やりすぎパネポン

風が強くて出られなかったからというわけでもないんですが、ゲーム三昧。
最近はピクミン3デラックス。
WiiUでもやってるのに、もう一回やっちゃう。
任天堂の思うつぼ。
最大の特徴であるストーリーモードを二人でできるというのを活用できるわけでもないのに。
気づいたら家に行くどころか友人とものほとんど会ってないというのに。
オンラインでやろうってやつもいないからなぁ。
アマング・アスもやってみたいけど、オンラインプレーに慣れてないやつが野良するのもねぇ。
ちなみに、パズルゲームはちょっとしたスキマ時間にやるのにピッタリ。
そのせいもあって、パネルでポンはクリアしたけどやっとります。
残念なのはスキマ時間にやろうとして3時間とかやっちゃうこと。
おかげと言っていいものか疑問は残りますが、そのおかげでたまたまと運よくと言ってもいいんですが、コンティニューなしでオールクリアも達成。
すごかったなぁ。
ラッキーだったなぁ。

そんな日々でした。

ところで、テレビで映画やドラマの宣伝の時に、『豪華俳優陣が勢ぞろい』的な文句があったりします。
コロナ禍のせいかもかもしれませんが、意外と勢ぞろい多いですよね。
泣き虫全米より多いですよね。
意外と同じ顔触れも多いですよね。
まあ、わくわくはしますけどね。

最近見た映画は、鬼滅スルーをしておいて、評判の悪かった『新解釈 三国志』。
こちらも、豪華俳優陣がそろい踏みでしたが、評判通りでした。
印象に残ったのは、バキュンでおなじみあの人気女優さんをあんな贅沢な使い方をするとは。ってことでした。
イマイチ。
わかんなくないけど、全員大泉さん的なノリにしてしまったのが敗因な気がします。
メリハリがなくなっちゃってた。
そして、岩田剛典さんをイケメンとして趙雲にするのはいいんだけど、ナルシシストなイケメン役は俳優 岩田剛典さんには申し訳ないんだけど、ミスキャストじゃないかなぁ。
男から見てもさわやかで嫌味のないイケメンの彼は、ナルシシストが似合わない。
本当にそうだとは思わないけど、そういう役がうまい賀来賢人さんが出てるんだったらそっちじゃなかったかなぁ。
そんな映画でした。(笑)
関連記事
スポンサーサイト