冬が立つ?

日付も7日も過ぎ、朝、布団のぬくもりと別れがたい日々がやってきましたね。
でも、正直なところ、昼夜逆転の生活なので、起きるのは日が落ち、緩やかに落ち着いていく頃だから、この時期でもすんなり。
数え上げたらそんなにない、逆転生活の最大の長所かもしれない。

それでも、外に出れば、カサカサと枯れ葉が木枯らしに吹かれる音を耳の端に聞きながら、首もとの寒さを感じることも。
朝は特に冷え込みますね。
日に日に、まだもっと寒くなるのかと冬の深まるのを感じたりもします。
そのうち、薄氷を目にし、チラチラと舞う雪を見、暮れを迎える。

なんにしても、無上の幸せなど感じる必要はないですから、程よい苦労とささやかな平穏が続いてくれたらいいですね。
あと二か月足らず、鬼に笑われても何ですからその先は置いておいて。

つまり、何が言いたいかというと、特に書くことなし。
すみません。Σ(゚д゚|||)
関連記事
スポンサーサイト