祝! 初胃カメラ

スーパーボウルのことなど書きたいことはあるけれど、時間がなくて更新できない。
そういうわけで、今日は文章のみです。

実は何気に一昨々年と去年、胃がん検診とか受けていました。
どちらもがんは、なかったんですが、胃炎があるとの診断を受けていました。
ちょっと食生活を気にかけてみたりしたんですが、でも、これほど長期間、治りも悪くもならずに慢性化しているんであれば、ヤツがいるんじゃないかと。
そう、ピロリさん。
本名はヘリコバクター・ピロリさん。
そういうわけで、保険適用でピロリ菌検査を受けるために胃カメラ(上部消化管内視鏡検査が正式名称らしいです)をしてきました。
初、胃カメラ。
口から入れる方法と鼻から入れる方法がポピュラーですが、鼻からを選択。
おえって少しなりづらいらしいので。(笑)
入ってくるのは違和感があるもののそれほどではなかったんだけど、その前の鼻腔を通りやすくする薬と、麻酔を直接鼻に注入される方がきつかった。
プールで鼻から水が入ったみたいな感覚。
違和感ありあり。

あとは、「はい、息を吸ってぇ」「止めて!」「らくにしてぇ」は問題なかったんだけど、「のどゆるめて!」「のどに閉めないで」「のどゆるめて!」っていうのが、連呼されるんだけど、意識してそういう訓練したことないからどうしていいものやら。
とりあえず、ゆっくり息を吸ってみたんだけどだいじょうぶだったんだろうか?

無事終了。

問診で、画像見せられながら噴門部はきれいなんだけど、幽門部に軽度の胃炎が見られると。
「ピロリ菌がいそうな感じですねぇ」と先生に太鼓判を押していただきました。
実際のピロリ菌検査は血液のピロリ菌の抗体の有無で判定するみたいで、血を採られました。

うーん、思ったほどはキツくなかったなぁ。
また、ひとつ大人になりました!(おっさん真っただ中ですが)
関連記事
スポンサーサイト