攻殻機動隊 ARISE

月刊ヤングマガジンに連載開始した攻殻機動隊ARISE読みました。
今月号に関してのみ言えば、残念だけど攻殻機動隊のフレームを使ったどこにでもある俗的なプレストーリーと言った印象。攻殻らしくも無く、ストーリーのリアリティも欠落している。S.A.C.が一般への受け入れやすさを入れた、ギリギリの印象があるので、浅いヒューマニズムで大衆ウケを狙うのは攻殻ではないと個人的には思う。
メンバーが若いからといって、そういう風にしてしまうのであれば、そこから攻殻のメンバーの成熟した人格になるある程度の方向性が垣間見れるところまでを攻殻ファンは求めるのではないか。それがしっかりとしたリアリティとストーリーの共存という形で実現できるようには今回の出だしを見る限りでは思えなかった。
作者も違うのだから、仕方が無いのかもしれないがもう少し、本質的な魅力を模倣した内容になっていくことを期待したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント