書くことがない。

書くことがない。
本当は、違うんだよね。
話好き、話し上手な人たちは、私が書くまでのことでもないし、書いたとしても一行、二行で終わっちゃうことを広げて、読む側を巻き込んで楽しませるような文章を書かれる。
すごいですよね。

とはいうものの、そうわかっているからと言って、突然そういう風にできるわけもなく、日常の中から話題を見つけ出すセンスもない。
ちょっとしたことが、面白い出来事になるなんてこともない。
いたって普通、何もないような日々。
感性がないってことなんだろう。

いつもと違うことといえば、今日仕事場でいつもより、床に物が散乱して散らかってたから、掃除に手間がかかった。
いつもより、お客さんがいなかったのに、意外と外を走っている車が多かった。
家に帰ってきたら、いつも散らかっている部屋が余計に散らかっているようにも見えた。
ま、気のせいだと思うけど。

そんなこんなで、特に変わったことのない一日。
何にもないなぁ。
書くことないなぁ。
なんかおっきな出来事でもあればなぁ。

あっ、あった!
道路の中央分離帯には、両端に反射板のついた1mぐらいの高さのポールが立っているけど、そこに犬がマーキングしてた!
道路の真ん中のあんな場所にまでマーキングするとは、縄張り意識の強い犬だ。
やっぱり、二行。
なんにもないなぁ。
関連記事
スポンサーサイト