まだまだ階段の途中

20200529photo-1.jpg
出ましたね、東京アラート。
警報だから、気を引き締めてねって意味なんだと思いますよね。
まだまだ、新コロナウイルスとの闘いは途中ですね。
東京は人口密度が高いから、もはや密?
なかなか都民の皆さんは大変でしょうね。
ステージを戻すという声もあるとは思いますが、この短期間で戻すとなると経済活動の回復のための解除があまり意味をなさなくなってしまうから、行政の方でも苦しい選択でしょうね。
できるなら、都民や周辺の方々の意識強化で抑制したいというところなんでしょうね。

こんな中、ハメを外して回転寿司を食べに行っちゃいました。
オーバークックではかっぱ巻き、鉄火巻きなどがあるので、思わず。
すみません。
でも、お昼の時間でしたがまったくお客さんがいませんでした。
まさに自分の甘さを痛感!

ただ、隣のラーメン屋さんはもう混雑。
ラーメン屋さんは座席数を減らしているので、入れるお客さんが少ないというだけなのかもしれません。
ただ、ウイルス=菌→ナマモノといえば菌が繁殖しやすい→ウイルスの危険→寿司屋は危ない、的なイメージ連想がありそうですよね。
そういう意味で、お寿司屋さんは大変なのかも。
本当にいませんでしたから。

ただ、今朝見たワイドショーでやってた、店頭の消毒液を手を使わずにプッシュできる機械をドラムメーカーが開発したというニュース。
ハイハットなどに使われる既存のペダル式の機能をちょっと応用して作っているようです。
要は、消毒液のタンクを手でプッシュするのが心配ではないですか? ということだったのですが、正直、私は気になりません。
だって、そこにウイルスが付着していたとしても、すぐに手に出した消毒液で殺菌するわけですから問題ないですよね。
これも以前に書いたカルトン使用した金銭の受け渡しと似たようなもの。
強いて言うならカルトンの方が店員と顔が近づくことを避けられるという効果がある分、意味がありそう。
でも、最近はどこも透明なシールドカーテンで仕切っているのでその効果は大きくはないんじゃないかなぁ。
精神的な不安や嫌悪感を低くできるとは思うので、そこ重視で導入するかも。

それにしても、マスクがだいぶ手に入りやすくなりましたが、値段がすごい。
一時期ほどではないし、暴利を取っているわけではないんでしょうけど、高いよなぁ。
ややお安くても50枚で2500円ぐらい。
全世界での需要も高まったでしょうから、原材料費も高騰してるんでしょうね。
欧米ではまずいと捨てられていたマグロが寿司ブームで欧米でも需要が増えて高騰して口に入りにくくなったのと似てますね。
ということで、話が寿司に戻ったので今日はお開きで。(笑)
関連記事
スポンサーサイト