引きこもり飯

昨日は寝過ごしまして、と言っても決まった時間もないもんですからこの表現が正しいのかすらわかりませんが、引きこもり生活を2週間も続けていますと、もはやどうでもいい。
外出自粛が結局14日まで記録更新してしまったことすらどうでもいい。
自堕落が大空高く舞い上がっていくような心持です。
こういう自我崩壊直前の世迷言は置いておいて、今日はちゃんとおきまして買い物に。
ついでにコンビニにもよりまして、予告しておりました納豆ご飯の材料を調達してまいりました。

今日はその納豆ご飯をご紹介。
材料はこちら。
20200501gohan-1.jpg
もっきしセブンイレブンの牛カルビ弁当。
いろいろ試したわけではないんですが、これ限定で、必須です。
あとはブランドにはこだわらない納豆パック。
量はお好みで。

20200501gohan-2.jpg
いやぁ~、美味しそうですね~。

20200501gohan-3.jpg
美味しそうな牛カルビです。
でも、これは必要ありません。
つけ添えも必要ありません。
捨てるのも、昨今はフードロスの問題がありますからここは我慢して食べてしまいましょう。
この時に、肉に絡んだたれをなるべくご飯に残すように食べます。
ここがポイントですから。

20200501gohan-4.jpg
すると、こんな感じになります。

20200501gohan-5.jpg
いいですねぇ~。
たれがついたご飯がまぶしいですねぇ。
これでご飯の方の下ごしらえは終了です。

20200501gohan-6.jpg
続いて納豆です。
普通に、お好みで納豆のたれ、あるいは醤油、からしなどを入れて混ぜます。
個人的にはネギなどの香りの強い薬味は入れてしまうとせっかくのごはんの風味が負けてしまう可能性があるので、お勧めしません。

20200501gohan-7.jpg
あとはかけるだけ。
That's it!!
あとはおいしく召し上がってください。

初めから普通の納豆を食べている方にはどうかわかりませんが、幼少期に納豆にお砂糖を入れて食べていた人にはウケると思われる味。
大人になると砂糖をダイレクトに入れてしまうとちょっと甘すぎるんですが、たれの程よい甘みがちょうどいい。
また、炭火焼き風の香ばしい香りが納豆に合います。

ヒマでおかしくなりそうな方はぜひ騙されてください。

そういうわけで、毎日更新記録は再び1日。
外出自粛記録は0日となりました。
それにしても、こんなのアップしていいんだろうか?
しますけどね。(笑)
関連記事
スポンサーサイト