。
それが栽培されている農作物。

20190902soba-3.jpg
それは蕎麦でした。

20190902soba-4.jpg

20190902soba-5.jpg
これだけの畑からどれだけのそば粉がとれるんだろう?
そして、何人前?
心が躍る~。(笑)

20190902soba-2.jpg
『ハムスターとかだったら、心躍ってもらえるかなぁ?』

20190902soba-6.jpg
と、アホなことを考えながら来た道を戻ります。

20190902soba-7.jpg
最後に一枚。

20190902soba-9.jpg
大先輩たちにもヒマワリはよく似合いますね。

20190902soba-8.jpg
『また来てね。』
そういわれているような気になるヒマワリ君に見送られながら、山の楽校を後にしました。

恒例になってきたので、今日も問題。
ただし、普通の問題です。
神戸市の理研にあるスーパーコンピューター『京』。
先月30日にシャットダウンされ、稼働を終了しました。
すぐに解体され、京のあった場所には次のスーパーコンピューターが設置される予定。
では、そのスーパーコンピューターの名前は何でしょう?

1.垓(がい)
2.ONE(わん)
3.令和(れいわ)
4.富嶽(ふがく)

答えは次回で。(^-^)/
忘れてた、前回の答えは5番の『タバコ』でした。
タバコの葉を刈り取ると、茎だけが残りこんな姿になります。
加熱式でも葉は必要があるので、いいのでしょうが、生産量はどんどん減っていくのかなぁ。
受動喫煙などの被害から考えればもちろんいいことでしょうけど、これで暮らしている人にとっては先細りで大変なのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント