ゲーム三昧

最近、宮城県では新コロナウイルスがちょっと猛威を振るっております。
いくつかのクラスターと共に、累計の感染者数も悪い意味で見栄えのする数字に。
周囲の雰囲気も幾分、引き締まったようにも感じます。
私自身も、ゆるんでいたわけではないんですけども引き締めなおそうと思っております。
しかし、そんなこととは関係なく、自粛中のような生活に。
ゲーム三昧。

ところで、『昧』ってどういう意味だろう? と唐突に思う。
他に使う文字って『曖昧』とか?
曖昧と三昧に共通するイメージがわかない。
調べてみると『明け方のうすぐらい時、うすぐらくはっきりしない』。
つまり、『曖』もう『ほの暗い』という意味だから、とにかくはっきりしないで曖昧。
三昧の場合は、『明け方を三回迎えるぐらい没頭している』ってところからきてるのかなぁって思ったら、サンスクリット語からの音写(もともとの音に合わせて漢字をあて字)した、仏教用語なんだそうです。
心を一つにして集中する状態などを表す言葉のようです。
漢字は関係なし。
でも、なんとなくいい当て字のように感じますね。

話は戻って、もちろん、二ノ国も進み、ドラゴンに乗って移動できるようになったり、幽霊船で骸骨船長と闘ったりしてます。
順調といえば順調。
それ以上に、オーバークック2.
今まで行き詰っていたステージが軒並み進展。
ブログ更新をおソロ化にしている間に10ぐらいのステージを攻略できました。
まだちょっと残っているけど、問題は技量の問題。
どうしても四つ星に手が届きそうな得点が獲れないところは、根本的なやり方が間違っている可能性があるので、動画で確認するものの、その動画でプレーしている方々の技量がすごい。
やたらと引っかかったりして、うまく動けないようなところを、何事もないように縦横無尽に動かれる。
正確さがすごい。
結果、自分にできるかという問題。
まあ、気長に行くしかないですね。
できることできないこと、これまた個性。
ただ、そういうプレイヤーの方々は四つ星を余裕の得点でクリアしているので、そこまでじゃなくても四つ星は取れるはずなので、頑張ろうとは思っております。

更新そっちのけでゲームしている中でもコメントいただいた皆さん、お詫びと感謝を。
そして、更新そっちのけは自粛期間に入りましたので、それなりに更新していく所存でございます。

そういえば、プラムを買ったら、ものすごくおいしそうだったんだけど、食べて見たらガリガリだった。
本当に、果物は見かけによりませんね。(笑)

追記はちよこさんへのコメ返です。
ちよこさんへ

まず、お返事遅くなって申し訳ありません。
そして、以下のお返事の中で、反論する部分があることをあらかじめお詫びしておきます。
ただ、「そうなんですね」と当たり障りのない返事で、流すことは、真摯にコメントをいただいたちよこさんに対し、不誠実であるという思いがあるので、こうなることをご容赦いただけたらと思います。
また、私の想像になるのですが、最初の私の記事がコロナウイルスが収束に向かっているという意図で書いたものとちよこさんは受け取られて、意見をいただいたのだとすれば、文章力のない私の不徳の致すところです。
私としては最初の記事は、新規感染者数が世界的に若干減少し始めた国が少なくなくあることから、また、東京でも拡大傾向からある程度頭打ちになっている現状から、希望をもってもう少し感染対策を気を引き締めてみんなで頑張っていきましょうという思いで書いたつもりでした。
もちろん、それが伝わっていない時点で書くべきではなかったのかもしれません。
ですから、ちよこさんが言われるように未だたくさんの感染者数が報告される現状、また、冬に向けて感染拡大が起こる可能性をかんがみて、気を緩めることはよくないと思っています。
ただ、冬に感染爆発するかのような予想がありますが、私はそれには懐疑的です。
なぜならば、コロナウイルスはちよこさんがおっしゃるようにいわゆる普通の風邪の新型。
インフルエンザのような季節に大きく依存するものとは違い、それなりに一年中罹患例が見られる病気であるという点。
また、南半球が冬に感染者数が増えたという事例をよく聞きますが、北半球で夏に感染が大きく減少したという事例は聞きません。
北・南にかかわらず、世界的に感染者数が爆発的に拡大しているという事実があるのに、特に顕著な国が南半球にあるからといって、それが季節に影響しているというのは短絡的というかこじつけであると思うのです。
南半球では総じて北半球の国々と比べて感染拡大が急激に進んでいるという統計があって、初めてその説の確度が信ずるに足ると思うからです。
そして、私が言っているのは新規感染者数の増減であって、累計の人数の話ではないんです。
新規感染者数の割合でも構いませんが、同じ国の週単位(曜日によって検査数が変わるので週ごとの方がばらつきがすくないと考えられるため)の新規感染者数が増加している国しかないあるいは、減少か横ばいという国がほとんどないという状況であれば、私の得た情報が間違っており、かつまた、私の意見が間違っているということが言えるのではないでしょうか。
累計数は増えることはあっても減ることはありません。
また、どこがピークかというのにもわかりにくいと思います。
それでも、ちよこさんの言いたい、急激に増加しているということは累計でもわかりますし、そこに異論はありません。
ただ、急激に増加しているという例の中のメキシコは北半球です。
もちろん、新コロナウイルスの感染者数が減少してきたという私の意見に対して、感染者数が急増している地域として挙げたものだとはわかっていますが、南半球が冬に増加しているということの反証といえる内容ともいえると思います。
インフルエンザウイルスをはじめとして、ウイルスに見られる特徴として、冬に感染が拡大しやすいということは、事実だとは私も思いますし、その原因はちよこさんのおっしゃる通りだとは思います。
しかし、それがどれだけ影響するかについては、ウイルスの種類によると思います。
もしも、コロナウイルスにはその影響がインフルエンザほど顕著でなければ、傾向程度に収まる可能性もあると思います。
だとするならば、他の感染拡大の要因の方が影響が大きいかもしれません。
私はそういう考えです。
インフルエンザも毎年、新たな型のウイルスとしてワクチンを打っているわけですから、お初ということも理由にならないように思います。
大事なのは個々の感染対策であって、それをおろそかにするべきではないという意味で、注意喚起をされるちよこさんの考えは正しいと思いますし、私も同じ思いです。
誤解されるような書き方をしてしまったことは申し訳ありませんでしたが、私がもう感染対策をしなくても新コロナウイルスが減少に向かっているよとか、もう新コロナウイルスが過去の話だよと言っていると思っておっしゃっているのであれば違うということだけわかっていただきたいと思っています。
季節の影響についても、私はそう考えているのであって、他の人にそれが正しい理解だと言っているわけではありません。
間違っている可能性はあると思います。
減少傾向の国も多いと言いましたが、そんなものは、懸念されるように甘く見ていたらすぐに前よりもひどい増加傾向に向かう可能性があることもわかっています。
その点は、ご理解いただければと思います。

真剣に最悪のことを想定して、しっかりと対策を取るということに飽きてきている人たちも見受けられるので、収束への兆しを強調して、いわば食傷気味の時に味を変えたかった、そういうつもりでしたが、誤解を招いたこと、深くお詫び申し上げます。

長文、失礼いたしました。
関連記事
スポンサーサイト